右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
翼を広げ飛ぶカモメ

「パン屋を襲う」村上春樹著-感想-【ネタバレ有り】想像力の不足が招く危うさ-火山の意味を考えた

「パン屋を襲う」村上春樹著 新潮社刊 を読んだ感想になります。
この本には1981年発表「パン屋を襲う」と1985年発表「再びパン屋を襲う」が一緒に載っていました。
二つの作品を通して記事を書いています。

*ネタバレがあります。
本を読んでから記事を読むことを強くおすすめします。

「パン屋を襲う」

舞台:商店街の中央にあるパン屋

登場人物
主人公の男性、
相棒の男性、
パン屋のおやじ:頭の禿げた共産党員。

簡単なあらすじ
主人公の男性と相棒は空腹でパン屋を襲う事にする。
パン屋には頭の禿げたおやじがいて‥。

「再びパン屋を襲う」

舞台
夫婦の住むマンション
マクドナルド

登場人物
主人公の男性

マクドナルドの従業員

簡単なあらすじ
夜中2時に主人公の男性は妻である彼女に昔パン屋を襲ったときの話をする。
二人は空腹に耐えられずパン屋を襲う事にする。
パン屋は開いておらずマクドナルドを襲う事にする。

誰でも気持ち(本心)の見えない人とは気持ちが悪くて付き合えないと思います。
一緒にいても恐らく居心地が悪くなるのではないでしょうか。
もし自分の想像力に欠けた生き方が、その人の普段の様子からパートナーに伝わっていた。
そして彼も一番近くにいるパートナーの心が見えていなかったとしたら‥‥。
これほど恐ろしいことはありません。

犯罪が起こる過程を考えた

ある人が例えばある一つの気まぐれな思いつきで犯罪を起こすことはないでしょう。
行動に至るには様々な理由が必要だと思うからです。

しかし“欲望が犯罪を起こすキッカケ”になる可能性はあります。
当然以前から気持ちの奥底に犯罪の種を持っていたのであれば尚更です。
その種は無意識に人から人へ伝染していくものだとしたら。
もっと怖いですね。

しようとしたことについての報いは必ずあって、それが「呪い」に言い換えられている。
つまり何かに取り付かれている時もあるし、何かを取り違えられていることもある。

彼(夫)は、彼女(妻)に昔パン屋を襲ったことを告白してしまう。

彼女(妻)も彼(夫)の話に対してどうして目立たないパン屋を襲ったのかという焦点のずれた質問をする。
ここから物語はすすんでいく(登場人物の解釈で)。

それは主人公の彼にとっては話す予定のないことでした。
しかし話し出してしまう。
そして聞かれたことに対してまともには答えられないのだから、話は途中で詰まってしまう。

しかし妻の頭の中では話は続いていて、
以前から彼に対して気になっていた事柄と頭の中で繋いでしまうのだ。

その夜の空腹はひどいものだったがパン屋の襲撃には発展しないはずだった。
しかし彼女は決行しようという。
なぜ彼は彼女がどうして今晩?という疑問に向かう。
それはあと数時間すれば・夜が開ければパン屋が開いていて、
何かしら食べられると言う“間違いのない未来”があるのに。

彼は現実的になっていたのに、予想外にも彼女は違った行動をする。

彼女は空腹(飢餓)でなくて「夫婦関係の疑問」からパン屋を襲ったのではないかと推測した。
自分はこれがこの小説の読みどころで、何かおかしな雰囲気を醸し出ている点だと思う。

事件の大小の違いはあれ、これはどの夫婦でもありえないことではない。
彼女と彼は2週間前に結婚したばかりである。
彼女には彼女なりの意見(テーゼ)があって当然。
その目的に沿ってことを進めるのだ。

女性にとっての会話は、事件のきっかけになりうる。
様々な物忘れや偶然の重なりでも 起こりうるいうことだ。

振り返ると、彼が昔にパン屋を襲撃した時の二人の精神状態では、未来がなかったからだ。

そのことに対して妻が大きな疑問を持っている。
当たり前だ。
何しろここは不条理な世界ではなくて資本主義社会、奴隷に取られているわけでもない。
若い男が二人で稼ごうと思えばいつでも稼げるのに。
つまり空腹に関係なく完璧な犯罪なのだ。
つまり悪意を持って実行しようとしている。
説明などいらない。

しかし一方なぜそれをやってしまったかということについては、彼の説明が不足していて全然納得できない。

完璧な悪なのに、完璧に説明が出来ていない。

彼らは呪いを解くために行動を開始する。

海底火山は主人公が以前に沈めたものの象徴か。
過去にあるものは、それは水の底にあるので、もう冷たくなっているはずだったのだが、
よく見るとまだそこに残っている。

呪いを解くために二人は夜中の2時にパン屋を探しに行く。
車の後ろに散弾銃と黒いマスクをのせて

何とも凄まじい展開だが、妻からすると主人公が何気なく話を進めていくのが物足りない。
隠そうとしていることがある・罪の意識が薄いのか、何か生き方に危うさがある。
結婚して妻が気になっていた点だ。

夫の空腹からの告白は、奥さんの意識を別の場所に連れていく。

それが以前から気になっていたことと呪いをくっつけて、予期せぬ方向へ展開する。
読者がハラハラするのは、この二人の考え方の違いに危うさを感じるからなのではないか。
そして登場人物も危うさを感じている


夫が気になったのは、彼女がどうして散弾銃そしてスキーマスク持っていたかである。

ここで物語の主役は妻に切り替わっていることに気づく。
彼女の頭の中で考えていることに読者は集中しなければいけない。
夫がパン屋を襲ったということについての疑問だ。
これは対象も理由もおかしいのだが、
妻の呪いと言う言葉や連想によって、いつの間にか“呪い”に置き換わってしまう。

ここで一気に話が展開する。
このスピード感もこの小説の読みどころ。

TVなどで犯罪が起きた時に、マスコミは事件の動機・理由・どうして犯罪を起こしたのか、
人間の欲望について識者が動機について語る。
しかし実際には犯罪は現実に存在しているもの(生きている)で、
現代の風潮で、もっともらしく語られるのだが、時代により変化していて捉えどころなどない。
つまり型にはめられる犯罪などないのではないか。
そんなものに関係なく(あざ笑うように)犯罪は形を変えていく。

人間の欲望は果てしもないもの。
時にその犯罪を起こした理由さえも忘れ去ってしまい、その形を変えていく。
そして終いには“自分がしたことでさえ無かったもの”にしてしまう。
それが欲望の本質なのだというように。

この物語も色々な要素が関係しているのだが。
そのすべてが変わったり他のものに代替されていったりで、しまいには「理由」までもが姿を変えてしまう。
そして人間は都合よくそれを“呪い”のせいにしたりする。
しかしそれは決して呪いなどではなく、人間の欲が作り出した都合のいいものでしかない。

すべて人間は“都合”のいいように理由をつくりあげていく。

勝手な人間の欲望のありか

パン屋でなくてもいいという。
主人公の妻の言葉に思わず、私は「だろうね」と頷いてしまった。
結局パン屋でなければならないというのは、なんだったのだろうか?
最初の目的は何処へ行ってしまったのだろうか?

もし本当の理想であったらそれを追い続けていたのだろうか?

結局、犯行を計画したのは血気盛んな若者でなくても妻でなくても結局は誰でもありうること。
そして伝染してくこと。
行動の理由も呪いに変えてしまうこと。

なぜなら人間は自分の都合で物事を変えていくから。

しかしそこには理性がきいていない。
そして想像力が存在していない。

目的を達成した後人間はその行動を起こした最初のきっかけや意味さえも忘れてしまう。

欲望で動いているのでそれが満たされたら、その理由さえも済んだこととして棄ててしまう。
勝手でいいかげんな人間の欲望に、とっても粗くて鋭利な刃物の部分と、
そのもろ刃の剣として鈍感な感性をみた

火山の意味を考えた

彼が抱えている飢餓とは

「再びパン屋を襲う」の序盤に書かれている“特殊な飢餓”。
主人公の持つ理想(テーゼ)を意味しているように思った。

これがこの物語のキー、アクセルであり謎を解くカギになっている?。

彼はボートに乗っていて水の下には海底火山の頂上が見えている。
そしてそこまでの“距離感”は、水が透明なせいでつかめない。

海水の透明さは彼の気持ちをとても不安定にしていて純粋な空洞をつくっている。
その奇妙な体内の欠落感は「不在が実在するという感覚」だという。

「透明な世界にある静かに沈んでいる巨大な山と空いた穴。」
今は休んでいる火山。しかしいつ爆発するか分からないもの。

あまりに巨大すぎて不気味、個人の感覚に響かないもの。

「本当は言葉では説明できないもの」

しかし彼は海面に浮いているボートに乗っている。

「海水の透明さ」「純粋な空洞」「体内の欠落感」
このイメージをどうとらえるかにかかっている。

ただ「純粋な空洞」を若者の孤独や社会への疎外感だけで片付けることは出来ない。

なぜなら、それを生んでいるのは「飢餓」に関係しているから。
その欲望は目的を達成しても一時の満足でしかない。

その欲望を達成するにはターゲットは正式だろうが、まと外れだろうが関係ない。
つまり手段を択ばない「飢餓」が沈んでいるのだ。

そして彼はボートの下にある火山についてはっきり認識できていない。
それが彼女にとって得体のしれない怖さを生んでいる。

言いかえると彼は「想像力の欠如(呪い)」から火山を捉えることが出来ない。
だから茫洋としたイメージでしかない。

彼女はなぜ行動したか?

彼女(妻)はそれを明確に意識させるために、
彼を知るために行動に移すしかなかったのだと思う。

火山は彼が飢餓を隠している場所?。
欲望を満たすと消えて、あらたな欲望が生まれた時に、
水の深くに姿をあらわす。

彼女にとっては他人ごとではない。
今は同じ“水面に浮かぶ”ボートに乗っているから。


彼と一緒に暮らしていくには“それ”を知ることが大切なのだ。
まだ一緒に暮らし始めて半年。
なぜなら彼女は海底火山を見ようと思った。

彼女は彼の火山の意味をはっきりさせようとする。
彼女は彼よりも積極的に動く。
それを明確にするため、“呪い”を解釈するために。

ターゲットはなぜぱっとしないパン屋なのか?
彼の生き方も透ける。

【なぜパン屋、仮説も加えて考える】
若い彼は大学を離れ労働からも逃げている。
そして貧乏で空腹である。
ぱっとしないパン屋は彼がその時に出入りできる程度のお店であろう。
店主が一人でやっている夕方に時間に訪問する。
そして襲うと言うと店主が出してきた交換条件を出してきた。
彼らはその条件をのんでパンを腹いっぱいに食べるのだ。
所期の目的である空腹を満たすことは出来た。
適当なターゲットはパン屋だった。
でもそれは犯罪に対しての向き合い方もあらわしている。

悪に対していうのはおかしいのだが、中途半端だった?

結局問題を大きくしないで小さな目的を達成できた。
危ない橋を渡らないで。
そこから彼の人生はゆっくりと変化していった。
しかしその選択には重大な間違えがあった。
“その誤謬は原理の知れないままに、我々の生活にまとわりつくようになった。
”それがある種の呪いだという。

そして彼女は彼と暮らすようになってから呪いの影を感じ続けてきたような気がする。
そして呪いが空腹となって彼女までも巻き込んでいるという。
そして彼女は呪いをとくのは今再びパン屋を襲うしかないというのだ。
*【誤謬(ごびゅう)】あやまり。まちがい。

*次のページは、まとめになります。