左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
茨城県神栖市風力発電機01

映画「打ち上げ花火~」聖地巡り-旭市飯岡-銚子電鉄-外川-犬吠埼灯台他


旭市飯岡町・銚子市・宮城県歌津駅は、映画「打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?」の舞台である茂下町のモデルになった地域です。
今回は映画に登場した場所「聖地巡り」をしてみました。
アニメは誇張していますので、実際に同じ場所(建物)はありません。ので「茂下町に似た架空の町」の写真です。
*自分の思い込みが入った写真なので、多少強引な理由(こじつけ)もあります。色んな意見はあると思いますがご承知ください。「似たとこ探しの気軽な旅」を始めます。お茶でも飲みながらどうぞ。




旭市飯岡町、銚子市 、茨城県神栖市を中心に写真を撮りました。 映画の設定書に近いと思われる場所を探して書いています。(注意)当然ですが、その場所ではありません。茨城県神栖市は映画のオフィシャルな設定では出てきませんが、風車のイメージが映画に近いので写真にとりました。
とても写真が多いです、読み込むまでに時間がかかると思います。その点は覚悟ください。
また茂下駅のモデルは「宮城県歌津駅」、中学校のモデルは「北海道室蘭市」という事ですが、遠方のため取材には行けませんでしたのでご理解ください。







if もしも「打ち上げ花火~」茂下町に似た町があったら‥‥




大まかな位置関係と写真




最初に登場人物の家や中学校など建物や駅、灯台、地形などの位置関係を簡単に書きます。
下は茂下町のおおまかな地図です。 地図内A~は場所を記号としてとらえて、記事の説明に合わせられるようにしています。
*地図の内容については、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」公式ビジュアルガイドを参考にしました。








【A】「茂下駅」




森を背にして高台にある「茂下駅」前に降り立ったと思ってください。駅前の海側・南口?は(映画では)特に商店街はなかったと思います。駅を出てまっすぐ進んでいくと、突き当りに海があります。海の中央には「茂下島」が見えます。
*駅のモデルは 「宮城県歌津駅」 です。




【B】 「茂下中学校」 付近




海に出て右側、海に張り出した丘陵に丸い「茂下中学校」があります。 2棟並んだ校舎が奥、手前海側に校庭があって右の角にプールがあります。
「茂下中学」の教室の窓側からは海が見えます。
*校舎のモデルは「室蘭市の小学校(円形)」や「 北海道小樽」などとのこと。 *下のプールはイメージです。








下の写真は茂下中学校から灯台方向に進み、左の丘にある公園のイメージ写真です。(撮影ポイントは旭市飯岡刑部岬 の近くです)




茂下町第2公園から海をのぞむ
茂下町第2公園から海をのぞむ




【C】 「風力発電」




校舎から右手に目を移すと海岸沿いに道が西に向かって伸びています。その道沿いに風力発電が数基立ち並んでいます。ゆっくりと回転しています。
*茨城県神栖町の銚子側にある風力発電がイメージが近いので載せています。(撮影ポイントは利根川河口の道路で、神栖市の風車をとってます)




茨城県神栖市風力発電機01
茨城県神栖市風力発電機01




【D】「安曇医院」から台地方面




この風力発電がならぶ海辺の道路の先に典道と裕介の家があります。この道は彼らの自転車通学路です。道路をすすみ右に入ると裕介の家(安曇医院)があります。周辺は平らな地形で農家の畑やハウスなどもあります。
*写真は飯岡のバイパス近くから、飯岡台地(海と反対側)に向けて撮影しています。写真の水路は、なずなが浴衣姿でまたいだ場所だと思います。(映画では草はこんなに生えてません(・_・;)




千葉県旭市飯岡風景03
千葉県旭市飯岡風景03





【E】「島田釣具店」付近




もう少し進むと坂が多くなります。右に上ると典道の釣具店が見えます。釣具店の周りは曲がった坂で石壁のある住宅が続きます。この写真の反対側の釣具店を上に登ると風力発電機が立っています。
*銚子市外川(とかわ)の風景です。坂道を下ると海が見えます。主人公たちが自転車で下るような場面もありました。




千葉県銚子市外川町並み
千葉県銚子市外川町並み




【F】安曇医院近くの「十字路」




安曇医院を出ると近くに「十字路」があります。農家・ハウスがあり空地も広いのどかな風景です。西日が差し込み、木の影が深く「なずなと典道」を包みます。大切なシーンで使われています。写真の道路奥に十字路があるのではないかと思います。
*写真は、旭市飯岡のバイパス近くの、大きな農家の家が並んでいるところです。行ったときは丁度夕方近く西日が強かった。




千葉県旭市飯岡のとある十字路
千葉県旭市飯岡のとある十字路




千葉県旭市飯岡風景02
千葉県旭市飯岡風景02




千葉県旭市飯岡風景01
千葉県旭市飯岡風景01




さて学校から海岸沿いの道路に出ます。左側(東)に目を移すと、海岸線がつづいています。
*下の写真の撮影ポイントは、銚子の犬吠埼灯台から君ヶ浜海岸を撮影したものです。波が無いので茂下町の海に近い?








【G】 灯台へ向かう「海岸線」と町の風景




海岸道路は(外洋に向かって軽く)右にゆるやかにカーブしています。左側の奥少し高い場所にディーゼル電車の線路が並行して走っています。
*駅のモデルは 「宮城県歌津駅」です。取材できませんでした。
写真中央灯台を過ぎた左側奥に、少し高い丘がありトンネルを出たところに「灯台前駅」があります。




DSC_2798




【H】「茂下灯台」




海岸通りを進むと、右に突き出した半島があり、その突端の丘に「茂下灯台」があります。映画では花火大会を開催する場所です。色々な種類の花火がきれいでした。クライマックスですね。
*銚子市「犬吠埼灯台」がモデル、夕方に行って撮ってきました。下の写真は打ち上げ花火の割物「星」です。(銚子市の花火大会で撮ったものです。)




銚子市犬吠埼灯台05
銚子市犬吠埼灯台05




打ち上げ花火-割物「星」
打ち上げ花火-割物「星」




【I】「茂下島」の近くにある「洋上風力発電」




海岸線の道路から右側の海上を見ると、「茂下島」があります。
*島の様子がわかりません。適当な場所が見当たりませんでした。写真は島の近くにあると思われる「洋上風力発電設備」です。(写真は銚子市南海上にある風車です。銚子は洋上風力発電の促進区域に指定される予定です)




銚子南側の洋上風力発電設備
銚子南側の洋上風力発電設備




【J】「灯台前駅」




灯台から陸側の道(北東)に戻ると、少し盛り土した所に「灯台前駅」があります。 *駅のモデルは 「宮城県歌津駅」 です。
*茂下駅から灯台前駅にディーゼル車に乗っていくと、二つトンネルがあります。二つ目のトンネルを抜けると灯台前駅(無人駅)です。「もしも‥‥」の世界が繰り広げられる重要な舞台です。




【K】「ディーゼル車」




ディーゼル車が「もしも‥」の世界で海の中の線路を走る。
電車は「銚子電鉄のデハ801」がモデルになっています。写真は外川駅に展示されているデハ801です。中には典道となずながいました。
銚子電鉄の電車の動力は、映画では「電気」を「ディーゼル車」に変えているので油に変わっています。「ディーゼル車」にした理由は、電車だと送電線とパンタグラフが必要で、海上を走らせるのが絵的に困難ということです。




銚子電鉄デハ801
銚子電鉄デハ801




銚子電鉄デハ801車内の典道となずな
銚子電鉄デハ801車内の典道となずな




【L】なずなの家の付近




最初長いトンネルのある丘の斜面に「なずなの家」があります。 海を向いた洋風デザインで大きい家です。




「もしも玉」




なずなが岩場で拾って典道がその玉に導かれて「もしも‥」の世界を体験する。映画の核となる役割をもつ緑色の玉です。色々なものを映し出して綺麗でした。
*モデルは、犬吠埼灯台の頭についていて、海を照らしている「フレネルレンズ」です。薄いグリーンの色があります。




銚子市犬吠埼灯台レンズ
銚子市犬吠埼灯台レンズ




飯岡灯台「打ち上げ花火~の記念碑」~聖地巡り旅の最後




最後に飯岡刑部岬 の「打ち上げ花火~」の記念碑に寄りました。TVでオンエアーして間もないこともあり、数名が記念撮影をしていました。
モニュメントの両側にある柱の上に手をかざすと、アーティスト
「REMEDIOS」による主題歌「FOREVER ERIENDS」のオルゴール曲が流れるそうです。(カップルで来て、手をつないでそれぞれの柱に手をかざすのがお薦めだそう)




打ち上げ花火~映画記念碑
打ち上げ花火~映画記念碑




記念碑の右には「飯岡刑部岬展望館」があります。2Fはパノラマ展示室で、3Fはデッキ展望室は24時間あがって観ることが出来ます。 飯岡港が眼下に広がり九十九里方向を遠く望めます。 ( 上の写真右上に見えているのは「飯岡灯台の下の部分」です。飯岡灯台は2000年公開の映画「ジュブナイル」のロケ地をしても有名です)
*下の写真は3F展望デッキから飯岡港・飯岡海岸方面を撮ったものです。




旭市飯岡漁港
旭市飯岡漁港




映画のポスターに使われている場所




君ヶ浜しおさい公園(銚子市)




なずなと典道がバックを持って海辺に立っているポスターです。
*場所のモデルは銚子市「君ヶ浜海岸」だと思います。線路も林もなくカモメの姿もありませんが、映画の砂浜と波のイメージとよく合います。




銚子市君ヶ浜海岸1
銚子市君ヶ浜海岸1




聖地巡りをしてみての感想




短い時間でしたが、新たに気づいたことがありました。銚子と飯岡は近い地域なのに、写真を撮ると風景・印象が結構違うのに気がつきました。




銚子は風が強く荒々しく叙情的で色が濃い、飯岡海岸はロマンティックな雰囲気をもってます。飯岡の丘の緑と空の青さ、海岸の開放感や清涼感は銚子にはないものです。その風景をアニメスタッフは選んだのだと思いました。




【飯岡の花火大会「旭市いいおかYOU・遊フェスティバル」】
飯岡の花火会場(萩園公園)はほぼ真上に打ちあがり頭上に大輪の花火を見ること」が出来るので有名です。
飯岡海岸は「日本の渚100選」に選ばれています。広々として開放感が半端有りません。サーファーの人が沢山いました。




千葉県飯岡海岸
千葉県飯岡海岸




また花火を「横から見る方法」もあります。 飯岡刑部岬展望館とその周辺から見ると花火を「横から見る」ことになるんです。
*花火の場所でいうと下の写真の左端の浜辺からうち上がります。




飯岡海岸の萩園公園からは「ほぼ真上に花火を見る」、飯岡刑部岬展望館付近からは「横から見る」ことになります。




旭市飯岡刑部岬から飯岡漁港をのぞむ
旭市飯岡刑部岬から飯岡漁港をのぞむ




あなたは「打ち上げ花火」を「下から見ますか?」それとも「横から見ますか?」




【忘備録】




取材時間:空いた時間を利用して3日程度ドライブしながら撮影。コンビニに3回寄り、アイスを1回・珈琲を2回飲みました。車の中は熱かった~。*あちこち寄った割には、時間かからず目的地に行けました。




【ねことの出会い】




映画の記念碑の写真を撮って車に戻ったところ、隣の車の前にねこが影に座ってました。あいさつして帰ろうと車に入りエンジンをかけると、目の前の中年男性が手で停止するポーズ、慌てて発進を取りやめると、さっきの猫がゆっくりと車の前を横切りました。
「あぶなかった~、」胸をなでおろしました。
「ありがとう」中年男性に目でお礼をしました。最後はホッコリしました。




千葉県旭市飯岡刑部岬の猫
千葉県旭市飯岡刑部岬の猫




本当に暑い夏でした。新型コロナの影響で「飯岡の花火大会2020」は中止になり残念でした。来年は開催されるようになっていて欲しいです。
最後まで見ていただいてありがとうございました。




*「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」公式ビジュアルガイド
KADOKAWA刊 を参考にしました。








【おすすめ】
このブログ記事の中に、「洋上風力発電」や「銚子電鉄」「犬吠埼灯台」についての記事もあります。興味がある方はぜひ読んでみてください。