右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
書ける人だけが手にするもの-斎藤孝著-表紙

フックの使い方が鍵-「書ける人だけが手にするもの」齋藤孝著-自分の力で書ける人に変わる処方箋-感想

「書ける人だけが手にするもの」齋藤孝著 SB新書刊を読んだ感想になります。
この本を読んでみて今まで自分が色々書いてきて共鳴することがありました。
それを本の内容と共に数カ所紹介します。

*本の内容について詳しく書いていません。
(若干のネタバレはあります)

この記事の前半は、本の内容から自分が役に立った部分をとりあげています。
後半は自分の書くことについて再確認したことを書いています。

本の内容を少し

章の題名をご紹介

【序章】
話すように書けば、原稿用紙10枚書ける
まとまった量の文章を書くのはなぜ難しいのか?

【第1章】
文章の書き方には「型」がある
フックをつければすらすら書ける

【第2章】
文章は準備が9割
文章力超入門

【第3章】
迷わず書ける処方箋
思いを言葉にする力

【第4章】
「読む」ことで「書ける人」に生まれ変わる
書く力で人生は変わる

「書ける人だけが手にするもの」を読んでためになったこと

内容を大まかに列挙すると(自分の解釈です)

序章で、書くことについてのやさしいガイダンス。
第1章で、本の感想を書く手がかり(フック)が見つかるように型をあげ説明してます。
第2章で、文章力の基本テクニック、準備から書き方を解説しています。
第3章で、思いを言葉にするには、まず書いてみよう。
第4章で、本の読み方について。なぜ読むことが大切なのかを語る。
とこんなことをテーマに書かれているのではないかと思いました。

第1章の最初に出てくる「フック」の概念

筆者は本を書く際に大切にしている『3つのフック』があると言います。
「何をフックとすべきか」
「文章の構成上のフック」
「自分の心を引っ掛けるフック」

1番目の“何をフックとすべきか”は、読む人の関心を引っ掛けるためのフック(型)。
2番目の“文章の構成上のフック”とは、書くことで人に伝えるための構成テクニック。
3番目の“自分の心を引っかけるフック”とは、「これについて書きたい」という引っかかり。
そう思った理由を明らかにすること。

*1番目“何をフックとすべきか”と2番目“文章の構成上のフック”のフックは、
書き始めているひとにとっては技術的に役に立つフックだと思います。
3番目“自分の心を引っかけるフック”は大切だと思いました。
筆者も書いていますが“書くために必要な本質的なこと”。
これが文章を書くためのエネルギーであり、書く楽しさにつながるのだと思います。
この3点を中心に、書くための方法が詳しく書かれています。

第2章の「フック」の解説がわかりやすかった

・読者の心をフックする、「問いかけ」の興味・関心から調べる。
・自分のまわりで体験したことや見聞きしたことを使って書いてみる。
・名文をフックとして自分なりの考えをひっかけていく。
・エビソードをフックとして自分の考えをひっかける。
・実体験エピソード(実際にやってみたこと)を書くことで自分の文章の価値を上げる、など。

*文章を書くためにテーマは何?と考えてしまうと、(自分もそうですが)構えてしまい書くことを始めるのに苦労します。この本はあまりテーマという言葉を使用していません。
上にあげたようなフック(道具)を使う事で、書くために必要な題材(材料)の見つけ方を書いているような気がします。
あることをフックすることで自分の考え方が明確になる。
それで文章をつくってはどうかという提案です。
基本的なテクニックも例を挙げて丁寧に書かれていますので、そのテクニックを使って書いてみるのもいいのでないかと思います。

この本が伝えたかった事とは?

若い人に文章を書く楽しさを知ってほしい。自分の意見を文章として書いてほしい

SNSや漫画などを題材として取りあげているのも、興味のあることを元にして、
自分の視点で文章を書いてほしいからなのだと思います。
とにかく身の回りのことから書くことを始めて欲しい。
若い人に向けての熱い想いがあります。

・文章を書きなれている人や中年の事始めにも役立つ。

ビジネス本や名著・詩などの題材にも気配りしています。
本のカバーは漫画チックで学生を意識しているのかなと思いますが、
全体的には様々なテクニックも沢山書いてあります。
大人の読み物としても面白くてためになると思います。

感想

構成がプロの作家らしいなと思いました

読書の大切さを最初に書く本が多いと思います。
書くためには読書がなければいけないので当然です。
しかしこの本は最後の方に回しています。一般的な導入にしたくなかったのかもしれません。

最初は、話すように書いてはどうですか?と提案、“やさしい入り方”をしています。
次に書くための自分なりの着目点(フック)作り方・見つけ方を例として説明、
“書き方の基本方法”を解説しています。ある意味参考書的な話です。

その次には少し砕けて齋藤先生が“読者に寄り添う感じで悩みを解決する方法”を説明している。
ここで気持ちがすこし楽になったところで、
最後に「どうして書くのか・その目的」と「書くことで手に入れるもの」をまとめて書いています。

最後は「コボちゃん作文」でまとめています

4コマ漫画のコボちゃんについて知っていましたが、コボちゃん作文については知りませんでした。
なのでこの話には感動しました。*内容はネタバレになるためここでは書きません。
筆者はこのエピソードが一番書きたかったのではいかと思いました。

この本には「齋藤先生の書くことについてのテクニック」が沢山書いてあります

この本は「先生が書くことで得た知識」を集めた本だと思います。
文章はエッセイ的な文章の組み合わせていてやさしいです。
その文章の一つ一つが読み切りとして出来上がっている。
文をある程度書かれている人にとっては、「読み切れる身近な文章」例として勉強になります。
また長い文章の書き方、構成の仕方など参考になる点もありました。
齋藤先生がこの本で教えていることは実際に本の中で使われているので、そのテクニックを知ることも出来ます。
実際に書いてみることが大切、そのためにどう動いたらいいのか、その方法が書かれています。
書くことは楽しい、その提案でもあります。

自分が「書くこと」について再確認したこと

書き始めることはハードルが高いところもある。なので小さな文を書くことを習慣にしたい。
日記でもいいですし、普段の行動計画でも、お買い物メモでもいいと思います。
とにかく書くことを習慣にすることが大事。

次に気づいた事や思いついた事について文を書いてみる、そして誰かに伝えてみる。
書きとめたメモをもとにして周りの人と話してみるのはどうでしょうか。
ニュースや見聞きしたことを伝えます。
身近な人の考えていることも意外な形で出てくるはずです。
やる意味も出てきて、自分の気持ちが楽しくなってきたらしめたものだと思います。
話すことで色々な知識をもらえるかもしれません。
ヒントが浮かび書くきっかけになればいいと思います。

好きなこと・想いを文章にまとめて発表してみましょう。
(自分が熱くなれることを調べて発表します、推しでもいいです)
より自分が何者なのかを知り、やりがいも出てくると思います。
ただ文章であれ絵であれ工芸品であれ物をつくるのは簡単ではありません。
もちろんラブレターでもいいと思います。

書く過程は自分の頭の中を整理すること、気持ちを知るための道具ととらえる。
体を使ってある程度は頑張らないといけないのかなと思います。
自分の考えは唯一無二でオリジナルあること、メモの集合体でもいいのでそれを知れたら最高だと思います。

本を読むことで勉強し「書くこと」でわかってくることがある。

無意識に自分の考えていることが浮かんでくる。
読んでいくうちに自分の考えと似ていること、異なる意見が出てくる。
普段触れることのないことについて考えるので、自然に「自分の意見」が表に現れてくる。
なので本の主人公と共感したり、違和感を持ったりできるわけです。
様々な感情が出てきます。それが「自分独自の考え方」なのだと思います。

もし全然理解できなかったら?などど不安になることはないと思います。
分からないことも含めて「自分の現在地を知ること」が出来るからです。
それが次に進むための指針になるかもしれません。
分からないこと自体も後々の財産になりえます。

そして本を読み終えることで達成感が生まれます。
さらに自分の気持ちを文章に表すという表現力もついてきます。
考え方はものの見方にも通じるので、とても大切なことだと思います。

そして最終目的は自分の考えをまとめる力を養う。
知識を増やして視野を広げる。
これは生きるために非常に役立つと思います。

・自分とは何者だろう? アウトプットすることでヒントが出てくる。

書くことで自分のアイデンティティを知る。
自分を知るのには相対的に自分を観察するのが必要。または人に教えてもらうのがいい。
しかし良い師匠にあえればいいのだろうけれども、そういう人はまれなのではないかと思う。
なので手っ取り早いのは本を読んで考えること。
そして自分の考えを知ること。
強みを知ること、弱点を知ること。
少しづつ自分の意見を言えるようになる。
それが伝える力を養う。

「コミュニケーション能力」を高める。
これが読書する目的の一つにあるのだろうと思います。

本を読んで色々考え書いてみることは、自分の未来の可能性を広げる。

「本を読むこと」は生きるために必要な道具の一つだと思います。
限られた時間の中で色々な経験をしたいけれども制約は多い。
なので本が色々な窓になる。
他の人の書いた本で二次的に経験したい、それは若いうちの方がいい。

人生の早い時期にいい本を読んで自分を知ること。
それが後々に差となってでてくる。のではないかと思いました。
*もちろん人生は年を経ても勉強の連続。年をとっても成長できます。

本の裏側に“文章を書くのに悩んでいる人”に向けての文章が書いてありました。
その中に「自分の力で書ける人」に変わる処方箋 として読んでほしいとあり
これがいいたかったのかと納得。
表紙にある本の題名は少しひねった「書ける人だけが手にするもの」となっていますが、
本当に伝えたいのはこの言葉に集約されているんですね。

*書くことに対してスランプ気味な自分とっては、まだまだ出来ていないなあと思う事も多かった。
この本を読むことが一服の清涼剤・栄養剤になりました。試してみたいことや、気づきがありました。
興味のある方は是非手に取ってみてください。

*「書ける人だけが手にするもの」齋藤孝著 SB新書刊より、表題など一部引用しました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。(この記事はあくまでも個人的な意見です)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

書ける人だけが手にするもの (SB新書) [ 齋藤 孝 ] 価格:990円(税込、送料無料) (2022/10/30時点)