右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
バースデイガール-ブックカバー

「バースデイ・ガール」村上春樹著-感想【ネタバレ有】人間は何を望んだところで自分以外にはなれない

*「バースデイ・ガール」 村上春樹著 株式会社新潮社刊 を読んだ感想になります。
【注意】内容についてのネタバレがあります。小説を読んでから読むことをおすすめします。

子供のころの誕生日は幸せな日です。みんなに祝ってもらって。
他の人から祝ってもらうのは当然と思っていませんか。
しかしあえて違う意見を提示すれば、
バースディは祝ってもらうものではない。ともいいます。
外国では自分(誕生日を迎えた本人)が周りの人をパーティに招待して感謝を伝える日だそうです。
つまり(小さい時から親に祝ってもらうもの以外では)他の人からの何かを望む日ではない。

しかし現代の日本では大人になっても祝ってもらうというイメージがつよいのではないでしょうか。
この話の場合も20歳の若い女性が“誕生日に祝ってほしい”という子供じみた気持ちを持っている、と推測。
そして若い女性が体験した事に対しての“作者の答え”を書いているように思いました。

それは端的に形あるもの・プレゼントについての話ではない。
大人になって人生に対しての心持ちや姿勢を問うものとして。

舞台

名の知れた六本木のイタリア料理店

主な登場人物

・【主人公】現在は30代の女性
結婚して2人の子供がいる。素直な目をしているが、時に奥行きのない眼・しからびた微笑みが見える。
彼女が20歳の時にアルバイトでウエイトレスをしていた時の話をしている。

物語後半に出てくる男性
女性とは年が離れた中年男性。彼女の悩みを聞いている?

【過去の話での登場人物】
イタリア料理店のオーナー
瘠せた小柄の老人・ダークスーツを着てネクタイをしている。
お店のビル6Fに住み毎晩マネージャーに料理を運ばせる。

フロアーマネージャー
40代の独身男性。背が高く肩幅がある。髪も少し薄くて腹に贅肉も着き始めている。

簡単なあらすじ

主人公の女性が若いころの話をしている。
若い時にイタリア料理店で働いていた。(アルバイトでコックに怒鳴られながら)
20歳の誕生日にマネージャーが体調を崩し、彼の代わりに夜20時に同じビルにいるオーナーに料理を持っていく。
そして自分が今日20歳の誕生日であることを話すと、オーナーはそれを聞いて一つだけ願いをかなえてあげるという。そして女の子は悩んだあと、自分の願いを老人に話した‥。
それから10数年たって望みは彼女の記憶の奥底にあった。
彼女は30代になりもう大人のはずなのに自分は変わっていないという‥。

最初に読んだ感想

主人公は料理店のアルバイトの若い女の子。マネージャーに午後8時にオーナーの部屋にただ料理を持っていけばいいと言われたのにもかかわらず、望まれていないのに奥のテーブルまで料理を運ぶ。
そして言わなくてもいいのに今日は自分の誕生日であることを話してしまう。
オーナーはそれを聞いて一つだけ願いをかなえてあげるというのだ。そして女の子はその願いをおじいさんに話すのだ。

現実的に考えると「願いをひとつだけかなえてあげる」と言われれば、お金とか物だろう。年上のオーナーだったら、女の子の望みを答えてあげて喜ぶ姿を見たいからだ。
しかし年上のおじいさんであるオーナーは形も値段もないものを、という。つまり“お金とか物でない願い”を彼女に要求する。

それでは形もない値段もない「願い」とは何だろう?

直接的な欲でないとすると、“こころの中に在る希望であり将来に対しての夢”だろう。
つまり今すぐに結果が出るものではない。時間がかかることだ。
なので『急にそんな条件付けられても困るし、言うのをためらう』のが普通の女の子の気持ちではないだろうか。

恐らく若い子にとっては、まだぼんやりとしたイメージであり明確に答えることは出来ないだろう。

つまり小説の二人の会話は年齢差からか・微妙に温度差がある、でも話は続いていく。
オーナーの要求している“願い”とは、今手に入らないもので将来の夢(望み)なのである。
オーナーがそれを知っていて質問をしているとしたら意地悪なことだ。聞いてもかなえることなどできないのだから。

オーナーが結果がでないことを言わせようとすることが、物語のキモになっていると推測した。

実現可能な望みとしてはその場で結果が出ないのに(成立しにくい)のに、その質問に対して20歳の女性は思ったことを・自分の願いを答えてしまう。
オーナーが彼女に対して「妖精」と形容詞を付けているのは、これに答えられるかという挑発(いたずら半分に試す)にもとらえられる。
20歳の彼女が答えられるのはその意味がよくわかっていないからだ。

彼氏と別れて誕生日が淋しいものになっていた彼女は、オーナーに会う事で20歳の願いに話が転がっていく。
これは流れとしてはおかしくない。しかし彼女が“誕生日には(オーナーとはいえ初めて会った人に)願いをいってもいい”と思っているとしたらおかしくないだろうか。
世間を知らないこともあるとはいえ軽率さもある。
また(大人になっての)誕生日とは、自分を祝ってもらう日ではなくて、周りの人に対して感謝する日であるからだ。

〈ここまで二人の会話を整理する〉
順番としては、
①【推測】彼女は誕生日に誰かに祝ってほしいと思っている。
②オーナーは彼女から誕生日であることを聞かされて、その気持ちを感じ取った。
③【推測】オーナーは質問をして試してみることにした。「彼女の願い」を。
④オーナーは彼女の願いをかなえてあげようという。「ものでなく値段もないもの」という条件付きで。
⑤願いについて彼女は自分の言い方で伝えた。
⑥【推測】オーナーは彼女の意外な答えに失望した。
⑦オーナーは手を一度叩いて「願いはかなえられた」という。

上記の⑥でオーナーが彼女の返事にがっかりしたのは、恐らく願いの内容でなくて彼女が「願いに答えたこと」、その行動だと思う。

その選択をオーナーは「彼女の受け身のあらわれ」ととらえた。
言いかえると「まだ子供じみた願いを持っていて大人になり切れていない」と思ったのではないのか。
(ものやお金でないことと条件を付けていることがポイント。願いを“もの”でOKにしたら変えればただの物欲で終わり。つまり物は『ただの欲の目的であり望みでははない』し話にならないから。それではオーナーは面白くなかった?)

彼女が望みを何だと言ったのかは書かれていない。

オーナーは手を一度叩いて「願いはかなえられた」という。
彼女の内にある「その願い」を手を叩くことで、自分で気づいてほしかったのではないか。


彼女にもう子供っぽい考えは終わりにしなさいと言っているのだ。

オーナーは厳しい人だが大人だ、温かい眼も持つ。【年取った男性側に立って推測】

オーナーは店が忙しかろうが毎日20時に食事を持ってこさせる。
マネージャーには毎日の売上経過を報告させているのではないかと推測した。
オーナーと従業員との間には明確な立場の違いを意識させる。

今回マネージャーの急な不調で“代打として”若い女の子が料理を届けに来る。あまりいい気はしない。
しかも彼女は料理を奥まで運びましょうかという。
これもオーナーにとっては余計なことだ。頼んでもいないことで。
「あなたが望むのならば‥」といい、決して要求しているものでないこと、嬉しいことでないことを示している。
その先に彼女の口から出てきたのが彼女の誕生日の情報だ。オーナーは恐らく聞きたくもなかったことだろう。
そこでオーナーの怒りが質問に代わった。悪戯半分に。相手の本心を引き出してやろうと‥

「かなえよう。かたちもなく値段もないもので‥」この“意地悪な質問”に対しての答えはどう答えても上手くない。願いと言われたら普通は直接的(無難)なものの言い方しかできない。つまり欲しいもの(品物・お金)をいうことで、それが直接的で話が早く簡単だからだ。しかし今回はそれを禁止しているので、それ以外になる。
つまり主人公の女の子は、心の中を吐露しないといけない。
もし本音で言うのを嫌うと中途半端な物言いになってしまう。
若い彼女はどう答えてもうまくないのだ。

しかもかたち・値段のない願いとは、今は実現できないことである。
それをかなえたか・かなわなかったかなんて、歳を取らないと分からない。
オーナーにとっては、今は形が無くてかなえられないこと(望み)なのでどうでも言える。
つまり話はどうころんでも、オーナーにとっては痛くもかゆくもない。(もし彼に大きな力があって実現可能だとしても)
しかし女性の方からすると、願いを言ってしまうというのは自分の心にあることを無意識に自分と契約する・約束してしまうという事であり、人生の未来にある旗を立てたことになる。
冗談半分に他人に行ったこととしてもその言葉はブーメランとなって後々に自分に戻ってくるのだ。
その大きさは色々だが。

いい話で終わらないのは彼女の言った言葉が原因?

彼女はオーナーに何を「望み」として言ったのだろうか。
物語の終盤に彼女はある男性(彼)と話をしている。(⑦の続きです)

⑧オーナーにあってから10年以上の時間が経って、彼女は「何を望んでも自分以外にはなれない」と言う。
推測】これは昔オーナーに“自分以外の何かを望んだこと”に対しての“彼女の現在位置”を示しているのだろう。
つまり望みは実現不可能なことだったのかもしれない。
今現在もかなえられていない。

【仮に】若い彼女が“自分以外のものになろうと望んでしまった”のであれば、彼女は“他の人に生まれ変わるしかなかった”。
20歳の誕生日の時に自分に対して望むことではないし、誕生日に自分の親に感謝するのとは真逆の行動だった。
無意識であれとんでもないことを口に出したことになる。
(それについて今気が付いた?)

本音であっても無意識の自分に対して 裏切る行為・嘘 以外の何物でもない。

そしてそもそも、あなたの願いを教えてと言われているのに“自分と違う人(自分以外)になりたい”と答えるのは、オーナーの質問の答えにはなっていない。つまり自分の力の領域にない望みを言う事は、間接的に違う人の望みをいうことになる。(違う人になった後でなけれが、その違う人の望みは分からないから)

(言いかえると)自分の望みを言っているのではなくて、“自分以外の人になりたい“というのが望みになっている違和感がある。

小説の途中から登場する聞き役の男性は誰だろう?

小説には書かれていないので想像するしかないのだが、聞き役の男性は、その言葉尻から女性の話を聞いてアドバイスをしているように思われる。
自分の推測だが、男性はカウンセラーか、彼女の友達か、のいずれかではないだろうか。
彼女は人生の半ばになっても悩みがある。そしてそれをバーで相談している。

悩みは恐らく20歳の時に初めて会ったオーナーに言ってしまった望みであり、それがかなえられていないためだ。
つまりいまだに受け身の人生を送っているのかもしれない。
小説には書かれていないが、恐らく彼女はその眼の光や微笑から、人生に迷っていると推測した。

そして彼女はオーナーに言ったことを思いだし後悔している。
なぜなら他人に望みを言う意味が分かっていないで「望み」を言ってしまったからだ。

彼女にはお願いすることを変えておけば良かったという事(後悔)もあるかもしれない。
理由は中年の男性と一緒にいて話すことで、若い時に言った“願い”について思いだしたから。

恐らくその言ったこと(最初から受け身の望み)に対して、精神的に前に進んでいない自分の人生について悩んでいるのかもしれない。

作者は小説を読む人に対して、大人(20歳)になることの意味を問いている

・誕生日の意味
・20歳の望みとは
大人になるとは
*そのカギをとく話として「老人と若い女との会話」と「中年男性と中年女性の会話」、二つの舞台が用意されている。答えは書いていないので読む人が判断するしかない。

カギはやはり「20歳の誕生日をどうとらえるか」により変わりそうだ。
そして一番肝心の「望み」が小説に書かれていないのも想像力をふくらませ面白いところである。
小説を読む人に“人生の望みの向き合い方”を試されているようでもある。

*冷めた面白くない感想になってしまいました。なので少し夢のある感想を書いてみました。

【冷静にシンプルに感想を考えてみた】

単純に誕生日におきた不思議な物語ととらえて感想を書くと簡単になります。
・女性が20歳の誕生日に望んだことは何だったのか?若い時の過ちか。
・オーナーの言葉の意味は、頑張れと言う励ましの言葉だ。
・10年以上経って女性はそれがかなえられたのか。
その疑問に対しては、
10年後の彼女にとって、20歳の願いはまだかなえられていないようだが、それが人生だという感想です。

人生には若い時に願いが必要で、望みはかなえられないからいいのだと。
そして願いは他人頼みでなく自分でかなえるものなのだと教えているのだ。

*ここまで書いたが納得は出来ていない、まだ解決できていない部分がいる。
物語の終盤に登場する中年男性の存在だ。そして彼女との関係である。
ここが読めないと感想が中途半端。
なので蛇足と思いつつも、男女関係を加えて深読みしてみました。

*次ページから再度彼女の願いから考えています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バースデイ・ガール [ 村上 春樹 ] 価格:1650円(税込、送料無料) (2023/1/3時点)