左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
銚子飯沼観音正門裏側1

国木田独歩の出生の秘密とは ちばらぎ銚子

国木田独歩は明治4年(1871年)銚子市で生まれた。

父は「国木田専八」、母は「淡路まん」である。
専八は中国筋の龍野藩(たつのはん)の藩士で、1868年(明治元年)藩船の神龍丸で江戸に向かう途中に下田沖で暴風に会い、銚子の黒生沖まで流されて救助される。
専八は、飯沼観音の門前にあった『吉野屋旅館』で療養することになる。そこで知り合ったのが旅館で手伝いをしていた淡路まんでした。二人の間に生まれたのが、亀吉、のちに哲夫、「国木田独歩」である。

このとき専八は郷里(龍野)に妻子がいた。「とく」という妻で、子供は男が3人いました。

母が亡くなった後、専八は上京し下谷御徒町の龍野藩脇坂侯旧藩邸内に住み、銚子からまんと亀吉(独歩)を呼び寄せます。
その後1875年司法省に出仕した専八は、山口裁判所に奉職したため一家で山口町に移転する。
1876年(明治9年)に「とく」と離婚、1878年(明治11年)に「まん」と結婚しています。その後専八は、今でいう中国地方各地を転勤したため、独歩は幼少年期を中国筋で過ごしました。

この「とく」に離婚の話を切り出した時、「まん」を入籍する便法として使われたのではないかと言われているのが、専八の本籍である龍野町役場の専八戸籍簿の『独歩の欄』に書かれていた事柄です。書かれていた内容は、権次郎という人間が登場し、『独歩は権次郎とまんの長男として生まれたが、夫権次郎が死亡したので、母のまんが連れ子として、専八のもとにいった』ということでした。
しかしこの本の作者はこういいます。
この戸籍は専八が作ったものではないかと、権次郎は本当に存在していたのかと。なぜなら専八が銚子に漂着したのが1868年で、それから間もなく「まん」と出会い結婚の約束をしたのに、この戸籍によると1870年に「まん」に新しい「権次郎」なる愛人ができて、翌1871年に「まん」は権次郎の子を産み落として亀吉(独歩)と命名したとなっているからです。しかも戸籍によると、その後権次郎はいい塩梅に死んでいる、それも不自然だと。

つまり専八は「とく」に対して『独歩は「まん」の前夫である権次郎との間に出来た子』ということを強調したかったために、戸籍の内容をつくったのではないかという事です。明治の初期で法律もそんなにうるさくなかったであろうし専八は法律に強かった。

ここまで専八がしたのは「とく」に対して別れたいと話を切り出すときに、『銚子の吉野屋旅館で療養中に女ができ、子供までできてしまった。だから別れてくれ』というよりは、『夫に死なれたまんという女が、こどもを連れて上京してきた。御徒町にも訪ねてきたので、少しばかりの給金を渡し、炊事や洗濯を手伝ってもらっていた。その女と一緒になるので、別れてくれ』と言ったほうが、「とく」との話が紛糾しないのではないかと考えたからでした。

単刀直入に言えば、専八は妻「とく」に真実を隠したかったという事です。

この本「銚子と文学」は、独歩の戸籍の届け出のおかしな点や龍野町役場の戸籍簿、また他の作家の書いた独歩の記事など丁寧に調べて、この説の必然性を論理的に説明しています。

「旅先(銚子)での専八とまんの一夜妻から始まる話」が、独歩の出生の秘密を作り出したともいえそうです。
こういう説が生まれたのは、銚子市の戸籍簿が昭和20年の空襲で戸籍簿が焼失し、調べようがないことも関係しているとのこと。

【龍野藩】
龍野藩は播磨郡龍野周辺を領有していた。5万3千石。龍野は城下町の面影から『播磨の小京都』と呼ばれていた。(今は合併して兵庫県南西に位置する『たつの市』である)
出典:ウィキペディアより

【飯沼観音】
本尊十一面観音は飯沼観音として知られ、江戸時代から参拝客が絶えなかった名刹。銚子の繁華街は飯沼観音を中心にできていた。

*国木田独歩の碑は、銚子電鉄の海鹿島駅を降りて北に向かい歩いて5分程度のところにあります。この文学碑のあるあたりは、小高くなっていて、父、専八が遭難して漂着した黒生の浜が望める場所です。独歩の詩碑を作るにあたって、独歩ゆかりの地としてこの海鹿島の台地が選ばれたそうです。

*「銚子と文学」岡見晨明著(おかみとよはる)
東京文献センター刊より引用・参考にしました。
*銚子見聞録 銚子市観光協会刊 を参考にしました。