右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
武蔵野-国木田独歩著-表紙

「武蔵野」国木田独歩著-感想-美しい自然と人々が行き交う武蔵野-詩情に満ちた浪漫主義の名作

国木田独歩の武蔵野を読んで強くイメージされたもの。それは武蔵野の自然の美しさをバックにした一種の無限性でした。この小説が日本人の心情を強く揺さぶるのはなぜなのでしょう。何回か読むことで見えてきたものがありました。
「武蔵野」国木田独歩著 新潮文庫刊を読んだ感想になります。

「武蔵野」国木田独歩(1872-1906)著 (明治34年刊行)

【時代】明治29年(1896)秋~明治30年冬(日記)。明治30年代初頭。
(時代背景)明治時代は私たち現代につながる始まりの時代。
日本は西洋の制度や文化を取り入れた「近代国家」への道を歩みます。
明治21年には市制・町村制が施行されました。境界も様々変わっていきました。
22年には大日本帝国憲法発布、東海道本線が全線開通しています。

舞台】渋谷村の小さな茅屋に住んでいたころの“武蔵野の様子”
(渋谷村)渋谷は江戸時代は幕府の直轄地、のち代官や村役人が支配。
明治21年の市制町村制の施行によって渋谷村になった。

(武蔵野)関東平野の一部。埼玉県川越以南、東京都府中までの間に拡がる地域。(広辞苑第六版)

登場人物や記録】独歩と彼の日記。朋友(ともだち)との手紙。
日記は明治29年の秋からで独歩が24歳ころに書いたもの。

国木田独歩著-武蔵野-表紙絵より
国木田独歩著-武蔵野-表紙絵より

章の案内(一から九)

武蔵野の美しさを書いている。そこにいる人間を描いている。
時代の雰囲気も伝わる。彼の心情も林間からみえる。

*下記の番号は章です。横の文は私が章について簡単にまとめた解釈です。

一、武蔵野の面影について書いている。
二、独歩が日記に武蔵野の美しさを書いている。(秋から冬)
三、日記の解説。今の武蔵野の美しさ。
四、ツルゲーネフ・露西亜の作品の林から武蔵野を見る。
五、明友の手紙から武蔵野の路について書いている。
六、昔に友と歩いた武蔵野の人や物との思いで。
七、友の手紙から。東京からみた武蔵野の領分。
八、武蔵野周辺の小金井と水流。
九、大都会と田舎の町外れから思う事。

しっかりとした構成のもとに小説がすすみます。

武蔵野の美しさ面影を過去の記憶と日記などから語ります(一・二・三)。
露西亜の詩から武蔵野の林の良さを語ります。最後には自分の気持ちも少し(四)。
明友の手紙から、武蔵野の様々な道を歩いたことで、人生の道との関係を連想します。
生活と自然とが密接していることを知ります。とても印象的な章です。(五)

夏の日に武蔵野で出会った人々との楽しい時間、雲・水・動物・自然と触れ合ったこと。(六)
。彼は自分の中に一種の武蔵野があるという。その限界について語ると時に東京にたいして考えていたことも明らかになる。彼のこだわりがある文章。(七)
武蔵野の川から水流の話をする。その風景の美しさも。(八)
都会と田舎の境目は一種の生活と一種の自然を配合し一種の光景を描き出す。(九)
町はずれの光景は、社会の縮図を見ているようだといい、
大都会の生活の名残を田舎の生活の余波が渦巻いているという。

独歩はいままで画や歌で想像してきた武蔵野の俤(おもかげ)を実際にみたいという。
そして今見ている武蔵野の美しさがいかに自分の気持ちを動かしているのかを書きます。

そしてその美しさは、美といわんよりもむしろ“詩趣”というのが適切だと。
【詩趣】詩に述べあらわしたおもむき。出典:広辞苑第六版

感想

彼は武蔵野をあらわすため“明治29年の秋の初めから春の初め”までの日記をもとに書き始めます。
美しい武蔵野が詩的に語られます。それだけだと清新さが薄れるので、単調にならないように構成を工夫。朋友の手紙をはさみ武蔵野の路に意味を持たせると、武蔵野の地形を語り具体的に限界を書く。
さらに都会と田舎の関連性を語ることで人間と自然の間にある生活を知ります。
その町外れには移りゆくものに対しての郷愁が隠れている。
独歩の持論が武蔵野を舞台に詩情豊かに語られます。たしかに無限性を感じさせる自然主義文学の傑作だと思いました。

小説の中で栞をはさんで読み込みたい箇所

P7-8、P9-11、

独歩はいままで画や歌でばかり想像している武蔵野をその俤(おもかげ)ばかりでもみたいといい。
今の見ている武蔵野の美しさがいかに自分の気持ちを動かしているのかを書いている。

その発端となった武蔵野の秋から冬の佇まいを書いた日記を種とする。
そしてその美しさは、美といわんよりもむしろ“詩趣”というのが適切だと。

P13-15

武蔵野の林を観察していた時に発見したことを書いている。
その林を珍重する理由を木の種類から風情を細かく解説していたり、鳥・虫・犬・生活音も登場し表情豊か。
歌の引用もあり短い文章の中に沢山の情報がある。

P17~

最初は露西亜のツルゲーネフの林の文章を引用して武蔵野の違い(特徴)を語っている。
最後の文章で独歩が武蔵野の描写から自分の心の内を書いている一節が心に残る。
(独歩の生きてきた道が垣間見えるようです。)
【ツルゲーネフ(1818-1883)】
ロシアの作家。人道主義の立場から社会の重要な問題を取り上げた。
作「猟人日記」「ルージン」「父と子」「処女地」など。

P18~19、

“武蔵野の美はただその縦横に通ずる数千条の路を当てもなく歩くことに由って始めて獲られる”という。
そして思いつきの散歩から、武蔵野の特徴をあらわしていく。
(路の描写の種類には感嘆するばかり)
林と野が入り乱れて、小径(しょうけい)から三条、小さな林に、。
自然は広い野、畑、低い林、坂など変わっていく風景を多彩に表現。
(武蔵野の様々な路を歩いているようだ。その可能性は人生の道を連想せざるを得ない。流れるような描写が心に残ります。)
【小径(しょうけい)】こみち、ほそみち。

P20、

人との出会いから庭先へ、最初から高いところを目指しても難しいという。
道を聞いて人生を歩くことの意味。様々な出会いがある。
そして帰り道に、同じ道を引き返して帰るは愚だという。
それは若い時の経験が大切といっているようでもある。

P21~

そして日が落ちていく。風が強く、林も鳴る。
寒さが身に染みる。散歩が終わってしまう寂しさも表現している

3年前の話に戻る。
自分と友の話。夏に出かけた散歩の話。
茶屋の婆さんとの会話では独歩の散歩好きが垣間見える。
会話にユーモアがあっておかしい。
武蔵野の夏の散歩の楽しさが。描写がとてもきれいだ。
桜の名所を春に訪れるのは確かに間違えが無いが、夏にでかけているのは若さゆえ。

P23~

水上の描写、光と影の対比。水の流れと雲の流れが影をつくる。
水の発する音のなんと人懐かしいことか。

朋友の手紙を引用して、彼が自分で定めた一種の武蔵野の話になる。
東京の権力や裁判など人を治める場所を武蔵野を一緒にすることは出来ないという。
(当時すでに都会と田舎との境目ができていたのだろうか。その人口の集中は効率を求め始めて喧騒も生んでいる。
自然を振り返る所か、その息遣いをも感じられなくなっている?)

都会から見るとしているが、本当は武蔵野を散歩して気づいたのか、振り返る姿がある。
変わりゆく都会と地方との境目にある、武蔵野の価値をあらわしている。

時代が変わっていく。人間は何処に向かっているのか。
しかし独歩は武蔵野は便利のために利用するものではないと言い切る。
人が定めた平野ではないと。

「歴史の原」「限界」「国境など定められたもの」ではない。
武蔵野は東京の中に在るが、東京は抹殺しなければならないとしている。

P25~

武蔵野の詩趣を描くには“町外れ”を一の題目とせねばならぬという。
その生活と自然と密接していることが面白いという。

そして武蔵野の味を知るには、首都東京を振り返った考えで定めなければいけないという。

話は小金井の水流に移る。
川辺・水辺の夜に見た風景を書いている。ここの表現が美しい。

P28~

一種の生活と一種の自然を配合して一種の光景を呈している場所を描写することが、
なぜ我々の感を惹いてやまないのだろうか。
その問いに、町はずれの光景は社会の縮図を見るような思いにするから。
小さな物語が隠れているからではないかという。

武蔵野の美しさが散文詩のようでもあり、その点で「武蔵野」が小説と言い切れるかは疑問。
しかし鋭い観察眼で、武蔵野の自然がありありと目に浮かびます。
そのまなざしの先には人間の生活が想像されます。
文章の合間に彼の人生観も垣間見える。

言葉が詩的で表情が豊か。文章全体に奥行きを感じました。
本のあとがきにもありましたが、「詩情に満ちた自然観察」から書かれた武蔵野の林間は名作にふさわしい佇まいです。時代を越えて響く理由がわかりました。

【広辞苑第六版にかかれている“武蔵野”】

広辞苑は、小説「武蔵野」について「清新な浪漫的香気に富み、武蔵野の新しい自然美を描いて有名」な作品と書いている。

【香気“こうき”とは】、よいにおい・かおりのことであり、「浪漫的香気」とは上手いこと言いますね。
確かにこの小説を読んでいると、あたかも自分が武蔵野を歩き森の香りを嗅いでいるような錯覚を覚えます。

【新しい自然美とは】、自分の推測で言えば、この時代東京が開発され(官僚化・事務的に)変化してくのに対して、「武蔵野の変わらぬ自然はゆったりとして美しかった」、その違いに気が付いたのだろうと思いました。
小説の終盤に出てきますが、“東京は武蔵野から抹殺せねばならぬ”と書いているように独歩は、武蔵野を東京から引きはなすことにこだわっています。それだけ東京八百八街から昔の面影が無くなっていくのを感じていた。
独歩はそれを憂いていたのかもしれません。

まとめ

武蔵野の自然の中に人間がいる、人の心の中にも自然がある、それが重なって透けている。
しかも重層的に語り、安易にまとめて終わらせていない。

文章は、自然を・人間を・生きるもの・移りゆくが変わらないものとして書いている。
自然の姿であり、人間の営みであり、それを今も同じく感じることが出来る。
彼の観察力・文章力の深さは時代をこえて優れていることを知る。

独歩は人間中心に小説を書いていない。自然を中心にも書いていない。
自然があることで人間であることを意識する、そして人間の生活は自然があることで成り立っている。

明治時代の限りある価値観の中で、“自然と人間とのかかわりあい”を描いている。

人間は自然の一部である。それを意識することが大切だといっている?。
風景に溶け込んで人間がいる。

国木田独歩の小説を読んでいると強く感じることがある。
それは彼自身の心の風景を描いているのだろうという事だ。

体験から得た風景だからこそ風のように時代を越えて響く。
明治時代の武蔵野の風景をバックにして彼自身の遠い思いを描き出している。
生命力豊かで静かな自然の魅力を鋭い文章力で簡潔に。
そしてその中には彼以外の時代を生き抜いている他の人間の姿もみえる。

独歩はその巧みな表現を使い「自分も彼もその自然の一人にすぎない」といっている。
限りある自然を感じながら生きることの喜びを書いている。

【国木田独歩(1872-1906)】
詩人・小説家。名は哲夫。千葉県生れ。1906年(明治39)の短編集「運命」は自然主義文学の先駆として世評を高くした。著「牛肉と馬鈴薯」「武蔵野」「酒中日記」など。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

武蔵野改版 (新潮文庫) [ 国木田独歩 ] 価格:572円(税込、送料無料) (2022/11/3時点)

 

興味のある方は是非読んでみてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。
*「武蔵野」国木田独歩著 新潮文庫刊(昭和58年65版:昭和24年初刊本)を読んだ感想になります。
記事内のページはこの本のページです、ご注意ください。