右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
ビジネスイメージ01

マテリアルは細部の記憶-ヴィークルは言葉と文体-キャラクターは物語が決める-「職業としての小説家」村上春樹著-感想2【ネタバレ有り】

*「職業としての小説家」村上春樹著 新潮文庫刊 を読んだ感想になります。

前回の記事で「テーマ」が出てこないと書きましたが、再度読み直したところ1箇所ありました。
自分の見落としでした、訂正します。今回はその1箇所でてくる「テーマ」に注目。
そこを切り口にしてマテリアルやヴィークルについて考えます。

前回の記事「さて何を書けばいいのかを読みマテリアルについて考えた」の続きです。
ネタバレが有りますのでご注意ください。

マテリアルが「テーマ」なのだろうか?

最初から重たいマテリアルを手にして出発した作家たちは、~ある時点で「重さ負け」をしてしまう傾向がなきにしもあらずです。

P137

この後「戦争体験を書くことから出発した作家たちは~」と続くのですが、
ここでわかるのは、重たいマテリアルの例として“戦争体験”をあげているという事です。

戦争体験といえば、立派なテーマです。
その重さから作家は次に何を書こうか追い込まれることが多いという。
この後に続く文章に「テーマ」が出てきます。

思い切って方向転換をし、新しいテーマをつかんで、作家として更に成長していく人もいます。

P138

つまり文章を通してみると、
「重いマテリアル(戦争体験)から、~思い切って方向転換をし、新しいテーマをつかんで~」と書いているので、マテリアルはテーマと同じようなものとしてとらえることが出来るのかなと思います。
(テーマという言葉の置き換えが漏れたのでしょうか、それともあえて残したのか?‥)

マテリアルにヴィークルが加わり物語が生まれる。

本の中で“ヴィークル”という言葉が何度も出てきます。

とても重要な役割をもっていますので言葉の持つ意味について調べてみた。

【ヴィークル(vehicle)とは】英和辞書をひいてみた。
車、乗り物、(以外には)
伝達(表現)の手段、(絵画の)絵具を溶かす溶液。
という意味がある。

「伝達の手段」「絵具を溶かす溶液」という意味に少々驚き。
英語の【car】と同義語かなと思っていましたが【vehicle】の方が意味が広い。
そして車という意味からヴィークルとエンジンとを安易に関連付けていたことに気付く。
あまりにも早計でした。

マテリアルはテーマのようなものだが、そのまま使えるものではない。
ヴィークルが重要な役目を持っている。

マテリアルは、
キャンパスに描くための顔料(絵具)のようなもので溶かして使う?

マテリアルの素材という意味から、絵画で言う絵具(キャンパスに描くための顔料)ではないのかと思っていたのだ。ヴィークルが「絵具を溶かす溶液」の意味を持っていることを知り、ますますそのイメージが強くなった。

ヴィークルは、そのフォーム・スタイルが大切になる。
経験によりその形が出来上がるという。

村上さんは小説を書くためには、たくさんの本を読むことが必要だと言っています。
ヴィークルは伝達の手段であろう。
エンジンとは「内的な衝動」だという。オリジナルは自然な欲求や衝動のもたらす形であり、

「それ自体のフォームやスタイルを、自然に自発的に身につけて出てくるものだということになるかもしれません。」

P112

その「スタイル」については、オリジナリティについての章で書かれています。

スタイルの質がどうのこうのという以前に、ある程度のかさの実例を残さなければ~、その表現者のオリジナリティが立体的に浮かび上がってこないからです。

P101

ヴィークルの形は、フォームとかスタイルにある程度のかさ(量)がなければ、立体的にならない、ということでしょう。(スタイルを手に入れるには経験が必要になる。)

堅固なフォームができれば、マテリアルを扱う事(溶かすこと)が出来る?。

【ここまでの推測をまとめると】
ヴィークルとは、エンジンを意識させるものではない。
「伝達するために言葉を目的地まで運んでいく」役目を果たすもの。
(エンジンは内的な衝動。)
ヴィークルはマテリアルを溶かして使いやすくするもの?。
その「フォーム」が大切で、堅固であった方がいい。

エンジンは“作家の心の中”にある?。

エンジンとは「内的な衝動」だというので、
持っている書きたいという欲求だったり、楽しさを原稿用紙の上に表現し他の人に伝えたい欲求だったりするのだろう。

村上さんは別のページで言いかえています。
自由でナチュラルな感覚こそが、僕の書く小説の根本にあるものです。それが起動力になっています。車に例えればエンジンです」と言っている。

P111

エンジンが燃料としているのは、作家のメモ・記憶・思い?
燃料を考えた。

燃料はマテリアルだろうと勝手に思っていたのだが違うようだ。
溶かしたマテリアルが燃えて煙になってしまっては、意味も無くなってしまうし、元も粉もない。

マテリアルは素材として、人それぞれの記憶の中に生きているもの。
としたら燃やしてはいけない。

マテリアルは小説の中で混ざり合っていくことで色が生まれるとした方がいいだろう。
新たなイメージ(全体的なテーマ)が生まれる。

村上さんは本の中で、
「あらゆる表現作業の根幹には、常に豊かで自発的な喜びがなくてはなりません」と言っている。
これが燃料らしきものか?

P111

【燃料とは】ここまでのまとめ
燃やすのは作家の「豊かで自発的な喜び」である。
例えば絵をかいていく途中で「色を混ぜること・キャンパスに塗ることで得るわくわく感」。
これが燃料ではないだろうか。

「オリジナリティを作っているという楽しさ」から生まれるのが「キャラクター」?。

これが生まれることで、ヴィークルを動かすための「種火」になる。
そしてキャラクターが“自分で動き出すこと”で、物語を先に進めるための動力になる。

的確でソリッドなリズムをキープすることが大切。
そこに脈絡のない記憶が、マテリアルが、和音(コード)としてのっていく。
最後に自由な即興演奏でキャラクターが踊る?

オリジナリティについて村上さんはこう言っている。

「オリジナリティとは~、自由な気持ちを、その制約を持たない喜びを、多くの人々にできるだけ生のまま伝えたいという自然な欲求、衝動のもたらす結果的なかたちに他ならないのです。」と語っています。

P111

「オリジナリティを作っているという楽しさ」から生まれるのが「キャラクター」で、ヴィークルを動かすきっかけになる。キャラクターが“自分で動き出すこと”でヴィークルが動き出す。

ヴィークルは運ぶだけでなく、“小説を組み立てるため”に重要な役割を持っている。
それが「スタイル=言葉と文体」。

これは自分の「スタイル」で作品を作るということでしょう。
商業作家さんであれば「もっている技術」。
読者目線でシンプルに考えると「完成した時のヴィークルの外観だ」と思いました。

そしてオリジナリティ」は“喜びを伝えたいという欲求の結果的なかたち”であるという。
おそらく狙って作れるものではなく、“様々な工程のテクニカルな結果として昇華するもの”なのでしょう。

【最後のまとめ(記事の題にも付けましたが繰り返します)】

マテリアルは細部の記憶、ヴィークルは言葉と文体、キャラクターは物語が決める。

かなり客観的です。(注)個人的な感想を含みます。

マテリアルとヴィークルについては少し理解が進んできました。
他にも物語の創作にかかわることについて様々なことが書かれています。
「有効に組み合わされた脈絡のない記憶」は正しい物語の動力、物事を記憶するときには「具体的なディテールを保管しておく」と言います。
小説の書き方については、村上春樹さんの独特な感覚で語られているので、理解することは不可能だと思います。
しかし本を読んで分かってきたこともあります。
次回は「ディテールから村上文学を考察-絵画と比較してみた」について書きます。
*最後までお読みいただきありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

職業としての小説家 (新潮文庫) [ 村上 春樹 ] 価格:737円(税込、送料無料) (2022/11/30時点)