右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
飛ぶカモメ2021

荻野復帰-佐々木朗ロメロ好投-レアード髙部活躍-1勝2敗-2022ロッテ対阪神1-3

ロッテは対広島を2勝1敗でスタート。
他のパリーグ球団の交流戦最初のカード成績は、
楽天と西武が2勝1敗で勝越し。
オリックス・日本ハム・ソフトバンクが1勝2敗の負け越し。
待ちに待った「荻野貴司」が1軍に復帰。
打順はどうなるのか?
嬉しい悩みも多くなってきた。
初戦は佐々木朗希が先発。
最初をとってカードを勝越したい。

2022年5月27日(金)
ロッテ対阪神 1回戦 ZOZOマリン

0 対 1 で阪神の勝ち
勝ち:ウィルカーソン  S 岩崎   負け:益田

佐々木朗希登板試合。荻野が2番レフトでスタメン入り。

阪神は現在セリーグ最下位だが徐々にあげてきている。
マリーンズは打線をより攻撃的に組み換え、

外国人中心にウィルカーソンを攻略したかったのだが‥。

ウィルカーソンが良かった。ストレートに力があり高低をつかう。
カーブも効果的に投げてM打線を打ち取る。

佐々木朗希は球速今一つで珍しくボールがばらけていた
本調子ではなかった。
4回投ゴロファンブルで出塁、暴投で1アウト3塁のピンチも、相手走塁ミスなどもありWプレー。
阪神のコンパクトに振ったヒットでピンチになるが要所を締めた。

佐々木朗希と松川はバッテリー間で話し合いながら、6回4安打無失点と工夫して抑えた。
打線はウィルカーソンの前に8回を散発の5安打。
4・5回先頭出すもいかせず、6回1アウト1・2塁のチャンスも点と取ることが出来なかった。

9回益田が佐藤輝明をフルカウントまで追い詰めるも、決め球を打たれた。
低めシンカーをセンターバックスクリーンへ、ホームランを打ちこんだ。

裏はT岩崎に抑えられてゲームセット。

2022年5月28日(土)
ロッテ対阪神 2回戦 ZOZOマリン

2 対 6 で阪神の勝ち
勝ち: 青柳   負け:佐藤奨

好投手青柳を攻略すべく、打線は和製の左打者中心に組み替えた。

佐藤奨は初回のたちあがり、制球に苦しみ甘いボールを痛打された。
阪神は初回近本がフォアボールで出塁すると、セフティバント成功で1・2塁とチャンス拡大。
大山に先制タイムリー。佐藤輝がセンター犠飛で糸原タイムリーであっという間に3点取られた。

先制点3点を初回にとられたのが痛かった。
3回にも佐藤輝のタイムリーで失点し4点差に。

リードされた後マリーンズ打線は青柳の投球ペースに持ち込まれ術中にはまった。
6回荻野・角中ヒットで2アウト1・2塁のチャンスもマーティンが打てない。
インコースのツーシームを意識させられた。
鋭く変化するシンカーが素晴らしかった。


9回青柳から山口航輝が犠飛・福田秀平がタイムリーで2点取る。
なんとか完封は逃れた。

2022年5月29日(日)
ロッテ対阪神 3回戦 ZOZOマリン

3 対 2 でロッテの勝ち
勝ち:ロメロ  S 益田  負け:伊藤将司

ロメロが先発。
髙部が8番センター、1番にレフト荻野がスタメン。

ロメロ立ち上がりボールが甘く入った。
いきなり連続ヒット、大山にフォアボールで、ノーアウト満塁の大ピンチに。
しかし後続佐藤輝・原口・糸原を打ち取った。

マリーンズは序盤T伊藤を攻める。
2回佐藤都がフォアボールで岡がレフトにヒットで1アウト1・2塁に。
次の髙部がレフトに技ありの先制タイムリーを放った。
(佐藤ホームにすべりこみの得点が良かった)
3回は角中がライトへヒットで出塁、佐藤都がセンター2ベースで2アウト2・3塁とチャンス拡大。
レアードが低めを左中間へ2点タイムリーでリードを広げた。

ロメロも調子を上げた。
ストレートにスライダーがきまり6回6安打無失点と好投

7回は東條が抑えた。
8回ゲレーロが佐藤輝明に2ラン打たれるも、9回はクローザー益田が登場。
阪神の反撃を3人できってとった
先制点を投手陣が守りききり連敗を止めた

マリーンズで良かった選手(MVPs) :カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣) 〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
佐々木朗希6回4安打無失点と好投
佐藤奨6回6安打4失点。立ち上がり打たれた。
ロメロ6回6安打無失点と好投。
小野
東條7回1イニング無失点。7回1イニング無失点。
ゲレーロ8回1イニング無失点。8回1イニング2失点。(佐藤輝に2ラン)
廣畑7回1イニング無失点。制球に苦しみ無死満塁のピンチもしのいだ。
八木8回1イニング無失点。
小沼9回1イニング2失点。
益田9回佐藤輝に決勝のHR打たれた。9回1イニング無失点。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲◎〇△
髙部(中)5-1(8中)
2回レフトへ先制タイムリー。2回2盗成功。
荻野(2左)
6回ショートへ内野安打。今季初ヒット。
(2左) (1左)
中村奨吾マルチ。(6二)
レアード3回左中間に2点タイムリー。
マーティン(6右)
2回2盗失敗。
(4右)
佐藤都(一)(5一)(捕)2回ホームへナイスラン。
3回センター2ベースでチャンス拡大
エチェバリア
安田1安打9回ライトへ2ベースでチャンス拡大。
4打数3安打猛打賞。
1安打
松川(捕)
柿沼(捕)
山口航輝代打
9回ショートゴロで1打点。
角中代打(3指)(2右)1安打
福田秀平代打
9回センターへタイムリー。
和田康士郎
小川8回三遊間深いゴロを1塁にさしたファインプレー。(遊)
3回送りバント成功。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

3連戦まとめ

2022年5月27日~5月29日
2022ロッテ対阪神 1-3回戦
対阪神 1 勝 2 敗  ロッテこのカード負け越した。

【トピックと感想】

阪神にとって佐々木朗の160k超のストレートと145k越えのフォークが脅威であったろう。
序盤松川はプラスしてカーブを混ぜた。
どう攻めるのかが興味あった。
「160k前後で回転のいいストレート」「高速フォーク」はそう簡単に連打できない。
阪神は佐々木を研究してきた。

阪神に佐々木朗希対策あり】

2回はヒットで出塁すると足をからめて攻めてきた。
打席ではコンパクトに流す等ヒット狙い。

しかし佐々木朗はランナー背負うとギアを上げて抑えた。
特に4番佐藤輝明へのフォークはえぐかった。

M打線が何とか援護・1点でも先に取りたかった。
助っ人ら4番からパワーヒッターを5人並べて力勝負に出るも、相手ウィルカーソンに力負け。
繋がりもなくプレッシャーかけられない。
ウィルカーソンに自分の投球をされてしまった。

9回に益田が佐藤輝明に決勝のホームラン打たれた。
土壇場での佐藤のパワーと器用さには驚くばかり。

益田は責められない。

2戦目は青柳相手に苦戦は織り込み済み。
打線は日本人左打者をおおめに対策はバッチリだった?

しかし青柳の“クォータースロー”から出てくる「ボールの鋭い変化」に、
ついてくことが出来なかった。
普段戦っているわけではない。
すぐに捉えるのは難しかった。

佐藤奨は2度目の先発で初回に失点が残念だった。
制球に苦しみボールが甘くなった。
7番安田が久しぶりの猛打賞で存在感。

3戦目は1番に荻野、髙部が8番に下がった。
ロメロが初回こそ好球をねらわれピンチになるが、
次第にストレートに力がもどり打ち取る。
丁寧に変化球も決めた。
打線は序盤に伊藤からタイムリーで3点を取れたのが大きい。
髙部・レアードと打つべき人が打った。

ゲレーロが佐藤輝に一発撃たれるが、
9回は守護神益田がしめて連敗を止めた。

阪神は得点不足を補うべくヒットねらい。
セフティバントなど足を絡めて得点してきた。

初戦2戦目は阪神の狙った作戦が当たっていた。
青柳を133球投げさせたのにも勝ちへの執念が感じられた。

一方マリーンズは日替わり打線で方向がさだまらず?。
対策たててゲームに出せていたのか?

初戦は佐々木朗が登板なのに、
振り回す打者を並べて攻めた。
あたれば大量点だろうが、大量点が必要なのかが疑問が残った。
もっとウィルカーソンをかき回してほしかった。

**いいニュースもあった**

荻野が1軍にあがった】
さっそくヒット打ってファインプレーで貢献、

スムーズにチームに入れたのはベテランらしい。
荻野は実績があり初回から相手に圧をかけられる人。
チーム上昇のために必要なキーマン。
3戦目は昨年までの定位置1番に戻り一安心した人も多いと思う。
先頭打者で安打をマークするなど切り込み隊長は健在。

【髙部に新たなる役割】
髙部も3戦目に8番に移るが、野球への姿勢は変わらずタイムリーで結果を出した。

下位先発に足でかき回せる打者・送れる打者がいなかったので
彼の能力には期待をしたい。
これで下位に粘りを加えてほしい。
起点にもなりうるし上位への繋ぎも大事。
何より彼自身が決定力もっているので得点に期待が持てる。

打順が定まることで上位を目指してほしいです。

*最後までお読みいただきありがとうございました。