左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
m44-ごっちゃし

レアード-井上HR-M勝越し-2020ソフトバンク対ロッテ1-2-3


2020年プロ野球開幕戦
ソフトバンク対千葉ロッテ1-2-3回戦 ペイペイドーム




延期されていたプロ野球が開幕しました。制約もあり雰囲気は普通と少し違いますが、楽しみ方は色々工夫したいです。各地で熱戦が繰り広げられてスポーツの素晴らしさ・面白さを再認識しています。
*一流選手の活躍を見るたびに、調整の素晴らしさ(技術・メンタル)に感心しています。




2020年 6月19 日(金 ) ソフトバンク 対 ロッテ 1回戦




2対 1 で ソフトバンクの10回裏サヨナラ勝ち
勝利投手:高橋(礼)、負け:東條

【トピック】
福田秀平1番スタメン、角中マルチ、荻野・マーティン・中村・井上・田村主力が初安打、中村奨吾初打点。
先発石川が6回2安打と好投するも後続投手が追いつかれた。延長10回栗原にサヨナラ打を打たれた。




2020年6 月20 日(土 ) ソフトバンク 対 ロッテ 2 回戦




2対 3でロッテ の勝ち
勝利投手:ハーマン、負け:松本

【トピック】
荻野・レアードマルチ、レアード今季1号本塁打。8回鳥谷代走で初出場。
*20日福田秀平・右肩甲骨亀裂骨折にて戦線離脱。




先発種市が6回を好投。柿の種コンビが再始動した。最後は益田が3人でしめた。2回表レアードが今季初本塁打、レアード寿司の一貫目にオンラインでファン歓喜、握る前の「手洗い」に子供たちも大喜び、修正したパフォーマンスにマスコミもこぞって取り上げた(?)
柳田の1号本塁打で追いつかれるが、マリーンズは8回相手ピッチャー松本の乱調に付け込んで2点を追加、逃げ切った。




2020年 6月 21日(日 ) ソフトバンク 対 ロッテ 3 回戦




1対 5 で ロッテの勝ち
勝利投手:美馬、負け:二保

【トピック】
井上の今季初HRは満塁本塁打で打点4。井上猛打賞、荻野マルチ。
*中村2回ソフト二保投手から頭部に四球受ける(二保は危険球で退場)




移籍の美馬が低めのフォークボール・変化球を低めにコントロール、5回7安打1失点とゲームを作った。
井上のソフト急遽リリーフ新人津森から満塁アーチ、プロのすごみを見せてくれました。(津森さんは急な登板で気の毒)「相撲ポーズ」も良かった。
美馬は井上の中大時代の3つ年上、井上にとって「優しくて後輩の味方になる神様のような先輩」で、その先輩に援護打を打つことができ満足したとのこと。




【まとめ】
千葉ロッテのソフトバンクとの開幕カード3連戦は2年ぶりに勝ち越しました。来週からZOZOに戻ってオリックスと初の6連戦です。昨シーズンの借りを返したいところです。3連戦を見る限りロッテの選手はいい準備ができていると思いました。(黒いユニフォームが似合ってます、より強そうに見えました)




*安田選手の初安打、期待投手のピッチングが楽しみです。