左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
翼を広げ飛ぶカモメ

過去の自分を見つめると冒険があって母がいた-「図書館奇譚」村上春樹著-感想-カンガルー日和より


「図書館奇譚」村上春樹著 を読んだ感想になります。 
*「カンガルー日和」講談社文庫刊より
あくまで個人的な意見です。推測によるネタバレを含みます。
記事を読む前に、小説を読むことをお勧めします。




最初にサッと読んでみて「変わっているけど面白い物語」だなと思いました。あとがきを読んで気になったことがありました。それは村上春樹さんのこの図書館奇譚を書いた理由です。この小説は家内の「連続ものの活劇を読みたいという要望に答えて書いた」というもので。この“活劇”の意味に疑問が生まれたからです。
辞書で活劇を調べると活劇とは「激しい格闘」とあります。そこで自分なりに“冒険活劇”ととらえることでこの小説を再度読んでみました。







舞台




【市立図書館】
どこの市なのかはわからない。貸し出しコーナーはある。地下に107号室がある、地下には迷路がある。その先に閲覧室がある。しかし普通の図書館のイメージとはだいぶ違う。
*本が音を全部吸い取るとあるが、書籍棚に沢山あるとは書いていない。




登場人物(登場順)




【主人公の若い男性】
母親に買ってもらった新しい革靴を履いている。図書館には百回来ている。「自分の思いとは逆のことを言ったりやったり」する。性格が弱い、すぐ泣いてしまう。むくどりを心配するなど優しい性格。
自分の生き方を決められない人?、自分から時間を手放している。




【貸し出しコーナーにいる中年の女性】
主人公がいままで見たことがない女性。左目で本の左のページを、右目で右のページを読んでいる。期限を調べるなど時間に厳しい。




【老人】
度の強い眼鏡をかけている。ちりちりとねじれた白い髪があるが禿げている。上の人間に規則を押し付けられているようで、主人公の言動に色々小言を言う。「何か不吉な存在」のようにも「怒りっぽいだけのただの不幸な老人」にも思える。そして「閉館時刻など問題ではない」という。




【羊男】
羊の格好をした小男。本物の羊の皮をすっぽりとかぶり、手には黒い手袋、足には黒い作業靴をはいている。頭には黒いフェイスマスクをしている。
(全体的に闇に隠れてしまうような格好だ)コーヒー・クッキーを持ってきてくれる。
老人の部下らしいが、うまく立ち回っている。主人公と親身に話をするがあくまで他人事にみえる。




【美しい少女】
年は主人公と同じくらい。口がきけない?。
手と足と首は今にも折れてしまいそうなくらい細い。長い髪は宝石を溶かし込んだように光り輝いている。夢でしか見ないような少女。夜になると出てきて主人公に料理を差しだす。
新月になると透けてしまう。主人公に心で語りかける?




【母親】
心配性でいつも悪いことばかり想像する。テレビをよく観ている。主人公が夜遅くまで帰らないと発狂してしまうかもしれない。子煩悩?
小説の最後に「母は死んだ」と語られる




【むくどり】(スズメ目ムクドリ科の鳥の総称)
主人公が家で飼っている鳥。父親のいない寂しさを紛らすため?
*彼の相棒であり、彼を守ってくれるもの。




*キャラクターはそれぞれ強烈な個性がある。何かをイメージして登場している?。彼が人生で出会ってきた人たち・世の中の闇に住む人々を表しているような気もする。はっきりとは分からない。







物語の導入部:簡単なあらすじ




主人公の若い男性は市立図書館に本を返しに来た。別段強く読みたい本があった訳でもないが、貸し出しコーナーでオスマン・トルコ関連の本を探しているというと、地下室に案内された。部屋には老人がいて借りたい本を持って来てくれたが、本は貸し出し禁止だった。彼は図書館の地下で本を読むはめになってしまった。閉館時間が迫っているのにもかかわらず…。




読む際に注意したこと。




図書館の様子は彼の記憶が曖昧なのか、夢の中の話なのか、図書館とのイメージとは異なる。特に地下の牢屋は何か悪い組織を想像させるものだ。
・主人公が借りた本にはオスマン・トルコの収税史の話がかかれている。
・老人は規則や経費だのを口にし若者を注意する。妙に社会活動や経済活動に厳しい。
・羊男は老人の前では従順なようだが、自分の気持ちを隠すのが上手で世渡り上手。まるで理想のサラリーマンのようだ。若者が入ることを待っていた?
美しい女性の立ち振る舞いと言動。




感想を書こうと思ったきっかけ:「母親が死んだ」の文章




この小説の感想を書こうと思ったのは、小説の最後に出てくる「先週の火曜日、母親が死んだ」という文章を見たときからです。その文は現実的で明解な時間をあらわしています。しかしそこまでの主人公の冒険してきた時間割はあいまいです。これは話の繋がりの中で大きな違和感を生んでいます。
再度読んでみて自分の冒険に対しての読み方と、この小説においての冒険の解釈が、その意味が違っていることに気が付いたのです。
感想は「主人公と母に対する思い」を中心に据えて物語をさかのぼり推測することにしました。それがしっくりくると自分は思いました。




「主人公の母への思い」が隠れている、そう思ったのは美少女の言葉から




最初は美しい少女は、「若い男性が夢見る女性の姿だ」と思いました。それはあこがれでもあり魅力的なものです。しかし途中から美しい少女のいう言葉には変化が出始めて、それを壊していきます。
P228「いいから、ごはんをお食べなさい」という言葉にハッとしました。小説を戻ってみると、P224でも同様の言葉を言っています。
P218でも「泣くのはやめて、ごはんをお食べなさい」と言います。そしてP228には「ここを出て、お母さんと“むくどり”のところへ一緒にかえろう」というのです。
何か年上の女性「母」、または「妻」を思い浮かべるのは自分だけでしょうか。これは主人公が若い時・人生に悩んだとき、言われた言葉なのではないかという解釈です。

もちろん美しい少女は、以前の「主人公の恋人」だった可能性もある。
それは彼の読んでいた本の中ではあるが、「新月の時に美少女を抱いた」という文章に書かれている。
また彼女が新月の時に透けることも小説の中に書かれているので、彼女との間に別れか何かあったのかもしれない?(月の満ち欠けは女性の体の周期との関係が深いといわれている)
*とにかく様々な女性が混じりあって「美しい少女」を作り出している。

ただ今回の自分の解釈としては、この言葉は以前母から言われたことで、「何があっても生きろ」という生命力の意味が強く反映していると思った。
「ごはんを食べて元気を出して」という“母の励ましの言葉”ととらえました。




この物語は主人公が人生を振り返っている




図書館での経験は、まともな時間割で考えることができない。閉ざされた空間で空気感もない以上、「脳味噌の中での話」で彼が夢の中で今までの記憶をたどっている。人生を振りかえっているという見方がすることにしました。







推測にもとずく感想




彼が何処に住んで、どのような人生を歩んできたのかは分かりません。小説の中の物語では、青年のころから最近までの人生を描いていると想像しました。図書館の話は彼の人生における冒険を象徴している。
彼は今は少なくとも図書館の外の世界に戻れていて、普通の生活をしている。
小説の最後に「母が亡くなった」と書いているように、この小説は母が無くなる前、母が危篤状態になった時に「自宅で彼が見た夢」を描いていると思いました。だから夢の中には「彼の人生で経験したことが、記憶の断片として重なり合い出てきている。
母の死という現実」を目の前にして彼の心には色々な気持ちが湧き出てきた。自分の母が亡くなるかもしれないと状況は、自分の記憶を揺り動かした。不安から様々な思いが浮かんできたのではないか。




推測ですが、彼は若い時に母の元を離れて暮らしていた。気の弱い性格から暗い地下の世界に連れ込まれて、色々な危ないこともあった。そして外に戻ることが出来た。彼は超人でもなければヒーローでもなくお金持ちでもなさそうです。そう「いたって普通の男の子だ」と思います。それでも性格によるものか、時間を放棄した彼は、振り返れば「冒険をしてしまった」。そんな風に読めました。
*辞書を調べると、冒険とは「危険を冒すこと」とあります。
彼が望んだものではなかったが振り返ると危険なものだった。




ただその冒険から脱出出来て、現実の世界に戻り素の自分を取り戻した時、「母の死」という現実が待っていた。
*彼の母との人生を振り返って時に湧き上がる虚無感や母に対しての後悔含めて様々な思いが浮かんできました。
彼の気持ちを考えるととても切なくなってきました。




彼の心には穴が空きました。その気持ちの穴を埋めてくれるのは新しいものである“新月”なのか、または“地下にある深い暗闇”なのか。小説はどちらにでも行ける形で終わっています。
彼は自分の意志で、新しい人生を新月に誓うことも出来るし、再び地下に戻ることで悲しみを忘れることも出来るのです。
自分は彼の心は新月に向かっていると思いたいですし、希望が生まれてほしいと思いました。




この小説の魅力を考えてみた。




「新月」の表現しているもの




新月のとらえ方によって光を見るか、闇を見るか見方が大きく変わってきます。新月の意味をどうとらえるかによって、この小説のファーストインプレッション(印象)が変わってくるからです。
自分はてっきり新月とは出てきたばかりの綺麗な月を想像したのですが、実際に辞書を読んでみると、真黒で見えないという事です。
つまり「新月とは=綺麗な光を放つ月のはず」というように、物事を浅く見ているとこの物語は『図書館を冒険する好奇心旺盛な少年?の不思議な物語』で終わるが、
「新月とは=何も見えない真黒な月」というふうに知っていると、『この物語は光もあるが深い闇をもつ世の中を現わしている』ことがわかる。




図書館が舞台である不思議さ




「新月」という言葉の意味をどうとらえるかによって、物語の解釈が大きく変わるように、図書館の存在も謎に満ちています。
“図書館”の意味を考えました。
最初の『冒険する好奇心旺盛な少年?の不思議な物語』でいうと、図書館は、“本を読み知の冒険が出来る希望に満ちた場所”であり。
2番目の『物語は光もあるが深い闇ももつ世の中を書いている』でいうと、図書館は“迷い込むと深い闇を持っている場所”になる。
図書館を普通にとらえるか、本当に図書館なのか?と疑問を持って読のか、二つの見方があって、冒険の意味も「無知な子供のもの」と「経験を積んだ大人のもの」と二通り出来てしまうということです。
それがこの小説の解釈の分かれるところで面白いし、二つを同時に含んでいることが凄いところだと思います。




著者は世の中を描くのに図書館を使っているように思いました。
図書館は知識(本)が豊富にあって「効率とは一線を画している場所」ですが、逆に登場人物は「効率的な経済を演じている」ので、図書館のイメージとの違いからおかしさが出ています。
冒頭の主人公が語る図書館の描写は、その意味や価値を知らない「主人公の無知」を現わしているようです。
そして図書館は知識を貸し出す場所だということはその通りだが、ただでは無いらしい。本から知識を得ても“最後は脳味噌を吸い取られる”。怖いけれど世の中の怖い一面を示しているようでとても意味深です。




物語のテーマを描き出す「時間」の役割




この小説は、時間が物語のなかで重要な役割を演じています。気にせずに読んでいるとなんとなく物語がすすみますが、よく読んでいくと登場人物の姿・言葉に変化がみられます。時間はしっかりあって人物の陰に隠れて小説をすすめている。
「時間の性質を書いている」「時間の中に人は生きている」と思いました
その変化し存在する性質とは以下のようなものです。

「時間は流れる」。小説は時間の流れを書いている。
「時間は忘れるもの」図書館では時間を忘れがち。
「時間は次元を持つ」。夢と現実が混在する。重なっている。
「時間は超越する」。記憶は時間を超越して生きる。
「時間は限りがある」母の死。人の人生は有限。
「時間はなくなるもの」脳味噌を吸われると時間はなくなる。
「時間は繰り返す」人間の性。同じ生き方を繰り返す。




*時間は人の人生に寄り添って、人に色々な感情を与えるもの。
普段の生活で意識しなくても色々なドラマを生んでいる。

そして時間が経ってから“浦島太郎の物語”のように、以前の体験が“冒険”であったことを知ることもある。







母の息子への愛情に思いをはせた




この小説のテーマは「冒険」であり「活劇」であるが、そこには“息子への母の愛情”が隠れている。それには時間が重要な役割を演じていて、それは「新月と闇」を見ることで鮮明になる。
時間の存在と月の存在は、人が普段生活しているうえで「両方ともあまり存在を意識しない」という点でとても似ています。
そして一生懸命に生きていればこそ、そこに目を止めることができない人の哀しさがあります。そしていつも子供のことを気にかけている母という存在・愛情の大きさを思います。

母親の死から彼は時間には限りがあることを知ります。そして冒険とは母の愛情があればこそできるものだったことを知るのです。

図書館の闇には若き日の過ちもあり、人生のつらい一面も隠れていました。(この記憶は時間を無くすこと・「脳味噌を吸われることで楽になる」のかもしれません‥)
しかし主人公はその闇から脱出できました。時間を取り戻して未来に希望が生まれたのです。主人公の未来が明るい方向に向くことを願わずにはいられません。くれぐれも時間を繰り返すことが無いように。




*最初に読むと何が言いたいのだろうと疑問が出てきました。2回目に読むと感想に書いてある解釈が思いつきました。3回目に読むと感想に対して自信が無くなりました。物語にはヒントが沢山書かれていて色々読み取れる小説です。
読む人によって感想は違う。だから村上春樹さんの小説は面白くて人気が高いのかもしれませんね。
興味の出た人は、是非一度読んで自分で確かめてみてください。




【注意】この感想は個人的で勝手な意見でしかありません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。