石川対決は歩に軍配-3連勝-2022ソフトバンク対ロッテ18-20

ロッテは連戦の最後は京セラドーム大阪でソフトバンク戦、ソフトバンクは前日本ハム戦に勝越し。
主力を欠くソフトバンクだが28日終了時で2位西武とは0.5ゲーム差で1位(貯金は10)。
一方千葉ロッテは首位と7ゲーム差で借金4とまだまだ差はある。
勝越しが続いているのでこのカードも勝越しを狙いたい。
初戦29日の1日空いて30-31日はPayPayドームでソフトバンク2連戦、
対戦相手は同じソフトバンクでの跳び3連戦。
(なのでまとめて記事を書いています)

対ソフトバンク戦18-20の結果

2022年8月29日(月)
ソフトバンク対ロッテ18回戦 京セラドーム大阪
2 対 3 でロッテの勝ち
勝ち:東條 Sオスナ   負け:津森

2022年8月31日(木)
ソフトバンク対ロッテ19回戦  PayPayドーム
0 対3 でロッテの勝ち
勝ち:石川歩  Sオスナ   負け:石川柊太

2022年9月1日(金)
ソフトバンク対ロッテ20回戦  PayPayドーム
0 対 7 でロッテの勝ち
勝ち:美馬    負け:レイ

【3連戦の成績】
2022年8月29日~9月1日
2022ソフトバンク対ロッテ18-20回戦
対ソフトバンク 3勝 0敗  ロッテこのカード3連勝した。

マリーンズで良かった選手(MVPs):カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣) 〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
森遼太郎3回3安打2失点。
石川6回8安打無失点と好投
美馬7回3安打無失点と好投
岩下4-5回2イニング無失点。
小野
東條6回1イニング無失点。 8回1イニング無失点。
廣畑 9回1イニング無失点。
唐川7回1イニング無失点。7回1イニング無失点。
ゲレーロ8回1イニング無失点。8回1イニング無失点。
オスナ9回1イニング無失点。9回1イニング無失点。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手) 〇△▲〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
荻野7回ライトに勝越しタイムリー3ベース。マルチ。5-13回2盗成功。9回2ベースで起点に。
髙部初回ライトへ先制のソロホームラン。
6回送りバント成功。
初回セフティバントきめた。
マルチ
9回レフトにタイムリー。
中村奨吾4-3猛打賞4回ヒットで起点に。マルチ3回レフトにタイムリー。
9回レフトにダメ押しの10号2ラン。マルチ。
山口航(4指)
6回レフトに同点タイムリー。
4回フォアボール選んでチャンス拡大。
井上(5一)2回ライトに先制HR。3回2点タイムリー。マルチ。
安田(6三)4-14回ライトへ先制タイムリー。8回ライトへソロHR。
マルチ。
4-1
(7右)(7右)(7右)
2回2盗成功。
4回2盗成功。
佐藤都(8捕)6回フォアボール選び起点に。
レアード代打
松川(8捕)4回セカンドゴロ打って2点目入れた。 (8捕)
小川(9遊)
6回送りバント成功。
(9遊)(9遊)
角中代打
茶谷
和田康士郎
選手名初戦2戦目3戦目MVPs