右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
ZOZOマリンスタジアム2021-1

ロメロ好投-小島美馬粘投-打線不調-リリーフ陣崩壊-3連敗-2022ロッテ対ソフトバンク-ソフト1-3

ソフトバンクは前カード日本ハムに3連勝。投手陣が中盤からしっかりと抑えて終盤に逆転。
ソフトバンク投手陣は昨年と違い選手の数が揃う。
千葉ロッテの打線がどうソフトバンク投手を攻略するか。
今のロッテの実力を知ることが出来るカードです。
*初戦はスタメンから平沢が外れた。エチェバリアがサード、山口がファーストで初スタメン。
佐藤都が捕手でスタート。楽天戦での出来で選手をセレクトしたか。

2022年3月29日(金)
ロッテ対ソフトバンク 1回戦 ZOZOマリン

1 対 2 でソフトバンクの勝ち
勝ち: 又吉  S 森  負け:西野

ロメロ・S石川共にコントロールが良かった。
Mは6回までノーヒットに抑えられた。
ソフトバンクに先行されるも8回変わったモイネロから髙部が同点タイムリー打って振り出しに戻す。
しかし延長10回西野が相手の好走塁もあったが2点目を入れられた。最後は森に抑えられてしまった。

【試合を決めた3つのポイント】

ロメロ7回3安打1失点と好投した。序盤はスライダー中心に緩急を使って打ち取る投球。中盤以降はストレートを増やして相手をうまく打ち取った。次回に期待がもてる。

8回髙部が同点となるセンター前タイムリー。積極的なバッティングが良かった。

③M打線中軸の不調が目立った。モイネロから同点に戻すがそこまで。2安打ではなかなか勝てない。

2022年3月30日(水)
ロッテ対ソフトバンク2回戦 ZOZOマリン

3 対 4 でソフトバンクの勝ち
勝ち: 藤井  S 森   負け:鈴木昭

小島は2回3連打で2点を失った。
マリーンズは3回髙部が犠牲フライで1点返す。
4回は平沢の犠牲フライとS甲斐が悪送球で逆転。

しかし7回鈴木昭が満塁から四球を続けて2点取られ逆転された。

【試合を決めた3つのポイント】

小島6回7安打2失点と好投。
柳田の打球・三森の打球が体に当たるなど災難の日。崩れることなく落ち着いて試合を作ったのは流石だった。

岡がセンターへのヒットを後逸。鈴木昭がフォアボールで自滅ミスで相手に流れを与えた。

小沼が一軍初登板・2回1安打無失点の好投。福田光輝代打出場でマルチ。
初登場選手が活躍、今後に期待。

2022年3月31日(木)
ロッテ対ソフトバンク3回戦 ZOZOマリン

1 対 3でソフトバンクの勝ち
勝ち:大関  S 又吉  負け:美馬

美馬5回4安打2失点粘投するも、S大関の前に打線はエチェバリアのソロのみ。
5回以降は小刻みな継投も国吉が追加点とられた。
打線がSリリーフ陣の前に沈黙、3連敗を喫した。

【試合を決めた3つのポイント】

①美馬5回4安打2失点と粘投。ストレートの制球に苦しむが、変化球を駆使して2失点に抑えた。

②マーティンが初ヒット6回レフトにヒットでマルチ。今後に期待。

打線が低調。チャンス作るも点が取れなかった。

マリーンズで良かった選手(MVPs) :カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣) 〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
ロメロ7回2安打1失点の好投。
小島6回7安打2失点と好投。アクシデントに負けず。
美馬5回96球4安打2失点の粘投。
東條いいボール投げてたが‥
鈴木昭3四球。押し出しで2点献上。
小沼健太一軍初登板、2イニング1安打無失点の好投
小野6回1イニングを無失点
廣畑プロ初登板で7回1イニングを無失点。
国吉8回にタイムリーで1点。
佐藤奨真9回1イニング無失点。
益田9回1イニング無失点。
西野勝負勘が戻っているか?
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲◎〇△
髙部8回同点となるセンター前タイムリー積極な打撃。3回犠飛で貢献。粘りもあり。1回セカンド内野安打。肩も魅せた。
マーティン空振りが目立った。4回今季初ヒット6回もヒットでマルチ。2盗成功。
中村奨吾5回ヒット、2盗成功。
レアード
佐藤都(捕手・ファースト)初ヒット、打撃では存在感も捕球は改善みられず後逸あり。マルチ。打撃でみせる。
山口航輝
エチェバリア外角のボール球に手が出る?5回レフトに1号ソロホームラン。
藤岡
センターへのヒットを後逸は痛い。
柿沼ライトへ初ヒット。
松川6回走者中村晃をセカンドで刺した。(プロ初盗塁阻止)
平沢犠飛で初打点で貢献もヒットなしは寂しい。
三木10回フィルダースチョイス。相手が好走塁。
池田 初スタメンいい当たりあり。4回初エラー。
福田光輝代打でマルチ安打は立派。才能を見せた。チャンスで代打登場も2打席凡退。
小川
和田康士郎
菅野初出場初ヒット。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
[adcdoe]

3連戦まとめ

2022年3月29日~3月31日
2022ロッテ対ソフトバンク1-3回戦
対ソフトバンク 0 勝 3 敗 ロッテこのカードを3連敗した。

【感想】

初戦は、石川のテンポのいい投球を崩せず5回まで無安打無失点に抑えられた。
西野が10回ピンチ招くと決勝タイムリーを打たれた。
まだ勝負勘が今一つか。ソフトバンクの方が打線に粘りがあった。

2戦目は、和田の投球を中盤に連打で崩すも、自軍のエラーとフォアボールで自滅。
ソフトバンク選手はいつものメンバー、一方Mはメンバーも固まらず。
M打線も投手も定まらず、守備力で弱さを見せ相手に勝利をプレゼントした。
終盤に逆転したかったというのは結果論、強力なソフトリリーバー相手に簡単にひっくり返せない。

*4回にレアード・佐藤都・岡連続安打で満塁のチャンスを作った。
髙部の犠飛を呼んだ。打線がつながってきたのは良かった。

3戦目は、美馬が柳田にタイムリーを打たれて2点リードされるも多彩な変化球で5回まで投げた。
打線は大関の前に沈黙。
5回エチェバリアがソロHRで一矢報いるも、ソフトリリーフ陣の前に打てず。3点敗を喫した。

「3戦とも接戦をものにできなかった。終盤に崩れた。」

ロッテに課題が見えたというよりも、選手(野手とリリーフ)に元気が無かった。
日替わりで選手かえるもオープン戦で活躍した選手が登場。
ロッテは実戦で選手を試しながら1年間使える選手をセレクトしているように見えた。

良くも悪くも「井口イズム?」全開!
成果としては、2戦目に小沼・福田が活躍した。3戦目廣畑がプロ初登板で1回を無失点。池田サードで初スタメン経験を積んだ。

その点では昨年のシーズン頭と同じだが、今年は同じにやっていると遅れをとりそう。
なぜなら昨年はソフトバンクに3連敗して劣勢も、ソフトに戦力の不安があったから。
だからマリーンズがシーズン中盤以降に対ソフトいい勝負が出来た。

しかし今年のソフトバンクは違う。「控えの野手(上林・中村晃・牧原など)の層の厚さ」「リリーフ陣とクローザー(津森・モイネロ・又吉・森)の厚み」を強く感じた。

マリーンズが一年間どう戦うのかチーム戦略を考えているうちに、ソフトバンクのスタートダッシュで離されないといいのだが。

マリーンズの先発陣(ロメロ・小島・美馬)は頑張っていた。
打線は主軸に当たりが無く、その他の選手もカバーする力はなかった。

ミスも痛かった。
リリーフ陣は欠員から経験者や新戦力を使うもうまく機能せず。

終盤に不安があることを露呈してしまった。

ソフトバンクも前カードの好調さを維持、落ち着いたゲームを見せた。
マリーンズは昨年活躍の戦力が数名欠けているので仕方ないとはいえ、攻めが淡白、リリーフも踏ん張れず。
3戦ともに弱い時の千葉ロッテを連想させる負け方だった。

ただ新戦力が登場し経験を積んだ。着々と芽を出しつつあるのも確か。
レギュラー陣も次第に調子を上げるはず。

井口監督も他のチームで帳尻はあわせてくると思うが、ソフトバンクに3連敗は避けたかった。
(対ソフトバンク戦でマイナススタートはいたい。(~_~;)

*最後までお読みいただきありがとうございました。 あくまで個人的な意見です。