右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
高く舞い上がるカモメ01

美馬好投-髙部角中-中村奨活躍で1勝-ロメロ粘投-井上1号HRも逆転負-1勝1敗-2022ロッテ対ソフトバンク13-14

ここまでロッテは対ソフトバンク戦を4勝8敗0分と負け越している。
ソフトバンク最近のカードは、対日本ハムに3連敗、対オリックスに1勝2敗と負け越し。
ロッテは対オリックスに1勝2敗と負け越し、対西武に1勝2敗と負け越し。
両チームの成績を最近のカードでみると決して良くはない。
マリーンズは打線がつながれば勝機ある。

*7月16日(土)のロッテ対ソフトバンク戦は雨天中止になりました。

2022年7月17日(日)
ロッテ対ソフトバンク 13回戦 ZOZOマリン

3 対 5 でソフトバンクの勝ち
勝ち:森  Sモイネロ   負け:ゲレーロ

ロメロは立ち上がりから制球に苦しむ。
初回先頭打者を出すと今宮にレフトにタイムリー2ベースで先制点とられた。

ストレート変化球がばらついて痛打された。

2回石川柊からM井上が高めを一閃、
センターバックスクリーンの飛び込むソロホームランで同点に。
なおも3回藤岡・荻野・髙部が連続ヒットで1アウト満塁から
中村奨吾が押し出しのフォアボール選び勝越し。
続く安田が犠飛で3点目を入れた。

ロメロは修正したかったが毎回ランナー出す苦しい投球。

4回は浮いたボールを初先発の増田珠に右中間スタンドに持っていかれた。
5回もランナー背負うも凌いだ。

ロメロ6回8安打2失点とリードを守っての降板。
7回東條が素晴らしい投球で無失点に。
8回オスナがデスパイネに同点HR打たれた。

(バッテリー間で攻めかたの再確認欲しかった)

8回マリーンズはチャンス作るも勝ち越せず。
最後は益田が抑えて延長へ。

しかし10回ゲレーロのストレートの力が今一つでボールも高かった。
高めを技ありバッティングで左中間にヒットされ、2点を奪われた。

裏はモイネロが登場し無失点に。
マリーンズは終盤に勝ち越せず、悔しい逆転負けを喫した。

2022年7月18日(月)
ロッテ対ソフトバンク 14回戦 ZOZOマリン

2 対 1 でロッテの勝ち
勝ち:美馬 S 益田   負け:東浜

美馬は先頭今宮ヒット、デスパイネフォアボールの2アウト1・2塁に。
次打者柳町を詰まらせるもレフト前におちて先制点とられた。

ツキがなかった。

マリーンズは東浜から髙部がセンター前ヒットで2盗成功。
角中が高めボールに反応しレフト線に落ちる同点タイムリー。
反応がはやかった、裏に同点に追いついた。

3回は髙部がセンターへ2ベースで出塁すると角中がセカンドに内野安打。
ノーアウト1・3塁から中村奨吾がセンターへ犠飛で勝ち越した。
高めを逃さなかった。

このあとフォアボール2個で2アウト満塁と攻めるも追加点は取れず。

美馬は7回まで3安打1四球とコントロールよく素晴らしい投球。
スライダーの変化がおおきかった。
フォークや変化球を効果的につかって打たせてとった。

8回オスナ、9回は益田が無失点に抑えて接戦をものにした。

マリーンズで良かった選手(MVPs) :カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目MVPs
(投手陣)〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
ロメロ6回8安打2失点。
美馬7回3安打1失点と好投で連敗止めた。
小野
東條7回1イニング無失点。
ゲレーロ10回1イニング2失点。
オスナ8回1イニング1失点。8回1イニング無失点。
益田9回1イニング無失点。9回1イニング無失点。
選手名初戦2戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
荻野3回ヒットでつないだ。
5回2盗成功。猛打賞。
髙部4-1(1中)
初回センター前ヒットで2盗成功。3回2ベースでチャンスメイク。
マルチ。
角中(2右)
初回タイムリー2ベースで同点に。マルチ。
中村奨吾2回フォアボール選んで勝越し。 (3二)
3回センターに犠飛で勝ち越し。
安田3回犠飛 (4三)
井上(5一)
2回センターソロホームランで同点。猛打賞。
(5一)
レアード(6指)
菅野(7左)
佐藤都(7捕)
山口航輝(8右)
藤岡(9遊)(8遊)7回ショートゴロファインプレー。
松川(9捕)好リード
代打
和田康士郎代走で1塁戻り切れず牽制アウト。
三木代打
加藤匠
選手名初戦2戦目MVPs

2連戦まとめ

2022年7月16日~7月18日
ロッテ対ソフトバンク13-14回戦
対ソフトバンク 1勝 1敗  ロッテこのカード引き分けた。

【トピックと感想】

初戦ロメロが調子よくなかった。
ランナー出しながらも粘りの投球。
なんとか6回まで投げ切った。
打線は井上が同点のセンターオーバーソロホームラン。
*井上に一本出たのは良かった。

7回東條が素晴らしい投球。
8回オスナが一発を浴びて同点になる。
(コントロールミスか、バッテリー間ミスか、もったいなかった)

9回は益田がおさえ延長に入るが‥。
10回ゲレーロはランナー出して高めを痛打された。
Hリリーフ陣を逆転できず敗戦。

終盤追加点をとりたいところ。
7回山口が際どいボールを見逃し三振。
8回は安田が見逃し三振。
先頭打者なのに積極性が見えなかった。

かたやホークスの川瀬が、10回2アウト1・2塁に
ゲレーロの高めのボール球をたたき左中間勝越しタイムリー。
積極的にうっていた。
(直前の牧原も高めをヒットにしてチャンスメイク)

技術が違うと言えばそれで終わってしまうけれども、
振らない限りヒットもラッキーもない。

2戦目は美馬が投球テクニックを駆使して
ソフトバンク打線を抑え込んだ。

打線は髙部が初回センター前ヒット、
3回センターへ2塁打とチャンスメイクをして2得点に絡んだ。
チームを牽引。

タイムリー欠乏症の中、
初回に角中が高めボールをレフト前におとした同点タイムリーがおおきい。
ラッキーな点もあるが、なんとかしたいバッティングの現われ。
積極的に打った結果。

美馬の好投が素晴らしかった。
変幻自在の投球でH打線をうたせた。
オスナがしっかりと投げた。
益田が無失点におさえて連敗をとめた。

*最後までお読みいただきありがとうございました。