右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
高く舞い上がるカモメ01

マーティンサヨナラHR-石川粘投小島河村好投-中村奨佐藤都活躍-2勝1敗-2022ロッテ対楽天9-11

楽天は25勝10敗で首位。千葉ロッテは15勝23敗の5位
初戦は20イニング連続無失点記録中の田中将大。
前回登板でやられているのでやり返したいところだが‥。
*打線がいまひとつ乗り切れていない。
故障離脱選手も上に来るにはもう少しかかりそう。
下位で活躍する選手が出ているので、上位が活躍することで調子を上げていきたい。

2022年5月17日(火)
ロッテ対楽天 9回戦 ZOZOマリン

6 対 3 でロッテの勝ち
勝ち: 佐々木千隼  S 益田  負け:田中将大

石川は制球に苦しんだ。初回ヒットフォアボールで出塁されるとタイムリーで先制された。
ボールが今一つコントロールできず楽天打者に打たれた。

マリーンズは2回田中から岡・エチェバリアヒットで1・2塁から、中村奨吾がセンター前にタイムリーヒットで同点に。しかしその後もチャンスを作るが得点できず。

一方石川は4回連打でノーアウト満塁とされると、セカンドゴロの間に1点、エチェバリアが1塁悪送球で2点目を取られ勝越しされる。

M打線は6回まで田中にうまく打ちとられた。
田中がコースに決めて、あと一本が出なかった。

7回は佐々木千隼が登板し3者をアウトに切って取る。

その裏、岡が田中の甘いボールをレフトにソロ。
エチェバリアヒットで出塁も柿沼がおくれなかったが。
髙部が粘ってインコースをショートにゴロを転がして内野安打で1アウト1・2塁に。
次打者中村奨吾がセンター前に落ちるポテンヒットで1点返して同点にした。
ここで佐藤がレフトにうまく流した・勝越しのタイムリーを打った。

なおも代打山口航輝がライトにタイムリーで2点追加した。

5連打で一挙5点取って田中を降ろした。

8回は西野が登板し無失点に。9回は益田も無失点とリードを守り切ってマリーンズが勝利した。

【試合を決めた3つのポイント】

石川6回8安打3失点と制球に苦しんだ。
調子が今一つも中盤までかわしてゲームを壊さなかった。

打線に粘りとつながりがあった。
終盤に髙部・中村奨吾が田中の変化球をしぶとくヒットにした。
後続山口航輝もライトへ流し、タイムリーで応えた。

7回佐々木千隼が登板し好投。
相手打線を無失点に抑えゲームを落ち着かせた。
8回西野・9回益田が無失点リレーでしめた。
西野は低めにコントロールが良かった。
益田も球に勢いがあった。

2022年5月18日(水)
ロッテ対楽天 10回戦 ZOZOマリン

1 対 0 でロッテの10回サヨナラ勝ち
勝ち:東條    負け:酒居

2戦目も初戦と同じスタメン。5番マーティン6番安田選手の活躍に期待したい。

小島ストレートに伸びがあった。
スライダー変化球も丁寧に低めにコントロールしゴロアウトも多かった。
3回先頭の辰己に3塁打、太田にフォアボールで1・3塁のピンチ背負うも、西川・黒川を打ち取って難を逃れた。

E先発は涌井。
ストレートスライダーを低めにコントロールしてM打線にヒット1本と好投した。
涌井は4回に中村奨吾のピッチャーゴロを手に当てて石橋に交代。
しかし攻略は出来ず。

M投手陣も小島が中盤まで伸びのあるストレートに変化球が冴えて無失点。
リリーフ陣もゲレーロ益田が無失点に抑えて延長に持ち込んだ。

10回は東條が登板。
2ベースに打たれライトマーティンの後逸から3塁へ進まれた。
東條は1アウト3塁という絶体絶命の場面になるも、銀次・西川を抑えた。
素晴らしい投球だった。

延長に入りマーティンがやってくれた。
酒居からライトスタンド上段に「サヨナラ2号ホームラン」、一振りで決めた。

エラーを帳消しにする完璧なホームランだった。
これをきっかけにしたい。

【試合を決めた3つのポイント】

小島7回4安打無失点と好投
前回登板の借りを返すも打線の援護なし。

マーティンが10回サヨナラ2号ホームラン
浮いたボールをライトスタンドへ、一振りで決めた。

10回東條が1アウト3塁という絶対的なピンチ背負うも、落ち着いて後続をきった。
リリーフ陣(ゲレーロ・益田・東條)が無失点に抑えた。

2022年5月19日(木)
ロッテ対楽天 11回戦 ZOZOマリン

2 対 7 で楽天の勝ち
勝ち:岸    負け:佐々木千隼

岸と河村の対戦。
河村は今季2登板で2勝と勝ち運を持っているので今日も期待。
マーティンが3番に、7番レフトに福田秀平、9番サードで安田がスタメン入り。

河村はストレートスライダーにコントロールがあり早めに追い込めた。
フォークボールが今一つで粘られ2回四球2個で1・2塁のピンチも後続をきった。

先制したのはマリーンズ、2回にレアードが左中間にソロホームランを放った。
4回にはマーティンが右中間に飛び込むソロホームランで2点目。

イーグルスは5回西川がソロホームランで1点返した。

河村が6回も登板。
3安打1失点とゲームをつくる好投をした。

7回は佐々木千隼が登板。
鈴木大地にいきな2ベースを打たれた。
山﨑に送りバントで3塁に進められる。代打銀次にフォアボール・西川にもフォアボールで満塁に。
武藤にもフォアボールで押し出しで同点になった。
浅村は三振に取る。
が次打者島内にもフォアボールで押し出しで勝ち越された。
粘られたとはいえストレートが大きく抜けるなど制球に苦しんだ。

満塁で小野にスイッチするも、マルモレホスに甘く入ったボールをライトに満塁ホームラン。
これで勝負があった。

8回は小沼が登板し無失点に、9回は八木が3三振に抑え好投した。

【試合を決めた3つのポイント】

河村6回3安打1失点の好投。
持っている男がしっかりと投げゲームを作った。

7回佐々木千隼がうまく制球できず逆転された。
満塁で登板した小野も被弾してゲームを決められてしまった。

レアード・マーティンがソロホームラン。
久しぶりの揃ってホームランも空砲になった。

マリーンズで良かった選手(MVPs) :カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
石川6回8安打3失点とゲームを壊さなかった。
小島 7回4安打無失点と好投。素晴らしかった。
河村 6回3安打1失点と好投
西野8回1イニング無失点。
小野7回満塁で登板、HRを打たれた。
東條 10回1イニング無失点。 初勝利。
佐々木千隼 7回2/3イニング5失点と乱調。
ゲレーロ 8回1イニング無失点。
益田 9回1イニング無失点。 9回1イニング無失点。
小沼8回1イニング無失点。
八木9回1イニング無失点。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
髙部7回内野安打でつなぎ。8回ヒットで2盗成功。マルチ。
中村奨吾4回同点タイムリー2盗成功。
7回レフト前にしぶとくヒット。
猛打賞で2打点。
佐藤都7回流し打ちで勝越しタイムリー。マルチ。初回に1安打。(捕)6回ライトへ3ベース。
レアード2回レフトに先制ソロ。マルチ。
マーティン10回表ライト線ヒットを後逸。
10回サヨナラホームラン。
4回右中間にソロホームラン。マルチ
安田7回に1安打。9番(三)
7回レフトにソロホームラン。マルチ
福田秀平(左)
エチェバリア4回ファースト送球ミス。
松川3回送りバント失敗。
山口航輝代打、7回2点タイムリーで追加点。
柿沼7回送りバント失敗。
小川代走
和田康士郎
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

3連戦まとめ

2022年5月17日~5月19日
ロッテ対楽天 9-11回戦
対楽天 2 勝 1 敗 ロッテこのカード勝越した

【トピック】

初戦は、石川が我慢の投球で崩れることなくゲームを作る。
打線が中盤まで田中に対してチャンスをものにできない。
細かなミスもあり、前回に続き田中のペースで終了してしまうのかと思われたが、
佐々木千隼が登板で流れがかわる。
7回髙部・中村奨吾・佐藤が繋いで同点に。
集中してつないだ。
山口もタイムリーで勝越しすると、8回西野・9回益田がリレーで逆転勝利した。

岡のソロがチームを勇気付けた。
髙部・中村奨の粘りが素晴らしかった。
何より佐藤がしっかりとタイムリーで応えたのが良かった。

まさしく食らいついたヒットの連続だった。
かっこよくないが気持ちで必死につないだ。

Mにミスもあり、田中がかわそうとするところを最後につかまえた。
結局チャンスで佐藤が意地を見せた。
勝負強さを発揮やっと決められた。
またも佐藤は頼りになる男だった。
(他にも打つべき人はいたが‥)

2戦目は4回まで涌井の好投の前にゼロ。
E投手は石橋に交替もチャンス作れず。

M投手陣も小島が中盤まで好投を続けて無失点。
リリーフ陣が無失点に抑えて延長に持ち込んだ。

9回裏は上位打線がE松井に三者連続三振に抑えられる。

嫌な雰囲気の中、延長10回マリーンズは東條が登板。
武藤にライトに2ベースに打たれマーティンのファンブルから3塁へ進まれた。
1アウト3塁という絶体絶命の場面で、代打銀次と西川を抑えたのは素晴らしかった。

今までは延長に入ると一本が出ないマリーンズだったが、今回はマーティンが甘いボールを一振りで決めた。
ライトスタンドに飛び込むソロホームランでサヨナラでゲームを終わらせた。
*困った時に出る一発ほど皆を勢い付けるものはない。

マーティンにとっては2本目のホームランで、「まだこれから」と活躍を誓った。
小島は前回以上の投球だったが勝ちには恵まらなかった。
ストレートの伸びは昨年完封したレベルに戻りつつある。
十分に活躍を期待させる登板になった。

3戦目は勝利運を持っている男「河村」が登板。3連勝を狙った。
河村はストレートスライダーにコントロールがあり早めに追い込めた。
フォークボールも決まりだして西川のソロHRの1失点に抑える好投。
2回裏にレアードが先制のホームラン・いい当たりだった。
4回はマーティンがソロHR。
両外国人がアベック、ホームランで先行。

7回は佐々木千隼が登板。ヒット打たれランナー背負ってフォアボール。
さらにボールが抜け始めた。
フォアボールで満塁にすると2回フォアボールを出した。
押し出しで2点献上し逆転された。

満塁で小野が登板、火消しを期待されたがマルモレホスに甘いボールを満塁ホームランされた。

佐々木千隼が誤算だった。
打線は岸の前にソロホームランで2得点も、ヒットは散発、うまく打たされた。

【感想】

・初戦は髙部が中村奨吾が佐藤が必死につないで得点につなげた。

・2戦目は小島の好投にゲレーロ・益田とつないで東條も必死になって続いた。
・10回のマーティンも必死でHRを打った。

・3戦目は河村がマイペースに好投。レアードがソロで先制。
・マーティンが必死に打ち連夜のHR。

初戦の「必死さ」が2戦目の必死さにつながった
三戦目はおとすもカードの勝ち越しができた。

気持ちが結果に結びつくのは、集中力がでてきた証拠。
レアードの振りも鋭くなり、マーティンも連夜のHRで上向き。
選手個々の打撃はまだら模様だが、繋がりも出てきた。
投手陣は佐々木千隼に調整不足はあったにせよ、全体的に安定感はある。

マリーンズのエンジンが回り始めたのは確か。
「復活の兆し」がみえてきた。
これからが勝負!といえるまでもう少しだ。

*最後までお読みいただきありがとうございました。