山口航輝1試合3ホームラン8打点-2022ロッテ対オリックス23-24

ロッテは対オリックス戦は、ここまで8勝14敗で負越し決定している。
昨年はいい勝負していただけに、今年は力負けが目立つ。
現在のオリックスの調子の良さは悔しいばかりだ。
(オリックスの選手層が昨年より厚くなっている)
ZOZOマリンで1試合、1日空けて京セラドーム大阪での試合。
勝って対戦成績を良くしたいところだが、オリックスは首位争いの中、ソフトバンクと3連勝と波に乗る。
やはり勝つのは簡単ではなさそうだ。

対オリックス23(ZOZOマリン)
オリックス対ロッテ24(京セラドーム大阪)の結果

2022年9月20日(火)
ロッテ対オリックス23回戦 ZOZOマリン
6 対 3 でオリックスの勝ち
勝ち: 比嘉  S山﨑  負け: 西野

2022年9月22日(木)
オリックス対ロッテ24回戦 京セラドーム大阪
5 対 13 でロッテの勝ち
勝ち:美馬   負け: 山岡

2022年9月20日(火)22日(木)
ロッテ対オリックス23、オリックス対ロッテ24
対オリックス 1敗 のち 1勝

マリーンズで良かった選手(MVPs):カード成績を勝手に評価

選手名初戦:ZOZO2戦:京セラドームMVPs
(投手陣)〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
佐藤奨4回と2/3を3安打2失点
美馬6回6安打1失点の好投
唐川7回1イニング2/3を3失点。
坂本7回1イニング1/3-8回を1失点。
岩下5回の1/3を無失点。
小野6回1イニング1失点。
東條7回1イニング無失点。
西野8回1イニング1失点
益田9回1イニング2失点。9回1イニング無失点。
選手名初戦2戦MVPs
(野手)〇△▲〇△▲ ◎〇△
髙部4-1猛打賞。
藤原(2左)3-1代打指
角中(2左)
初回2ベースで切り込んだ。
6回右中間に3ラン貴重な追加点。
猛打賞。
中村奨吾初回レフトにタイムリー。
マルチ。
安田(4三)4-13-1
井上7回レフトに同点2ラン。
マルチ。
マルチ
荻野(6指)
初回フォアボール選び押し出し。
山口航輝(7指)
2回ライトにヒットで起点。マルチ
初回先制タイムリー。
4回レフトに2ラン。
7回ソロホームラン。
8回レフトに3ラン。
4打数4安打8打点の大活躍。

松川(8捕)
2回送りバント成功。
茶谷3回センターへ同点タイムリー。マルチ
小川代打-二
三木
和田康士郎代走-右代打-右
柿沼
選手名初戦2戦MVPs