佐々木朗希が好投も1点がとれない-2022ロッテ対日本ハム3-4

千葉ロッテはソフトバンクに1勝1敗でZOZOマリンへ。日本ハムも西武に1勝1敗で千葉へ。
「BIGBOSS」新庄監督の采配も奇抜からセオリー重視に戻りつつあり?、結果もだしつつある。
マリーンズは一進一退で乗り切れない。M投手陣が踏ん張っているので打線が得点して楽な展開に持って行きたいところ。ファイターズ相手に勝ち越したい。

2022年4月15日(金)
ロッテ対日本ハム 3回戦 ZOZOマリン

雨天中止になりました。

2022年4月16日(土)
ロッテ対日本ハム 3回戦 ZOZOマリン

4 対 11 で日本ハムの勝ち
勝ち:伊藤大海   S   負け:石川

石川が制球がいまひとつで、粘って投げるもボールが甘く入って痛打された。
3回4回で2点取られると5回は連打でランナーため2失点し降板。
4回ミスもあり満塁にする。
小沼に交代もタイムリー打たれ2点追加で6点に。
中盤も小野・廣畑もF打線を抑えられず。

M打線は初回1点先行、5回には2点返すも、F伊藤のストレートスライダーを打ちあぐんだ。
マリーンズ投手陣17安打11失点と打ち込まれ大量リードを許した。
打線も反撃もFリリーフ陣継投の前に抑え込まれた。
若手がタイムリー打つも、中軸の中村奨・マーティンに当たりがなかった。
中村稔弥が8-9回を無失点と好投した。

【試合を決めた3つのポイント】

石川乱調。4回1/3までで11安打6失点。
Mリリーフ陣小野・廣畑もFの勢い止められず。

②M打線に繋がりが無かった。
そのなかで髙部マルチ。盗塁2個決めた。
藤原は久々のタイムリー。
山口航輝はマルチと気を吐いた。

中村稔弥が終盤2回を無失点と好投

2022年4月17日(日)
ロッテ対日本ハム 4回戦 ZOZOマリン

0 対 1 で日本ハムの勝ち
勝ち:北山   S 宮西   負け:西野

2戦目は佐々木朗希が「完全試合ペース」の快投。
160k超のストレートに、2種類のフォークが冴え渡って三振の山を築いた。

*2回にはシーズン25イニング連続奪三振記録達成(日本人最長に並ぶ)。
*連続イニング無安打記録の記録を更新した。
*4試合連続の二桁奪三振。

F上沢も多彩な変化球をコーナーに決めて「エースの投球」をみせた。
終盤まで両投手が引かない見事な投手戦だった。

結果終盤8回9回の勝負になったのだが‥。
MがFリリーフ陣から再三のチャンス作るも生かせなかった。
9回は北山から死球とボーク、フォアボールでもらったノーアウト1・2塁の大チャンスを逃した。
エチェバリアと安田で何とかしたかった。

チャンスに凡退が痛かった。

かたやファイターズは10回表万波がフルカウントまでねばり、
M西野の低めのボールをセンタースタンドにHR。
集中してパワーでもっていった。

マリーンズは、ホームランによる1安打1失点での敗戦‥。

佐々木朗希が8回無安打無失点に抑えるも、味方が点を取れなければ勝ちは付かない。
球種が分かっていてもプロ打者が打てない(~_~;)”。佐々木朗がまたも驚きの投球を魅せた。
M打線が何とかして1点取らなければいけなかった。

【ファンは完全試合を見たかった?】
佐々木朗希が抑え込んで流れを相手に渡さないのに、M打線が応えられなかった。
延長の可能性が高くなった。朗希に無理をさせるわけにはいかず、監督としては当たり前の決断だった。
*佐々木朗希のポテンシャルからしても、記録はこれから十二分にある。

【試合を決めた3つのポイント】

佐々木朗希が8回無安打無失点の快投。
球種が分かっていても全く打てない。相手チームを震撼させた。

M打線に主軸に元気なし。下位でつなぐことも出来ず1点が遠い。
9回ノーアウト2・3塁も得点できず。10回もチャンスつぶした。

③ファイターズ上沢が好投。意地を見せた。