右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
高く舞い上がるカモメ01

「荻野の決定力」佐藤奨プロ初勝利-小島佐々木朗好投-髙部マーティン活躍-2勝1敗-2022ロッテ対DeNA1-3

いよいよ2022年セパ交流戦も最終カードです。
いい形で終了出来たらいいですね。

千葉ロッテは、過去メジャーでクローザーとして活躍した大物、
「ロベルト・オスナ」を獲得したことを発表した。
セーブの後はホールドの経験を持つ。
後半戦に向けて大きい補強。
上位に上がる救世主として期待される。

2022年6月10日(金)
ロッテ対DeNA 1回戦 ZOZOマリン

2 対 1 でロッテの勝ち
勝ち:小島  S ゲレーロ   負け:大貫

小島初回からストレートが走っていた。
ピンチもスライダーチェンジアップを低めに集めて脱出。

ベイ大貫もカーブ・スライダーが決まった。ツーシームが良かった。
コントロールよく低めに決められヒットが出ない展開。

3回マリーンズは安田が2ベースで出塁すると、エチェバリアが送りバント成功。
髙部がインコースをセンターへ犠飛をうって先制点を取った。

小島は4回B蝦名に甘いボールをソロホームランうたれ追いつかれた。

しかし6回はマーティン・中村奨吾が四球選ぶ。
2アウト1・2塁からレアードがインコースをセンターにタイムリーで勝越し。
少ないチャンスをしっかりと点に結びつけた。

小島が6回まで5安打1失点と好投した。
スライダーチェンジアップが低めに鋭く変化した。
ベイの主軸にはインコースが効果的だった。


7回は東條が好投でゼロに抑える。
8回は西野がヒット2本で満塁の大ピンチも牧を打ち取った。
9回はゲレーロが無失点に抑え接戦をものにした。

*小島は今季うれしい初勝利。

2022年6月11日(土)
ロッテ対DeNA 2回戦 ZOZOマリン

1 対 2 でDeNAの勝ち
勝ち: 田中健 S 山﨑   負け:東條

佐々木朗希は初回三者凡退にとり、上々の立ち上がりだったが‥。
2回にカーブを牧にライトに持っていかれた。

狙っていたのか、甘いボールを逃さない力強いバッティングをした。

B田中はストレートがコントロールがよく決まった。
初回2回5回とランナーを出すもタイムリーが出なかった。

佐々木朗希はスライダーカーブを混ぜて凡打に打ち取った。
160kストレート150kフォークで押す投球も凄いが、
この日は変化球を混ぜ相手を抑える投球をみせた。

6回髙部が三塁線にセフティバントで出塁。またも2盗成功させる。
意表を突く攻撃から盗塁と高橋を攻めた。
マーティンがフォアボール選び1・2塁から相手パスボールで1・3塁に。
ここで中村奨吾が同点に追いつくセンターに犠飛をうった。

8回も佐々木朗希が登板、
3安打ホームランによる1失点とほぼ完ぺきな投球だった。

しかしMはベイのこまかな継投の前に得点できない。

9回は益田が無失点に抑えた。
その裏Mは1アウト満塁のチャンスつくるも得点できず。
髙部・マーティンでアウトは痛かった。工夫が無かった。

10回はゲレーロが無失点に、
その裏先頭中村奨吾がヒットで出塁するも佐藤都がバント失敗でWプレーに。
これが残念だった。

ベイは11回東條から先頭をだすとバントで2塁へ送る。
1アウト2塁から代打の大和がセンターへタイムリーで勝ち越された。

11回裏はBクローザー山﨑に三人で抑えられ敗戦。

2022年6月12日(日)
ロッテ対DeNA 3回戦 ZOZOマリン

5 対 4 でロッテの勝ち
勝ち:佐藤奨真 S 益田  負け:石田

佐藤奨が先発。1番に荻野・9番に髙部が入った。
佐藤はチェンジアップ・カットがきれていた。
ストレートでファールとると内外角低めに決める。

マリーンズは初回石田を攻める。
荻野がライトへヒットで出塁すると、
雨天の中マーティンが強烈な一打。

B石田の高めのボールをライトに2ランで先制。

佐藤は6回佐野にライトスタンドに2ランで同点に追いつかれた。

しかし直後6回裏M反撃。
山口航輝がレフトに2ベースで出塁し、佐藤都が送りバントで1アウト3塁に。
ここでエチェバリアがレフトに勝越しタイムリー。
なおも安田が四球を選ぶ。
2アウト1・2塁から、荻野がレフトにタイムリーで貴重な追加点をあげた。

佐藤は6回で降板。
7回は小野が好投。
8回は西野が満塁のピンチも牧をWプレーで無失点に抑える。

8回裏マリーンズは2アウトから髙部がレフトにヒットで2盗成功。
髙部の粘りが素晴らしかった。
荻野がライトへ3ベースを打って髙部をホームに返した。

マリーンズは貴重な5点目を入れた。

9回益田が登板。
宮崎にヒット・ソトに2ベースをうたれ1アウト2・3塁のピンチ。
戸柱のセカンドゴロで1点返すと、益田の暴投で2点を返され1点差に。
最後は桑原を抑えたが危なかった。

マリーンズは8回の追加点が最後に効いた。
荻野の決定力に助けられた。

佐藤奨真投手6回4安打2失点の好投でプロ初勝利。
度胸良く投げチャンスをものにした。おめでとうございます。

マリーンズで良かった選手(MVPs) :カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣) 〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
小島6回5安打1失点と好投。
佐々木朗希 8回3安打1失点の好投
佐藤奨6回4安打2失点の好投
小沼
小野 7回1イニング無失点。
東條7回1イニング無失点。11回1イニング1失点。
西野8回1イニング無失点。8回1イニング無失点。
ゲレーロ9回1イニング無失点。10回1イニング無失点。
益田9回1イニング無失点。9回1イニング2失点。
八木
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲◎〇△
髙部3回センター犠飛うち先制。初回ヒットで出塁すると2盗成功。
6回三塁線にセフティバントで2盗成功。
マルチ。
(9中)
8回ヒットから2盗成功でチャンスメイク。
マーティン初回ライトに先制2ラン。マルチ。
中村奨吾6回センターに犠飛で同点に。
レアード6回センターに勝越しタイムリー。
佐藤都(補)
5回森の2盗阻止。
(4一捕)(6捕一)
6回送りバント成功。
山口航輝(5一)(5一)
6回レフトに2ベースでチャンスメイク。マルチ。
荻野(7左)
2回レフトフェンス際でファインプレー。
(7左)
猛打賞。7回2盗成功。
(1左)
6回レフトにタイムリーで貴重な追加点。
8回はライトへタイムリー。
3安打2打点・猛打賞。
安田(8三)
3回ライトへ2ベースでチャンスメイク。マルチ。
(6三)
エチェバリア3回送りバント成功。6回レフトに勝越しタイムリー。
松川(捕)
三木7回送りバント成功。
代走
角中
福田秀平
和田康士郎
小川
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

3連戦まとめ

2022年6月10日~6月12日
2022ロッテ対DeNA 1-3回戦
対DeNA 2 勝 1 敗  ロッテこのカード勝越した。

【トピックと感想】

初戦は小島がコントロールがよく6回HRによる1失点に抑える。
M打線は3回6回と少ないチャンスをものにした。
3回当たりが出てきている安田がチャンスメイク、髙部がセンターに犠飛で先制。
6回四球選ぶとレアードが勝負強さを発揮し勝ち越し打は流石。

髙部犠飛・レアードのヒットは技あり。
守備でも荻野・佐藤都が小島を援護。

7回からは東條・西野・ゲレーロが無失点リレーで、小島に初勝利をつけた。
牧を抑えたのが大きかった。

接戦を勝ち切れるのは強くなった証。チームに一体感があった。

2戦目はB高橋を攻略できなかった。
ランナーを出すもタイムリーが出なかった。
特に9回は1アウト満塁のチャンスで得点できず。何か工夫が欲しかった。

延長での攻めは、ベイスターズが上回っていた
マリーンズが送れなかったのに対して
ベイスターズは先頭出すとしっかり送りタイムリー打って勝ち越した。

佐々木朗が8回を3安打1失点に抑える好投も、同点がやっと。
相手投手を褒めるべきなのか?

またも佐々木朗希登板試合での、得点力不足はなぜ?。

3戦目は佐藤奨が多彩な変化球をきめた。
相変わらず度胸も良かった。
マーティンが一発で先制。
エチェバリアもよくうった。
荻野がチャンスで2度のタイムリー。
山口航輝・髙部もよくチャンスでお膳立てした。

*追加点のおかげで最後1点差で逃げきれた。

先発陣がしっかりとゲームを作る。
打線も得点し初戦3戦は先行して戦えた。

リードをリリーフ陣がなんとか守り切った。

荻野が2戦目に猛打賞、調子を上げる。
3戦目は1番でスタメン。
またも猛打賞結果を出した。
荻野「切り込み隊長」が完全復活した。
髙部もヒット盗塁で形が定着。
下位からチャンスを作り上位につなげる。
相手にとって嫌な9番が誕生した。

荻野のHR打てるパンチ力は相手にとって脅威。
プレッシャーがかかるのは間違えない。

3戦目にマーティンが爆発したのも理由がある。

DeNAは決して楽な相手ではないはずだが、
投打がかみ合っているマリーンズはしぶとかった。

初戦小島がストレート変化球で左右に制球、
2戦目は佐々木朗希が快速球とフォークで圧倒、
3戦目は佐藤奨のおおきな変化球でタイミングをずらす。

マリーンズの多彩な投手陣がベイの打線をくるしめた。
打線がリードして投手陣につなげる。
チーム一丸、粘って勝ちにつなげた。

2022年セパ交流戦の最終カードも勝ち越しした。
本当の強さになりつつある。

荻野の決定力にしびれた。
荻野がチームに与える影響の大きさに驚いた。

【2022セパ交流戦 成績】
千葉ロッテ 10勝8敗 単独の3位

交流戦はソフトバンク(4位)より上。
パリーグでは一番でした。
終盤2カードを勝ち越しした結果だと思います。
選手の皆様お疲れ様でした。
(勝ち数ではセリーグが上回りました。)

【ロッテのパリーグ順位は】12日終了時 29勝 33敗 1引分 の 5位です。

*最後までお読みいただきありがとうございました。