右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
千葉ロッテZOZOマリンスタジアム2021-3

千葉ロッテマリーンズMVPs-2022開幕1巡-E-H-L-F-B-5カードまとめ

早いもので開幕から対戦も一巡しました。
個人的な評価によるMVPsのまとめを書きました。
ゲームでの成績を抜き出しています。
*参考程度に見ていただけるとありがたいです。

【注意】
選手のプレーや結果はすべてを載せていません。
・投手の成績は目立ったところを書いています。
・打者はホームラン、貴重なタイムリーやマルチ安打以上。
・守備や走塁では、盗塁・好プレー・封殺など。
・若手についてはでききるだけ細かく記入しています。
以上ご理解の上読んでいただけるとありがたいです。
色々意見はあると思いますが、“選手の優劣”を書いているわけではありません。

2022年3月25日-27日
対楽天1-2:楽天パーク宮城-
1勝1敗(第2戦は雨天中止)

MVPsを抜き出しました。(表の◎と〇と△を左から)

【投手】 石川歩  佐々木朗希

【野手】 中村奨吾  松川虎生  山口航輝  髙部瑛斗  佐藤都志也

詳しくは下記の記事をご覧ください。
開幕-石川好投-松川躍動-中村奨活躍山口1号HR-1勝1敗-2022楽天対ロッテ1-2

選手名初戦2戦目(中止)3戦目MVPs
(投手陣)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
石川歩7回3安打無失点の好投。流石の投球。
小島和哉
佐々木朗希6回4安打3失点も10三振を奪う。
ゲレーロ初登板で8回を無失点に抑えた。ストレートがえぐい。8回に1失点
益田9回をゼロに抑えた。9回に暴投がらみで1失点
東條浅村ワンポイント
鈴木昭サヨナラヒット打たれた。
選手名初戦2戦目(中止)3戦目MVPs
【スタメン】〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
髙部瑛斗マルチ。セフティバントで先制点につなげた。
マーティン
中村奨吾6回満塁で先制の2点タイムリー。4回2盗成功。
猛打賞3回先制タイムリー 8回はチャンスメイク。
レアードマルチ。追加点は大きかった。
佐藤都8回反撃の開始、ライトへタイムリー。
7回センターフライをファインプレー。6回初ヒット
藤岡6回初ヒット
松川初先発にして3人の投手をリード、完封勝利に貢献。
マルチ
平沢7回ファーストに悪送球。3回2盗成功。5回8回送りバント失敗。
和田8回にピンチランナーで2盗成功
山口航輝8回レフトに逆転3ランホームラン。
小川代走
エチェバリア10回初ヒット
藤原11回登場、三振
三木代走10回ヒット
選手名初戦2戦目(中止)3戦目MVPs

2022年3月29日-31日
対ソフトバンク1-3:ZOZOマリンスタジアム-
3連敗

MVPsを抜き出しました。(表の◎と〇と△を左から)

【投手】  ロメロ  小島和哉  美馬学  小沼健太

【野手】  髙部瑛斗  佐藤都志也  福田光輝  マーティン

詳しくは下記の記事をご覧ください。
ロメロ好投-小島美馬粘投-打線不調-リリーフ陣崩壊-3連敗-2022ロッテ対ソフトバンク-ソフト1-3

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣) 〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
ロメロ7回2安打1失点の好投。
小島6回7安打2失点と好投。アクシデントに負けず。
美馬5回96球4安打2失点の粘投。
東條いいボール投げてたが‥
鈴木昭3四球。押し出しで2点献上。
小沼健太一軍初登板、2イニング1安打無失点の好投
小野6回1イニングを無失点
廣畑プロ初登板で7回1イニングを無失点。
国吉8回にタイムリーで1点。
佐藤奨真9回1イニング無失点。
益田9回1イニング無失点。
西野勝負勘が戻っているか?
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲◎〇△
髙部8回同点となるセンター前タイムリー積極な打撃。3回犠飛で貢献。粘りもあり。1回セカンド内野安打。肩も魅せた。
マーティン空振りが目立った。4回今季初ヒット6回もヒットでマルチ。2盗成功。
中村奨吾5回ヒット、2盗成功。
レアード
佐藤都(捕手・ファースト)初ヒット、打撃では存在感も捕球は改善みられず後逸あり。マルチ。打撃でみせる。
山口航輝
エチェバリア外角のボール球に手が出る?5回レフトに1号ソロホームラン。
藤岡
センターへのヒットを後逸は痛い。
柿沼ライトへ初ヒット。
松川6回走者中村晃をセカンドで刺した。(プロ初盗塁阻止)
平沢犠飛で初打点で貢献もヒットなしは寂しい。
三木10回フィルダースチョイス。相手が好走塁。
池田 初スタメンいい当たりあり。4回初エラー。
福田光輝代打でマルチ安打は立派。才能を見せた。チャンスで代打登場も2打席凡退。
小川
和田康士郎
菅野初出場初ヒット。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

2022年4月1日-3日
対西武1-3:ZOZOマリンスタジアム-
3勝0敗

佐々木朗希-ZOZOマリンスタジアム
佐々木朗希-ZOZOマリンスタジアム

MVPsを抜き出しました。(表の◎と〇と△を左から)

【投手】  石川歩   二木康太   佐々木朗希  益田直也

【野手】  佐藤都志也   松川虎生  髙部瑛斗  レアード  平沢大河  藤原恭大  安田尚憲 

詳しくは下記の記事をご覧ください。
佐藤都志也サヨナラ-石川二木佐々木朗好投-レアード若手が活躍-3連勝-2022ロッテ対西武1-3

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
石川歩8回4安打1失点と好投。連敗を止めた
二木康太7回5安打無失点の好投。
佐々木朗希8回3安打13奪三振1失点と圧巻の投球。
ゲレーロ
益田9回1イニング無失点。 9回1イニングを1失点に抑え勝利に貢献。
西野8回1イニング1失点。
国吉9回1イニング無失点。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
髙部マルチ。8回タイムリーで貴重な追加点。2盗成功。
藤原初先発でマルチ安打。初盗塁。エラーもあった。5回2盗成功。3回2盗成功
中村奨吾8回10回送りバント決めた。3回2盗成功。
マーティン 5回はセンターに犠飛で追加点。
佐藤都志也10回犠飛でサヨナラ。ファーストでナイスプレー連発。マルチ。4回チャンスメイク。7回は犠飛で追加点。
レアード4回レフトに先制1号2ラン。猛打賞で3打点。
安田サードで初スタメン。5回ファインプレー・守備で貢献。7回にタイムリーで初打点。6回レフト前ヒット。
藤岡5回レフト前流し打ちH。7回送りバント決めた。2回送りバント決めた。
松川好リードでゲームを作った。6回タイムリー、8回送りバント成功。
エチェバリア
平沢2回初ヒットが先制T・6回タイムリーで2打点の活躍。
山口6回内野安打
7回代走で2盗成功
和田康士郎7回髙部のゴロで3塁をオーバーランで戻れずアウト、もったいなかった。6回代走で2盗成功。
池田8回2ベース・プロ初ヒット。守備で中継ミスあり。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

2022年4月5日-6日
対日本ハム1-2:札幌ドーム
1勝1敗

MVPsを抜き出しました。(表の◎と〇と△を左から)

【投手】  ロメロ 西野勇士 廣畑敦也 益田直也 本前郁也 

【野手】  エチェバリア 佐藤都志也

詳しくは下記の記事をご覧ください。
ロメロ好投本前粘投-リリーフ陣好投-エチェバリア活躍-2022日本ハム対ロッテ1-2

選手名初戦2戦目MVPs
(投手陣) 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
ロメロ6回3安打無失点と好投。
本前5回6安打2HRの2失点
東條6回1イニング無失点。
小野7回1イニング無失点。
西野8回1イニング無失点。
ゲレーロ8回1イニングは好投。
9回デットボールで先頭出した。
国吉7回四球に暴投・内野安打で無死1・2塁のピンチ招く。
廣畑7回途中1イニング2三振無失点の好リリーフ。9回打たれピンチ拡大。
経験を積んだ。
益田9回1イニング無失点。
選手名初戦2戦目MVPs
(野手) 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
髙部4回フォークをセンターにタイムリー。マルチ9回レフトフライを捕球せずサヨナラ招いた。
藤原4打数無安打。
マーティン
佐藤都志也(捕手)マルチ・好調維持
7回2盗成功。
レアード
安田1安打。6回ファインプレー。
エチェバリア4回レフト前先制タイムリーマルチ7回同点タイムリー。2盗成功。
平沢4回バント失敗で送れず。
池田2回セカンドゴロ好プレー。
藤岡
山口航輝スタメンで1安打
松川
和田康士郎代走
9回チャンスにサードゴロ打ちダブルプレー。
調子上がらず
選手名初戦2戦目MVPs

2022年4月8日-10日
対オリックス:ZOZOマリンスタジアム
2勝1敗

MVPsを抜き出しました。(表の◎と〇と△を左から)

【投手】  石川歩  佐々木朗希  廣畑郁也  小島和哉

【野手】  レアード 松川虎生  マーティン エチェバリア

詳しくは下記の記事をご覧ください。
佐々木朗希完全試合達成-石川好投-マーティン1号-レアード松川活躍-勝越-2022ロッテ対オリックス1-3

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
石川歩8回4安打無失点と好投。安定度抜群。
小島7回3安打で3失点と粘投。
佐々木朗希完全試合」達成!!
NPB記録の13連続奪三振。1試合19奪三振のタイ記録。
◎◎
佐々木千隼9回1イニング無失点に抑えた。
鈴木昭8回登板もヒットと四球で満塁として、タイムリー打たれ1失点
廣畑8回1アウト満塁のピンチをダブルプレーに抑えた。
小野9回1イニング無失点。
益田
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
髙部7回2盗決めた。マルチ初回ヒット。
藤原足も使って猛打賞。
3回はセンターフライをナイスキャッチ。8回はセフティバントでチャンス拡大。
初回内野安打で出塁、2盗成功。チャンス拡大。
安田8回ライト前Hでチームバッティング。
佐藤都(ファースト)
7回ヒットでチャンスメイク。8回センター前タイムリー。
マルチ2打点。
(捕手)(ファースト)
レアード8回センタータイムリー。貴重な追加点。8回レフトにソロで2点目。マルチ6回タイムリー2塁打、貴重な追加点入れた。
マーティン1号先制2ランマルチ。初回ライトへ犠飛で先制。風無ければスタンドイン?
エチェバリア6回にタイムリー
2盗成功。マルチ。
平沢7回セカンドゴロを1塁に悪送球。
福田光輝セカンドスタメンもアピールできず。
中村奨吾3番セカンドでスタメン入り。
4回2塁打でチャンスメイク。
松川虎生石川を好リード。佐々木朗との息もピッタリ。完全試合達成を後押し。
6回は走者一掃のタイムリー2塁打
藤岡5回ショートゴロの処理・1塁へ悪送球。5回送りバント決めた。
和田康士郎代走2盗決めた。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

2022-開幕1巡-対E-H-L-F-B【5カードまとめ】

千葉ロッテの成績

13試合終了時点 パリーグ3位  7勝 6敗 引分 勝率:538

【パリーグ:部門別の順位】
打率235(1位)
本塁打5本(4位タイ)
盗塁20個(ダントツの1位)
得点(2位)
失点26(2位)
防御率1.65(1位)

防御率が1位なのは佐々木朗希や石川の無失点記録をみれば納得です。

打率の1位は少々意外でした。佐藤都志也・髙部ががんばっているからでしょうか。

盗塁は2位が楽天で9個なので、ロッテの意識の高さがうかがえます。

開幕6カードで活躍のめだった千葉ロッテ選手の皆様
(MVPsに登場した選手名です)

【投手】
石川歩  佐々木朗希   ロメロ  小島和哉  美馬学  小沼健太   石川歩   二木康太   佐々木朗希  益田直也   ロメロ  西野勇士  廣畑敦也  益田直也  本前郁也   石川歩  佐々木朗希  廣畑郁也  小島和哉  


【野手】
中村奨吾  松川虎生  山口航輝  髙部瑛斗  佐藤都志也   髙部瑛斗  佐藤都志也  福田光輝  マーティン   佐藤都志也   松川虎生  髙部瑛斗  レアード  平沢大河  藤原恭大 安田尚憲   エチェバリア 佐藤都志也   レアード  松川虎生  マーティン  エチェバリア

あくまで個人的な意見です。
*最後までお読みいただきありがとうございました。