左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
飛ぶカモメ2021

佐々木朗VS則本-レアード-岡マルチ-益田打たれ惜敗-2021ロッテ対楽天25


ZOZOマリンでの対楽天戦今季最終です「え~、はやい」と思う。
普段のシーズンならもう終わっているのにまだレギュラーシーズンの野球が見れている。一昨年からすると10月は遅いのだけれども毎日試合を追いかけているからシーズン終了は早く感じます。イベントも少なく個人の日々のルーティンが変わらないのもある。
今年オリンピックイヤー特有なのか・コロナ禍のせいなのか・不思議な感覚ですね。まだ暑い日も多いのでますます季節感が薄れているのもあります。




佐々木朗好投-荻野先制HR-レアード岡活躍も惜敗-ロッテ対楽天25




2021年10月7日(木)
ロッテ対楽天 25回戦 ZOZOマリン
2対 3  で楽天の勝ち
勝ち:宋  負け:益田




【試合展開】




試合は前の西武戦に続き、荻野隊長の先頭打者ホームランで始まりました。狙って打ったホームランでいつもながら見事、「ウキウキポーズ」で勢いがつきます。
佐々木朗は変化球を低めに集め無難にたちがる。2回鈴木大地にシュート回転ストレートをライトスタンドに運ばれて同点に追いつかれました。
その裏マリーンズ反撃、レアードが内野安打で出塁するとエチェバリアゴロで2塁へ、岡がレフトにタイムリー2ベースで同点に追いつきます。
4回楽天は、浅村がヒットM加藤パスボールで2塁へ進むと、島内がライト線に2ベースで同点に追いつく。




5-6回と両先発投手は調子をあげてきました。佐々木朗希毎回奪三振とストレートフォークのコンビネーションが絶妙。則本もストレートを内外角に投げ分けて変化球を低めにコントロールして三振を取ります。




佐々木朗好投、則本昂大好投でテンポがいい試合になりました。お互いに三振の取り合いでした。 則本のマーティンのインコース攻めも流石でした。足を痛めているのでインコースが有効なんですね。いいコントロールを持っているからできること、則本は7回5安打11三振2失点の好投。
佐々木朗希は7回先頭の茂木に2ベースを打たれると渡邉が送りノーアウト3塁の大ピンチも、落ち着いて後続を低めの変化球で空振りを奪いました。佐々木朗希は三振取るのが簡単に見えるのが不思議です。
などどゲームは三振も多くて楽しかったのですが、8回はレアードヒットで代走和田が1塁で盗塁狙うも、牽制に塁間で挟まれタッチアウトはもったいなかった。自軍の勢いを弱めるもので失くしたい。
9回にはクローザー益田がフォアボールから鈴木に送られて2アウトまでこぎつけるも、渡邊にレフトオーバーの2塁打で勝ち越しタイムリー打たれた、浮いたボールを痛打された。9回は岡がレフトフェンス直撃2ベースで出塁も得点できず敗戦した。もちろん普段結果を出している益田は責められない。
それよりもマリーンズの方に細かいミスが色々ありました。減らしたいものです。




*マーティンがもどりレアードとの2枚看板は相手投手にプレッシャーを与える。当然二人はマークされる。Mは他の打者で何とかしたいところだが、則本クラスが好投すると、3番中村奨吾・6番エチェバリアの中軸も簡単に打てない。荻野HR、レアードと岡だけが気を吐いた試合になった。佐々木朗希の好投に打線が答えられなかった。また佐々木自身もピッチャーゴロ送球ミスでの失点はもったいなかった。







マリーンズで良かった選手(MVPs)




佐々木朗希7回4安打8奪三振2失点の好投。ピッチャーゴロ悪送球で失点が残念。




・ 荻野が連夜の先頭打者ホームランで先制。




岡がタイムリー2ベースで同点打。9回にもフェンス直撃2ベースでチャンスつくった。マルチ。




レアードマルチ。チャンスメイク。




まとめ




荻野の先頭打者ホームランは素晴らしかった。思い切りのいいバッティングは観ていて気持ちいい。佐々木朗希と則本昂大の投げ合いもすばらしく、勝敗を除けば面白い試合だった。ただマーティンの三振4個はおかしい、彼の足に痛みがかなりあるのではないかと感じさせた。マリーンズの他の選手が打って得点が出来ていれば途中で引っ込むとか、代打での登場に限らせることも可能なはずで、そう思うと痛々しかった。(今日もファールが右足の甲に当たる場面もあり綱渡りが続いている)
M主軸打者の復調が待たれる。また「健康で元気があるはずの若手」に奮起をお願いしたい。今まで井口監督に育てられてきた能力を発揮するのは今なのだ。
*また攻守に細かなミスがありもったいなかった。オリックスなど上位と試合するときは注意したいものです。




佐々木朗希の投球は安定感がある。失点を少なくゲームを作る能力がある。テンポよく投げ込めるのは自信の裏返しだろう。いずれにしても最終盤にローテとして投げていくことになりそうなので、連勝していく上で大事なキーマンになることは間違えない。




最近の岡の攻守にわたる活躍が目立つ。彼の能力の高さは折り紙付き。本来のポテンシャルが出れば意外性もあり大きな戦力。起爆剤として期待したい。優勝目指すには“力のある中堅選手”が必要だ。




首位オリックスは日本ハムに勝ったのでゲーム差は1.5に開きました。
ホントに最近のオリックスは負けません。困ったものです(・_・;)。

*最後までお読みいただきありがとうございました。