左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
m4

岩下好投-安田2号HR猛打賞-唐川ハーマン土居で完勝-2021ロッテ対オリックス2


連日の引き分けで今日こそ勝ちたいところ。できれば先行逃げ切りでいきたい。先発の岩下も初勝利が欲しい。マリーンズは山口を外し菅野がスタメン。オリックスは先発からジョーンズを外してT-岡田を入れてきた。







2021年4月7日(水)
ロッテ対オリックス 2回戦 ZOZOマリン




9ー2 でロッテの勝利 
勝ち:岩下  負け:増井




【試合展開】




M先発は岩下、上々の立ち上がり。テンポよく投げ込みアウトに取っていく。一方増井も多彩な変化球で立ち上がる。先手はマリーンズ、1回裏荻野が2ベースで出塁しマーティン進塁打で2塁へ、安田がセンター前にタイムリーで1点取った。オリックス反撃は3回太田がレフトへソロホームランを打ち同点に追いつく。岩下の中速級がいい高さに入ってしまった。失投か?もったいなかった。




マリーンズは3回裏またまた荻野が2ベースで出塁、2打席連続ででるとマーティンがセンター前にタイムリーヒット打ち1点リード。




岩下の投球が凄かった。150Kのストレートがはしり、フォークも決まりテンポも良かった。7回途中まで2安打2失点に抑えた。増井もストレート・ツーシーム・カーブ・フォークと投げ分ける。M6回裏2アウトから鳥谷2塁打・田村ヒットの1・3塁から岡がタイムリーヒットで3点目。
7回も岩下続投、吉田・中川に死球で頓宮にヒットで1アウト満塁のピンチになる。ピンチに登板は唐川。BはT-岡田と厳しい場面でした。T-岡田に犠飛で1点。なおも2アウト1・2塁から代打伏見を遊ゴロにきって取った。唐川が最少失点で抑えた。
7回裏B鈴木からマーティンがライトへ5号ソロホームラン、さらに安田2ラン、藤岡2ランで4点。8回にも安田タイムリーで計9点入れた。
この後は8回ハーマン・9回土居のリレーという抑えの形も決まりマリーンズが快勝した。




マリーンズでよかった選手(MVPs)




岩下7回途中2安打の好投。




唐川7回1アウト満塁のピンチで見事な火消し、最少失点に抑えた。




安田先制タイムリーと7回ダメ押し2ラン・8回タイムリーでマルチ。チームを牽引した。




・マーティンマルチ、連夜の5号ホームランとタイムリー。




・荻野マルチ2塁打2本、切込み隊長健在!




藤岡2ラン、岡タイムリーヒットでアピール。




感想




岩下の好投が大きい。ゲームを優勢に進めることが出来た。 荻野が切り込み、安田のタイムリーヒットで答える。マーティンがリードを広げて、オリックスを突き放す。 ピンチに唐川が火消し。投手陣も答える。変わった選手が追加点をあげる。ハーマンが復調、最後土居が9回をしっかり締めた。M投手陣オリックスを2安打2失点とほぼ完ぺきに抑えた。
M2引き分けを挟んで4連勝、単独4位になった。




*マリーンズは先行・中押し・ダメ押しと教科書のような攻撃をした。
安田の先制タイムリー・マリン今季初ホームランがチームをけん引した。マーティンが中押しした。終盤安田が2ラン、岡タイムリー、藤岡2ランと追加点を加えた。4番安田が元気だとみんなに波及する。控え選手も活躍して首脳陣へ強烈にアピールした。




井口采配が的中した。控えの選手が活躍、攻撃に厚みがあった。
オリックスに2021ロッテの投手陣の強さ・打撃陣の選手層を知らしめた。