右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
高く舞い上がるカモメ01

荻野サヨナラ-佐々木朗希-石川歩好投-執念の勝利でマジック3-2021ロッテ対日本ハム22-23

千葉ロッテは残り6試合をマジック5で迎えた。まずは日本ハムとの2連戦からスタート。
20日井口監督は「6戦必勝」のため、岩下をリリーフ・ロングリリーフとして起用すると語った。岩下は力のあるストレートとフォークで勝負する投手。オリックスは関係ない、千葉ロッテは「一つ一つ準備して勝ちにいく」。

佐々木朗好投11奪三振-中村奨活躍-荻野サヨナラでマジック4-ロッテ対日本ハム22

2021年10月22日(金)
ロッテ対日本ハム 23回戦 ZOZOマリン
4 対3  でロッテのサヨナラ勝ち
勝ち:荻野  負け: 杉浦

【試合展開】

佐々木朗希は初回からストレートにキレがあってストライク先行、変化球も鋭く変化し打ち取った。配球も自在に3回までに5三振をとる投球は凄かった。

一方マリーンズの攻撃は、F河野から3回に岡がレフト前にヒットで出塁すると、藤岡がバスターエンドランのゴロで2塁へ送る。加藤が四球を選んで1アウト1・2塁とすると荻野のセンターフライで岡が3塁へ進み2アウト1・3塁のチャンスを作る。続く中村奨吾が河野のカットボールをとらえライトにタイムリー2ベースを放って2点を先制した。続くマーティンもカットを打つ、ライト線にタイムリーツーベースで3点目をいれた。打線が繋がった。中村奨吾がチームを鼓舞した。

佐々木朗は6回に杉谷・西川と連続でヒット打たれて1・2塁から加藤がパスボールで2・3塁に進まれる。1アウト2・3塁から近藤のセカンドゴロの間に1点返される。高濱がライトにタイムリーで2点目を取られた。
ファイターズ打者がカウント球のストレートを狙ってきた。

7回は国吉が登板。1アウト1・2塁のピンチを背負うもゼロに抑えた。8回は佐々木千隼が登板、1アウトから王にライトにツーベースを打たれる。2アウト後万波の打った「ファーストフライが風にあおられレアードが落とすエラー」で1失点し同点にされる。このエラーは痛かった。
9回は益田が登板してしっかりと3人をアウトにして、9回裏の見方の得点に期待した。

すると9回マリーンズはF杉浦から岡がフォアボール選び、藤岡がバントを三塁側に転がす、サードの谷内がフィルダースチョイスでオールセーフで1・2塁。加藤のバントを高濱が失策。1番荻野の前にノーアウト満塁の大チャンスをもらった。荻野が「ライト前にヒット」を放って3塁走者の岡大海をホームに返した、土壇場にサヨナラで勝負を決めた。
*9回相手のエラーに乗じてチャンスをモノにした。杉浦にプレッシャーをかけ「この1点をつかみとった」
マリーンズはマジックを「4」に減らした。

マリーンズで良かった選手(MVPs)

佐々木朗6回4安打11奪三振2失点の好投今回もプレッシャーのかかる中ゲームを作った。

・中村奨吾3回センターに先制のタイムリーツーベースを放った。チームを鼓舞。

荻野9回ノーアウト満塁の大チャンスに「ライト前にサヨナラヒット」を放った。「頼れる男」の一打が土壇場でチームを救った。

マーティン3回ライト線にツーベースで貴重な3点目をたたき出した。

岡マルチ。3回は先制のチャンスメイク。最終回は先頭フォアボール選んだのがサヨナラのきっかけ作った。

石川歩好投-田村-岡活躍-レアードHRでマジック3-ロッテ対日本ハム23

2021年5月23日(日)
ロッテ対日本ハム 23回戦 ZOZOマリン
3 対 2 でロッテの勝ち
勝ち:石川  負け:立野

【試合展開】

石川が前登板に続き好投を見せた。ストレートに伸びがあった。ツーシームで追い込み、シンカー・カットボールの変化球もコントロールよかった。5回はファイターズ上位を3者連続三振に取るなど凄かった。

F立野はストレートが決まりスライダー・スプリット・カーブがコーナーに決まりマリーンズ打線は序盤とらえられなかった。
しかし5回に藤岡がフォアボールで出ると、田村が甘いボールをレフトフェンス際まで飛ばし、タイムリー2ベースで先制。
6回はレアードが振り逃げで出塁後、エチェバリアがセンターにヒットでつくった2アウト1・2塁から、岡が甘いボールをセンターにタイムリーで追加点を奪った。レアードのホームに回り込んでのスライディングも良かった。
8回はファイターズ代わった井口からレアードがレフトスタンドに飛び込むソロホームランを打ち3点目をとった。変化球をうまくとらえた28号HR。

石川は中盤からギアを上げた。8回まで投げて4安打無失点は流石の一言。
9回はクローザー益田が登板。1アウト取ったまでは良かったが西川をフォアボールで出すと、いきなり西川に2盗決められて渡邊にレフトにヒット打たれ1アウト1・3塁、少し歯車が狂う。続く近藤にも詰まりながらもセンター前ヒット打たれ1失点、高濱にも低めを拾われてセンターへタイムリーヒット打たれ2点目とられた。
しかも1アウト1・2塁の絶体絶命のピンチ。がここからが益田の真骨頂だった。150kストレートがうなりをあげた。後続の万波・淺間をアウトにして1点差で逃げ切った。
マリーンズはマジックを「3」に減らした。

マリーンズで良かった選手(MVPs)

「石川歩」8回4安打6三振無失点の好投。ファイターズを黙らせた。

田村5回に先制のタイムリーツーベース。甘い球を良く飛ばした。マルチ。2回は杉谷の2盗を刺した。

岡が6回センターへのタイムリーヒット。勝負強く“貴重な2点目”を加えた。

レアード8回レフトスタンドにソロホームラン。前夜のお返し。

エチェバリア2回ランナー1塁の場面、杉谷のセンターへ抜けていくゴロを「スーパーキャッチ即バックトス」で、セカンドでアウト。ファインプレー!

益田直也投手が球団新記録の38セーブ目をあげた。『幕張の防波堤』と呼ばれた小林雅英さん(1999-2007)を抜いた。

2連戦まとめ

2021年10月22日~23日
ロッテ対日本ハム 22~23回戦 
対日本ハム戦を 2勝 0敗と勝ち越した。

感想

初戦は佐々木朗希の6回11奪三振の力投、2点は取られるもゲームをつくりリリーフ陣にバトンを渡す。佐々木千はエラーが絡んで同点に追いつかれたが最小失点に抑えると、最後は隊長「荻野」が鮮やかにライト前に流した、サヨナラHで決めた。*マリーンズらしい粘りで接戦を制した。
2戦目は石川歩が今シーズン一番の投球で熱投。ファイターズを黙らせた。打線は意外性の田村が先制すると岡が勝負強さを発揮。レアードが一発で3点差をつけた。しかし9回益田が近藤・高濱に連続タイムリーで1点差に詰め寄られる。しかしそこは益田、1アウト1・2塁のピンチから後続をきり同点逆転を阻止。「球団新記録の38セーブ目」をあげた。
*「レアードのソロHR3点目が効いた」、マリーンズにとってはヒヤヒヤする試合になった。

2戦とも接戦をものにしての勝利。ある意味マリーンズらしい(-_-;)。
ともかく勝てば過程は関係ない。チーム一丸でなんとか「マジックを3」に減らした。

25日はソフトバンク戦、ロッテの前にまたも千賀が立ちふさがる。オリックスも対楽天戦は山本を立てて必勝態勢。相手楽天は田中将大。両チームともに最終局面に入った。
パリーグは戦力が拮抗しているので優勝するのはホントに大変。
25日の試合でオリックスが楽天に勝利した場合、千葉ロッテが優勝する条件は、4試合を「2勝1敗1分け以上、又は1勝3分け」が必要とのこと。もし25日の試合をロッテが負けると、残り3試合は負けられなくなる。ソフトバンクに勝たないと厳しい状況に追い込まれるわけです。
*相手にとって不足はないですが‥。

*最後まで読んでいただきありがとうございました。