左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます

美馬粘投-佐藤-加藤-3連敗止めた-2020日本ハム対ロッテ16~18


ロッテ苦手の札幌ドーム、2017年2勝5敗、2018年3勝5敗、2019年は1勝8敗。大きく負け越している。今年はここまで3勝3敗、このカードで悪いジンクスを払拭したい。







2020年 9月 18日 (金)
日本ハム 対 ロッテ 16回戦 札幌ドーム




7 対 3 で 日本ハムの勝ち
勝ち投手:加藤  負け投手:中村稔弥




【トピック】
マリーンズ積極的にマルティネスを攻める。初回2アウト2塁から安田が先制タイムリー、3回表は角中ヒットで出ると、中村・安田四球を選ぶ。2死満塁からやってくれました。佐藤都志也が2点タイムリー2ベース。しかし3回裏中村稔弥がつかまった。1死1・3塁から松本がタイムリー、近藤タイムリーで同点、大田の2点2塁打で計5点を献上した。中村稔弥3回2/3を6安打5失点と急に乱れた。M打線は10安打打つも、中盤以降日ハムの継投にかわされた。
松本1号2ラン、松本・近藤マルチ。角中猛打賞、安田・菅野マルチ。*角中、安田が当たり始めたのは収穫、佐藤都志也チャンスに強い。




2020年 9月 19日 (土)
日本ハム 対 ロッテ 17回戦




3 対 1 で 日本ハムの勝ち
勝ち投手:有原  負け投手:石崎




【トピック】
石崎剛予定通り日本ハム戦に先発、立ち上がりフォアボールが多かった。ランナーたまり中田犠打で先制*石崎はヒット打たれておらず、粘られた上でのフォアボールで苦しんだ。3回82球三振5個とるも5四球で制球に課題が残った。
チェン6回ヒット2本と四球で満塁になり代わった東條が代打大田の2点タイムリーを打たれた。
日ハム先発は有原、121球8回5安打失点0と好投。前半はストレートの制球が不安定だったが変化球をコーナーに投げ分けてロッテ打線をかわした。そのうちにストレートの感覚を取り戻した。
ロッテは9回に日ハム宮西から1アウト2塁で清田がタイムリーで1点を返すのが精いっぱいだった。M序盤に有原を攻略したかった。




*日本ハム有原が粘りながら、後半調子をあげてMとらえきれなかった。有原は今季負けが先行する中「何とか勝ちたい」という気持ちが強かった。札幌ドームに8740人のお客さんが入り活気がもどるなか「ファンの拍手を味方にした」。




2020年 9月 20日 (日)
日本ハム 対 ロッテ 18回戦




3 対 5 で  延長10回ロッテの勝ち
勝ち投手:益田  負け投手:鈴木健
沢村初セーブ








【トピック】
初回日本ハムは美馬の立ち上がりを攻めた。1アウト1・2塁から中田に代わり4番西川が美馬のボールをレフト前に巧打、先制タームリーで4番の結果を出す。
日ハム先発は10日ぶり先発の金子、調子悪くなかったが、前回同様アクシデントで3回はじめに降板した。
3回和田ヒットで出塁も盗塁狙い1塁牽制でタッチアウト、盗塁決めたいところで、もったいなかった。*盗塁王争いだが、周東・西川がリード、少し離れて和田が追いかけている。
日ハム中盤の投手もしっかり投げM点が取れない中、6回2死1塁からイケメン捕手「佐藤都志也」がやってくれました。ライトスタンドへ目の覚めるようなライナーで飛び込む2号2ラン、追撃ののろしをあげました。
美馬も立ち上がりこそ点を許しましたが、以降立ちあがり8回まで辛抱のピッチング。しかしM打撃陣8回のチャンスをものに出来ず。




しかし9回ドラマがありました。ピッチャー玉井、2アウトランナー1塁絶体絶命の場面で、角中が粘って四球を選んだのが大きかった。次打者菅野の時、日ハム捕手清水のパスボールからの悪送球で3対3の同点になります。
延長10回に入り、先頭代打鳥谷の渋いレフト前ヒットから始まり安田四球のランナー1・2塁のチャンス、2アウトで加藤翔平が打席に、何としても打ちたい場面でファンの期待に応えた。左中間塀際へ完ぺきな当たりの3ベースを放ち2点を勝ち越した。チームが苦しんでいただけに、貴重な勝越し打だった。




*翔平ならではの打球。「シンに当たった時に外野の間に飛ぶ打球の速さ」「走塁のすばらしさ」はマリーンズで一番だと思う。綺麗なヒットもいいけど、ゴロヒットや詰まったヒットなど足を活かして率も上げてほしい。バッティングの幅を広げることが彼の特徴をもっと引き出すはず。相手チームが嫌がる詰まったヒットを2塁打にする「ミスター2ベース」になってほしい。




10回裏は井口監督から「セットアッパーを任せる」と言われている沢村。慎重になりすぎて、平沼・近藤・西川3人歩かせ満塁。最後は渡邉を内野ゴロに打ち取りゲームセットにしたが、ヒヤヒヤした。勝ちを強く意識したはずで実力者といえプレッシャーはあったはず。しかし今だまともには打たれていない、手にかかった時の低めのストレートの伸びは、伊良部を彷彿とする。どこまでのポテンシャルがあるのか楽しみだ。




マリーンズは9回の相手のミスを逃さず粘り強く戦った、土壇場で粘り3連敗しなかったのは大きい。




*シーズンの約2/3が終了した。首位ソフトバンクも楽天に負けたのでマリーンズは1.5ゲーム差で2位。選手を休ませながらマネージメントして戦っていく。どの球団も初めての9月10月で一層首脳陣の手腕が重要になる。




2結果-2020年 9月 18日~20日 (日)
日本ハム 対 ロッテ 16 ~18回戦




対日本ハム   1勝 2敗 ロッテ負け越し




まとめ




戦力が整備しつつある日本ハム、一方西武に負け越し打線が湿りがちなロッテとの対戦。
初戦2戦目とその状態を表したようなゲーム展開で、M3連敗の恐れも出ていました。3戦目は美馬に託されました。初回美馬の立ち上がりを攻めて3点。一方Mは相手の早い継投に球が絞り切れず、0が続きました。6回ランナー一人置いて佐藤都志也の追撃弾の2ランHRが大きかった。9回2アウトから角中が粘る、相手のミスもあり同点に。今年のマリーンズ、簡単にはあきらめません。気持ちはきれないまま、延長10回に加藤が勝越し打を打ち逆転勝利できた。加藤翔平、1軍へ上がってからは必死さが見えます。
そしてこの粘りも「佐藤都志也の闘志あふれる追撃弾」で1点差に追い上げているからで、新人に刺激を受けているのは間違えなさそうです。




今年のマリーンズ、まだ同一カードで3連敗していません。層の厚さが出来てきた、チーム力がついてきたことの現れだと思います。