左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
M0

美馬好投-荻野安田活躍-自力CS進出消滅ロッテ対ソフトバンク22~24


前カード優勝を決められてしまったソフトバンクが相手。しかし今は相手は関係ない。CS争いで西武に負けないためにも勝つしかない。




2020年 11月 3日(火 )『文化の日 』
ロッテ対ソフトバンク 22回戦 ZOZOマリン




3 対 4 で ソフトバンクの勝ち
勝ち投手:バンデンハーク  負け投手:石川




【トピック】
ソフトバンクには西武に勝越した勢いが残っていた。ロッテも出足良かったが、ソフトバンクにひっくり返されS勝利の方程式の餌食になった。
石川無難な立ち上がる。M攻撃陣はバンデンハークの初回立ち上がりを攻め、1番荻野2ベース、角中が送り1アウト3塁から清田が7号2ランで先制。4回には藤岡がレフトスタンドへ3号ソロで3点目。




石川は5回まで2安打に抑える完ぺきな投球でした。しかし石川の6回投球前、5回裏ロッテ攻撃2アウトランナー無しで、西日がきつく中断があった。(この西日による中断の影響が6回の石川の投球リズムに影響があった?)




石川6回中村晃・柳田にヒットで1・2塁に、2アウトにするも、明石に2点タイムリー2ベース、続く栗原に同点タイムリーと崩れた。石川投手6回2/3で7安打、6回はもったいなかった。投手交代で唐川にスイッチするも、2アウト1・2塁からタイムリー打たれ逆転を許した。その後終盤は両チーム投手陣がしっかりと抑えてソフトバンク勝利。Mが先行する展開だっただけに勝ちたかった。
清田7号2ラン、藤岡3号ソロ。荻野・清田・藤原マルチ。明石マルチ。




*西武が日本ハムに勝利したため、2位ロッテは西武に追いつかれた。
*ソフトバンクはロッテに逆転勝ちで6連勝。ロッテとは対戦成績は10勝11敗1分と負け越し1つまで接近、残り2試合勝利すれば完全優勝達成。




2020年 11月 4日(水 )
ロッテ対ソフトバンク 23回戦




0対 2 で  ソフトバンクの勝ち




【トピック】
また・また・またチェン・ウェインを援護できなかった。相手が千賀では仕方ないけれども、チェンがかわいそう。
千賀のナイスピッチングにつきる。8回2安打1四球無失点と完璧だった。ストレート・フォーク・カットボールなどコーナーに決めた。三振抑え気味にM打線にゴロ・フライを打たせアウトの山を築いた。9回は守護神の森が締めてマリーンズを完封した。
一方チェン・ウェインも2回にデスパイネに6号ソロ、4回には栗原に17号ソロを打たれるものの、6回96球6安打2失点に抑えた。ストレート・チェンジアップなどコントロールよく落ち着いたピッチング、集中打を浴びることもなかった。
Mは7回小野8回東條9回フローレンスと、しっかり0に抑えたが、打線の反撃がなかった。千賀の立ち上がり2アウト3塁が唯一の得点チャンス、ものにして流れを作りたかった。
デスパイネ6号ソロ、栗原17号ソロ、周東猛打賞。デスパイネマルチ。
*Mは荻野と菅野、2安打のみ。安田選手この試合から打順が9番になった。




*マリーンズこの敗戦でCS自力での進出が消えた。対ソフトバンク、1試合を残し11勝11敗1分けの五分になった。また西武が日本ハムに勝利してマリーンズは3位に転落した。




*4日マーティン負傷中の左足首の治療のため米国に一時帰国。来年も契約(2年)との報道あり。

*3回にソフトバンク千賀投手「通算1000奪三振」達成。
855回1/3での達成は、近鉄の野茂を越えてパリーグ最速。初めての三振は2012年4月30日QVCマリン対ロッテ6回戦で里崎から奪ったもの。




【M戦力外選手】
ロッテ球団は、細川亨捕手、内竜也投手、細谷圭内野手と来季の契約を結ばないことを発表した。




2020年 11月 5日(木 )
ロッテ対ソフトバンク 24回戦(最終戦)




6対 1で ロッテの勝ち
勝ち投手:美馬  負け投手:東浜




【トピック】
美馬が無難に立ち上がるも、3回2アウト1、2塁から自身のピッチャーゴロ悪送球で1点を先制される。しかしこの後美馬に動揺は無かった。スライダー、フォークが冴えてソフトを抑える。
美馬の好投に打線も答える。5回井上・藤岡連続ヒットで2アウト1・ 2塁から安田が「気持ちで」左中間2点タイムリー2ベースを放つ。藤岡もナイススライディングでホームに戻った。




M6回は2アウト満塁から藤岡が押し出しフォアボールを選び1点追加した。これが大きかった。8回には荻野が2アウト満塁から2点タイムリー2ベースを打って試合を決めた。
美馬7回⅔を4安打1失点。プレッシャーがかかる試合、球数も少なく素晴らしい投球をした。荻野、清田マルチ。柳田マルチ。
*久々の快勝「逆転のロッテ」、ナインに笑顔が戻った。




*ロッテはソフトバンクとの対戦成績を12勝11敗1分で勝ち越しした。
*西武は試合無かったので、2位とは0.5ゲーム差になった。




結果-2020年 11月 2日~4日 (木)
ロッテ対ソフトバンク22~24回戦




対ソフトバンク  1勝 2敗 ロッテ負け越し




【トピック】
初戦はリードして形をつくるも、好調ソフトバンクに石川が崩れて逆転負け。2戦目はチェン・ウェインが好投するも、最近調子がいい千賀の前に沈黙した。初戦・2戦目落として、ホントに崖っぷちになった。
しかし3戦目今年から移籍してきた美馬がプレッシャーをはねのけ勝利。打線も清田・荻野・井上・藤岡が復調しつつある。安田も打順に関係なく「気持ち」で打った。チームに笑顔が戻ってきた。
残り3試合、負けられない試合が続く。先発陣は堅調、益田が戻ってきた。CSにこだわることでAクラスを死守したい。




まとめ




コロナ禍で選手が離脱して以来、主軸が戻ってきても「千葉ロッテらしくない」のが気になっていた。最近のロッテは「今年パリーグに新しく参加して、まだ力が出せなくて空回りしている球団」というチームに見えていた。




振り返れば、ロッテは歴史的に下剋上や連敗など変わった記録を持つ。不運にも2020その伝統が守られてしまった。優勝争い中にコロナ禍受ける、層の薄さという弱点が露呈、復帰後もチーム編成に苦しむ。
誰もが「ロッテの2020はこれで終わり」と思っていた。しかしソフト最終戦では打線が活躍して以前に戻りつつある。

土俵際に来て「意外性」が戻りつつあるのだ。
『逆転のロッテ』で走り続けた2020。最後の3試合は、落ちるとこまで落ちたマリーンズが、『意外性のロッテ』を発揮するかどうかにかかっている。
決して底力ではない。「意外にしぶとい力」であり、ロッテが本来持っている「メイクドラマの力」だ。
今その「意外性の登場」を全国のマリーンズファンが固唾をのんで待っている。