右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
飛ぶカモメ2021

小島被弾-河村粘投-美馬被弾-佐藤都安田菅野が意地見せた-1勝2敗-2022西武対ロッテ6-8

対西武戦は3勝2敗とここまで互角の戦い。
がライオンズは山川の調子が戻り一発の怖さも出てきた。
マリーンズ打線も外国人頼りから脱却するターニングポイントになるか。
髙部が好調、山口航輝・福田秀平らも活躍。安田・藤岡らが戻ってきて、そろそろ打線の形をつくりたいと思うだが‥。
*初戦のスタメンにはレフト4番で山口航輝、ファースト6番で佐藤都。サードは7番安田が入った。

2022年5月3日(火)
西武対ロッテ 6回戦 ベルーナドーム

4 対 2 で西武の勝ち
勝ち:佐藤  S 増田  負け: 小島

先発小島は前登板も粘りの投球。
打線の援護で初勝利をつけたいところ。

小島立ち上がりから乱調。
初回ヒットで出塁されると、デットボール四球で2アウト満塁のピンチを背負う。
なんとかゼロに逃れもののストレートのきれが今一つだった。

マリーンズ打線もL先発佐藤を積極的に攻めた。
しかし初回1アウト1・2塁も山口・安田が凡退。

3回佐藤が2アウト3塁からタイムリーヒットで先制。

小島3回ランナー1アウト1塁のピンチで山川に2ランを打たれ逆転された
早く追い込んだがフルカウントからインコース甘めのボールをレフトスタンドに運ばれた。
続いてヒット、松川パスボールで2アウト2塁からタイムリーで3点目を取られる。

4回はエチェバリアがタイムリーで1点差になる。

小島3回の3失点だけだった。他の回は粘って抑えただけに山川への一球が残念だった。

同点に追いつきたいマリーンズ打線だったが、
上位は出るがクリーンナップが決められない。
今一つかみあわなっていなかった。
初回・3回・4回と攻めあぐねた。
8回は田中靖が暴投で1失点とミスもあった。

期待の若手安田が空振った。4番山口・5番安田がブレーキになった。

西武のリリーフ陣を打つことが出来ず敗戦した。

【試合を決めた3つのポイント】

①小島6回7安打3失点。
デットボール2個など制球に苦しんだ。
3回山川への失投が悔やまれる。
我慢の投球を続けたが打線の援護もなかった。

打線がL佐藤から得点するも、チャンスにあと一本が出なかった。
上位でチャンス作るも、4番山口と昇格の5番安田にヒットなし。
中村奨吾も5回Hで出塁するがライトフライ戻れずWプレーなどちぐはぐだった。

③Lリリーフ本田・平良・増田の継投にかわされた。

2022年5月4日(水)
西武対ロッテ 7回戦 ベルーナドーム

5 対 7 でロッテの勝ち
勝ち: 河村  S益田   負け:松本

河村が今季初登板、昨年終盤の経験が1軍の場でいきるか、注目のマウンド。
2番センターで和田・6番ライトで菅野がスタメン。打線は安田・山口に注目。

河村は初登板だが無難に立ち上がる。
ストレート・スライダー中心に打ち取っていく。
フォークが決まらずに苦しんだ。

M打線は初回からL松本を積極的に攻めた。
松本がストライク先行でカットフォークを投げて抑えにかかるところ。

初回髙部がフォアボール選ぶ。
和田がライトにヒットでノーアウト1・3塁のチャンスつくると、和田が2盗成功。

1アウト後に佐藤都が2点タイムリーで先制。
山口航輝もヒットでつなぐと菅野もタイムリー。
レアードもレフトにタイムリー、安田もタイムリーで5連打の5得点。

3回にも安田・エチェバリアがタイムリーで2点追加。

河村は4回まで好投も、5回にヒット四球だして2アウト1・2塁とされる。
つづくオグレディ・外崎・山川にタイムリーをうたれて4点失う。

マリーンズは6回から継投へ。
小野・東條・西野・益田のMリリーフ陣が踏ん張った。
特に6回の小野は三者三振に切って取る素晴らしい投球。
ストレートスライダーが良かった。
4人のリレーでリードを守り切った。

*河村が5回に集中打をあびて4失点もゲームを作り勝利した。

安田・菅野もタイムリーでマルチと存在感を出した。
初回佐藤都の先制点が大量点へのきっかけになった。

【試合を決めた3つのポイント】

河村今季初登板。
5回6安打3四球4失点と苦しい投球も踏ん張った。

佐藤都が初回先制の2点タイムリー。勝負強さは健在。
和田・菅野・安田が活躍。

積極的にしかけて、L松本を攻略した。

小野・東條・西野・益田のMリリーフ陣が踏ん張った。
特に6回の小野の投球が良かった。

2022年5月5日(木)
西武対ロッテ 8回戦 ベルーナドーム

7 対 0 で西武の勝ち
勝ち: 與座   負け:美馬

レアードをスタメンから外した。指名打者には山口航輝。

美馬は2回のピンチも三者三振にきり取るなど無難に立ち上がるも
3回は金子に2塁打を打たれると源田に先制タイムリー。ボールが高かった。

美馬は6回は2アウト取るも、外崎に2ベース打たれると山川敬遠、
1・2塁から中村剛也に失投を3ランホームランされた。

M打線は與座のコントロールのいい投球に凡打を繰り返した。
與座の左右コーナー・球の高低に対応できなかった。

Mは6回エチェバリアが内野安打、髙部がセンター前ヒットで和田が送りバント成功。
1アウト1・2塁のチャンスをつくるも、中村奨吾・佐藤都が得点に結びつけれらなかった。

8回には東妻からヒット暴投犠飛で1点追加される。
つづいて山川に真ん中高めの失投をレフトにソロHRされた。
さらに藤原のエラーもあり失点、試合を決められてしまった。

*西武は投打がしっかりとかみ合った。
山川・中村剛也がチャンスに決められるのは強み。

M打線はL與座のリズムをくずしたかった。

【試合を決めた3つのポイント】

M打線はL與座の好投の前に打たされた。
6回4安打無失点と打てなかった。
L継投に完封負けと精彩を欠いた。

美馬6回5安打4失点と要所での制球が今一つ
中村剛也に一発浴びたのが痛かった。

③スタメンからレアードを外すが、引っ張る選手が出てこない。
貧打で作戦も立てられなかった。

マリーンズで良かった選手(MVPs) :カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
小島6回7安打3失点。
河村5回6安打3四球4失点と苦しい投球も初勝利。
美馬学6回5安打4失点と今一つ。
小野7回1イニング無失点。6回三者三振
田中靖8回1イニング暴投で1失点。
東條7回1イニング無失点。
西野8回1イニング無失点。
小沼7回1イニング無失点。
東妻8回1イニング3失点。ボールが甘かった。
益田9回1イニング1失点に抑えた。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
髙部マルチ。3回2盗失敗。
和田康士郎初回ヒットで2盗成功。
中村奨吾四球選んでつなぐ。
5回ヒットで1塁に出塁もライトフライ戻れずWプレー。
佐藤都3回先制タイムリー。マルチ
初回盗塁決めた。
初回先制の2点タイムリーは流石。
山口航輝4-0
菅野初回タイムリー。マルチ。
安田4-0初回3回タイムリーでアピール。
レアード
福田秀平代打
松川
エチェバリアマルチ。4回タイムリーヒット。マルチ。
小川9回四球選んで2盗成功。
和田康士郎6回送りバント成功。
藤原代打。
8回センターへのヒットを悪送球。
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

3連戦まとめ

2022年5月3日~5月5日
西武対ロッテ 6-8回戦
対西武 1 勝 2 敗 ロッテこのカード負越した。

【トピック】

初戦は小島が乱調。山川に2ランがもったいなかった。
高さがベルトとはいえインコースをうまく打たれた。
続いて2アウト後L山田にもインコースを打たれ追加点とられた。
決めにいったストレートを狙われた可能性もあった。
*一昨年の小島の投球になってしまった。

同点に追いつきたいマリーンズ打線だったが、先頭打者出してもランナーをセカンドに進めることが出来ない。
上位は出るがクリーンナップが決められない。今一つかみあわなっていなかった。
3回4回と最低限の点しか得点できなかったのが惜しまれる。
安田はボールを追いかけるようなバッティングをしていた。
積極的な姿勢は見えたが‥。

*山口・安田がブレーキになったので奮起を期待したい。

2戦目は2軍で結果を出した河村が初登板。
久々の1軍にもかかわらず落ち着いた立ち上がり。

M打線は初回から髙部和田でチャンスつくると佐藤が2点タイムリー。
この後山口航輝・レアード・安田にもヒットが出た。
5連続タイムリーで合計5点を取った。

河村は5回連続ヒットで4点を取られたが、Mリリーフ陣が6回以降ゼロに抑え河村に今季初勝利をプレゼントした。

打線はスタメンの和田・菅野が結果を出した。
安田もタイムリーでマルチと奮起した。
リードを守り切って勝利したのは良かった。

積極的にランアンドヒットを使うなど相手投手を攻め続けた。
特に髙部・和田の1・2番コンビは相手投手にプレッシャーを与えた。

3戦目は美馬が丁寧に投げる。ライオンズ與座も良かった。
まずは打線が先制点を取ることで、美馬に・チームに勇気を与えたかったが、ヒットもままならない。
美馬が6回ランナー背負って中村剛也に失投をホームランされた。

打線は與座のペースをくずせない。
点が取れない状況では美馬も踏ん張り切れなかった。
リリーフ陣も山川に被弾し追加点を取られた。
西武らしさ全開、大差で勝負を決められてしまった。
現状のマリーンズはリードされると逆転する力が足らない。

【感想】

打線の中に目立って調子のいい選手が見当たらない、出てこない。
マーティンの2軍調整は続く。
ゲームチェンジャーであるレアードも3戦目はベンチスタート。
ますます一発が期待できない‥。

その中で佐藤都の勝負強さは健在。
ムラはあるが山口・和田・安田・福田秀平らの活躍もあった。

ほぼ和製打線で戦わなければいけないので、「この1点をとりにいく」気持ちをもってしぶとく戦いたい。

6日は佐々木朗希先発試合。千賀の先発も発表されているので接戦は必至。
まずは先制点がとれるかどうか。

前回の佐々木朗登板試合は、朗希の快投をみていながら、彼の頑張りに応えることができなかった。
前例のない記録達成を目の前にして、日ハム投手に対して沈黙。“1点も取れない敗戦”は記憶に新しい。
その悔しさを晴らしてほしい。

*相変わらずマリーンズ打線に形が無い。
助っ人頼みから脱却すべく取り組んできた「1点をとりにいく」作戦も、昨年のメンバーでのこと。
今年は助っ人など調整遅れが目立ち、新人を試すこともあり固定メンバーが組めないことに。
(起用は監督の好みもあるのだろうが‥)
シーズン序盤から日替わりスタメンで、ベテランは調子に乗れず責任のみがのしかかる。
若手野手も自分の形を確立しているわけではないので、実力本位と言われても焦るだけ。

結果誰もが不完全燃焼で、機能不全に陥っている?
打線の不調がM投手陣にマイナスの感情を与えないことを祈りたい。

前回の佐々木朗登板試合は、朗希の快投をみていながら、彼の頑張りに応えることができなかった。
前代未聞の記録を目の前にして、日ハム投手に対して沈黙“1点も取れない敗戦”は記憶に新しい。
その悔しさを晴らしてほしい。

*最後までお読みいただきありがとうございました。 (個人的な意見です)