右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
高く舞い上がるカモメ01

打順きまった-山口航輝2HR-レアード安田佐藤都活躍-石川ロメロ益田好投-3連勝-2022ロッテ対中日1-3

ロッテの2022セパ交流戦は5勝7敗の同率8位。
中日の2022交流戦は7勝5敗の同率3位(6月9日終了時)。
残りは中日とDeNAとの2カード。
久しぶりホームでDH制に戻ります。
レアード・マーティンに当たりが出て調子は上がる。
なんとか中日に勝越したいものです。

2022年6月7日(火)
ロッテ対中日 1回戦 ZOZOマリン

6 対 2 でロッテの勝ち
勝ち:石川    負け: 小笠原

石川は序盤からヒット打たれ苦しい立ち上がり。
ストレートの制球が今一つで2回はノーアウト満塁になるも無失点に抑える。
このあとも再三ランナーを出すが得点は許さなかった。
カーブスライダーなど低めに決めてしのぎます。

しかし6回マルティネス・ビシエドに連打で先制点許すと、
鵜飼にセンターにタイムリーで2点取られた。

D小笠原も変化球がきれていた。
チェンジアップ・スライダー・ナックルが良かった。
5回まで3安打無失点と抑えられていたマリーンズでしたが、
6回中村奨佐藤都が連打で2アウト1・2塁のチャンスつくる。
ここで安田の代打で山口航輝が登場。
航輝が思い切りよく振りぬくと左中間に飛び込む3ランホームラン。
起死回生の逆転ホームラン!!

ボールを呼び込めた・プレッシャーを跳ね返す凄い当たりだった。

7回途中1アウト3塁の場面で東條が登板。
福留・ビシエドという嫌なバッターを三振に切って取る圧巻の投球。

スライダーが鋭く変化した。

8回は中村奨が小笠原のチェンジアップをとらえてヒットで出塁。
送りバント成功で2塁に進めると相手田嶋の暴投を誘う
レアードフォアボール代走和田が2盗成功。小川の打席で打撃妨害もあり満塁のチャンス。
2アウト満塁からエチェバリアが走者一掃の2ベースを放ち3点追加。中日を突き放した。
甘いボールをうまく右中間に流した。
しぶとい攻撃が見えた。

8回はゲレーロ・9回は西野が好投でゼロに抑えゲームセット。

*先発が好投し、中盤逆転すると小笠原をとらえてダメ押し、最後はしっかりとリリーフ陣が抑える。
M勝ちパターンで快勝した。

2022年6月8日(水)
ロッテ対中日 2回戦 ZOZOマリン

9 対 6 でロッテの勝ち
勝ち:美馬  S益田   負け:鈴木

美馬は初回マルティネスを出すとビシエドにレフトに2ランで先制される。
このカードD3-4番コンビ調子いい。

Dは先発鈴木。
Mは制球に苦しむ鈴木を攻めた、打線上位が起点をつくる。
初回髙部が四球選ぶとマーテインがヒットでつなぐ。
佐藤が四球選んで2アウト満塁からレアードが犠飛で1点返した。

3回は中村奨吾が四球選ぶと佐藤都がライトへヒットで1アウト1・2塁に。
レアードがレフトに詰まりながらもタイムリーを打って同点。
安田が左中間へ2点タイムリーツーベースで勝ち越した。

高めのボールをとらえた。

美馬は2回以降粘り強く投げた。

マリーンズは攻撃の手を緩めない。
4回は髙部が四球選ぶとマーティンが2ベースで1アウト1・2塁。
中村奨吾がレフトにタイムリーで2点追加し計6点に。

6回美馬はマルティネスに2ラン打たれて2点差に。
ここで小野が登板、ランナー1人いる場面で後続を抑えた。

7回は東條が3安打で2失点とられ2点差に詰め寄られるが、
その裏にマーティンがライト線に技有2点タイムリーで突き放した。

美馬5回1/3を6安打。
4失点はドラゴンズの助っ人2人のHR打たれたもの。
粘り強く投げて最低限の役割を果たした。

終盤は8回ゲレーロがランナー出すも抑える。
9回は益田が無失点に抑えてマリーンズが勝利した。
連勝してカード勝ち越しを決めた。

上位打線が起点をつくれている。相手のミスに乗じて得点につなげた。

2022年6月9日(木)
ロッテ対中日 3回戦 ZOZOマリン

3 対 0 でロッテの勝ち
勝ち: ロメロ S 益田   負け:鈴木

ロメロはストレートに力があり、ストライク先行で攻められた。
外角にスライダーも決まる。

D先発松葉は多彩な変化球を武器に、
低めにコントロールして打ち取る。

先制したのはマリーンズ。
2回山口航輝が高めストレートをよくたたいた。
左中間に滞空時間が長いホームラン。完璧だった。

7回はレアードがライトにヒットで出塁すると代走和田が登場。
山口航輝がサードへ内野安打で1アウト1・2塁のチャンスから、
荻野がセンターへ技ありタイムリーで2点目を入れた。

荻野の勝負強さは待ちに待っていたもの。
これが今まで欠けていた決定力だ。

ロメロは味方の好プレーにも助けられた。
捕手佐藤都が2塁への盗塁を4回6回の2度刺した。
山口航輝が7回1塁ライナーを横っ飛びで好捕。

ロメロ8回ピンチもストレートで押した。
落ち着いて抑えて5安打無失点の好投は素晴らしかった。
9回は益田が登板しっかりと抑えた。

少ないリードをまもり完封勝利。

*ロメロが長いイニングを投げて、
中継ぎリリーフ陣を休ませることもできた。

マリーンズで良かった選手(MVPs) :カード成績を勝手に評価

選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(投手陣) 〇△▲ 〇△▲ 〇△▲ ◎〇△
石川6回1/3を11安打も2失点に抑えた。
美馬5回1/3を6安打4失点。
ロメロ8回5安打無失点の好投。
小沼
小野
東條7回の2/3を無失点の好投。反撃を断った。7回1イニング2失点。
ゲレーロ8回1イニング無失点。8回1イニング無失点。
西野9回1イニング無失点。
益田9回1イニング無失点。 9回1イニング無失点。
八木
選手名初戦2戦目3戦目MVPs
(野手)〇△▲ 〇△▲ 〇△▲◎〇△
髙部6回サードへセフティバント決めた。
マーティン6回ライト線へ2点タイムリー。3安打。
中村奨吾マルチ。4回レフトに2点タイムリー。8回2盗成功。
佐藤都(4一)
4回2盗成功。
6回チャンスメイク。
8回送りバント成功。マルチ
(4一)(4捕一)
4回6回セカンドに好送球で2盗を刺した。
レアード(指)(指)
初回レフトに犠飛。
3回レフトに同点タイムリー。
(指)
安田(6
3回勝越し2点タイムリー。
(8三)
荻野(7左)7回レフトフライをファインプレー。
7回裏センターへ犠飛。
(7左)
7回センターにタイムリー。貴重な追加点。
エチェバリア8回走者一掃の2ベースで貴重な追加点。
3安打で猛打賞。
松川(9捕)
3回送りバント成功。
山口航輝代打6回逆転の3ラン。(6一)
2回先制ホームラン。マルチ
三木7回送りバント成功。
角中代打代打
和田康士郎8回代走で2盗成功。8回代走で2盗成功。代走
小川代走
加藤匠
選手名初戦2戦目3戦目MVPs

3連戦まとめ

2022年6月7日~6月9日
2022ロッテ対中日 1-3回戦
対中日 3 勝 0 敗 ロッテこのカード3連勝した。

【トピックと感想】

初戦は頼れる石川歩が登板も、コントロールに苦しんだ。
ピンチをしのぐも6回にビシエドのタイムリーなどで2失点するも、
その裏2巡目に入っている打線が小笠原をとらえた。

6回に代打登場の「山口航輝が3ラン」で逆転。
ベンチの期待の応えた、素晴らしい一打。
「とられたら取り返す」久々にマリーンズ魂がみられた。

(もっと出してあげたいものです。)

8回は上位が出塁するとエチェバリアが3点タイムリー、甘い球をとらえた。

4番佐藤が2盗成功。送りバント成功と、つなぎの役目を果たしチームに貢献。
7回途中ピンチの場面で東條が好リリーフ、素晴らしかった。

両助っ人は不調でしたが、エチェバリアがタイムリー。
6回8回日本人プレーヤーがしぶとく繋いでの得点は、うれしい事件でした。

2戦目も、初戦同様に先制された直後に追いついた。
安田が追い込まれながらも左中間に打ち抜いた。
大きな勝ち越し打だった。
M上位がつながり得点に結びつけた。
相手のミスにも乗じて得点できた。

6回差を詰められた時もマーティンが技有タイムリーで突き放した。
相手の攻めをそぐような追加点が素晴らしかった。

3戦目は、ロメロが自己最長の8回をなげて無失点の快投。
打線も山口が集中、高めをホームランでしとめた。
山口は「自分の形で打てた」と語った。
少ないチャンスを荻野が決める。
勝負強さもみられた。

守備では佐藤都・山口航輝らが好プレーでロメロをバックアップした。
接戦勝利は投打がかみ合ってこそ。
一戦ごとにチーム状態があがってきた。
投打の信頼関係は良くなるばかりだ。

嬉しい。まさかの3連勝!!

これで交流戦は貯金が一になった。

【打線に粘り】
助っ人の復調にくわえて、荻野の復帰
日本人プレーヤーもタイムリーが出始めた。
相手投手にプレッシャーをあたえ四球もとれるようになった。
先発投手が点取られてもすぐに追いつく、そして逆転。
打線に昨年の粘りが出てきた。

【若手がチームを引っ張る】
山口航輝が嬉しい逆転3ラン。
安田も勝越しタイムリーで続いた。
そして山口が先制ホームラン。

荻野も戦列復帰で打順が落ち着いてきた。

対ドラゴンズ戦はマリーンズの良いところが出た。
プラスしかなかった。

相手がいやがるしぶとさが戻りつつある。
選手個々の役割意識と粘りがもどれば、相手にとってはやっかいな打線。
先発投手にもいい影響が出てくるはず。

後は上に上がるだけだ。

*最後までお読みいただきありがとうございました。