左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
ZOZOマリンスタジアム05

2019ロッテ対楽天25+オリックス対ロッテ24-25-則本が壁3連敗

2019年9月19日(木)
ロッテ 対 楽天 25回戦 ZOZOマリン
0対2 で楽天の勝ち


zozomarin05.JPG
楽天との最終戦、直接対決です。
クライマックス出場のためには大一番です。

『またもロッテの前に則本昂大投手が立ちふさがります』
前回無安打無得点試合をやられているのでお返ししたいですね。

先制は楽天、1回の裏1アウトランナー2・3塁から銀次がセンター前タイムリーヒットで1点入れます、銀次バットに乗せるようなテクニック。9回にはピッチャー岩下さんから楽天2アウトランナー2塁から島内さんのタイムリーで2点目をとります。

ロッテの攻撃ですが、則本さんの前に少ないチャンス、6回の裏ランナー鈴木大地さんが盗塁を試みるもアウトになった場面、打者がレオネス・マーティンさんだっただけにもったいなかった。

則本さん8回3安打5奪三振失点0、ストレートが走り変化球も低めに決まっていました、狙い球を絞らせなかった。捕手と連携してクレバーなピッチングでした。
9回は松井裕樹さんがしめました、外角にストレート走ってました。
結局2人のリレーでロッテに完封勝利、2塁を踏ませませんでした。

ロッテ先発小島和哉さん立ち上がりこそ1点取られますが、そのあと丁寧なピッチングで5回を3安打1失点とねばりのピッチングでした。四球が5と多かったのが課題でしょうか。

『しかし痛い負けでした』
次が苦手オリックス、というのも勝負のあやを感じます。

いずれにしても残り5戦全勝するつもりで頑張ってほしい、千葉ロッテマリーンズ!!!


2019年9月20日(金)
オリックス 対 ロッテ 24回戦 京セラドーム大阪
11対8 でオリックスの勝ち

ロッテが先制攻撃します。オリックスは先発K-鈴木(鈴木康平)さんです。
1回表、2アウトからマーティンがフォアボール、井上晴哉さん四球選んで2アウト1・2塁から角中勝也さんがライトスタンドへ3ランホームランを打ちこみました、ロッテ先制0-3!!
続く中村奨吾さんもソロホームランを打って0-4、1回からホームラン攻勢成功。


しかしその裏オリックスは、ロッテの先発ボルシンガーさんに襲いかかります。
1アウト後福田周平さんフォアボール、吉田正尚さんヒットでランナー1・3塁からロメロがサードへのタイムリー内野安打で1点返します。その後満塁になり西浦颯大さんにランナー一掃のタイムリー2塁打を打たれてしましました。4-4の同点に追いつかれた。

ロッテたまらず2回裏、投手を大谷智久投手に代えます。
しかしオリックスの攻撃はとまらない、若月さんがフォアボール、福田さんがヒット、吉田さんがフォアボールを選び満塁に。ロメロさんに犠牲フライを打たれ勝ち越しを許しました。モヤさんにもタイムリーをうたれ6-4になります。

6回裏ロメロの2ランなど3点を追加され、9-4と引き離されました。
ロッテも7回に2点、8回に相手エラーもからんで2点を加えて9-8と1点差まで追い詰めます。
しかし8回オリックスに2点入れられ、押し切られました。

『マリーンズ痛恨の連敗!!!』

痛い(>_<)を通り越してしまいました。自力でのクライマックス進出をオリックスに阻止されました。(負けは悔しいですが、まだ可能性は0ではないので冷静になって明日仕返ししましょう)

楽天が今日負けましたが、マリーンズも負けたので状況は変わりません。明日の試合からが勝負です。

2019年9月21日(土)
オリックス 対 ロッテ25回戦 京セラドーム大阪
3対1 でオリックスの勝ち

帰ってきた西野勇士さん今回も6回6安打4奪三振失点3と、苦しいながらゲームは作っていましたが、打線がそれに答えられませんでした。

先制したのはオリックス3回の裏です。
西浦さん2塁打、安達さんもロッテ井上さんのエラーで出塁、ランナー1・3塁から若月さんがタイムリーヒットを打ち1点。続く宗さん送りバントでランナー2・3塁から福田さんが犠牲フライをうち2点目をいれます。
4回にもロメロさん2塁打で出て、モヤのフライで3塁へ進塁、19年ドラ⑦中川圭太さんがタイムリーヒットを打ち3-0になりました。

マリーンズは8回表、先発の山岡泰輔さんから藤岡雄大さんフォアボール、荻野貴司さんヒットで1・2塁、代わったディクソンさんから鈴木大地さんがタイムリーヒットを打ち1点を返しました3-1です。

マリーンズは先発の山岡泰輔投手に8回途中4安打2奪三振失点1と抑え込まれてしまいました。8回途中から9回は代わったディクソンが苦しいながらも投げ、ゲームを終わらせました。
ロッテこの負けでクライマックス進出がかなり厳しくなりました。

この連戦はオリックスの若手の活躍(山岡、若月、福田、西浦、中川)が目立ちましたね。西村監督も来季の続投が決まったそうで、若手の育成が評価されたとのこと、納得する2連戦になりました。

マリーンズも残り試合は3試合になりました。
何か来季につながる活躍がみれたらいいなと、ファンの一人としては期待してみています。

次のZOZOマリン3連戦は、ロッテにとって、メモリアルな試合になりますね。
福浦さんの花道を勝利で飾ってほしいです。