左上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
M12

2019千葉ロッテ対日本ハム18-19-20回戦-投手陣活躍し3連勝

2019年 8月14日(火)
ロッテ 対 日本ハム 18回戦 東京ドーム
6対1でロッテの勝ち


m12.jpg
先発石川歩投手が、ねばりのピッチングを展開しました。
7回途中まで8安打5三振1失点と我慢づよく投げゲームをしっかりと作りました。後続のピッチャー陣もしっかりと自分の仕事をこなし連敗を止めました。

特に1-1の8回から登板したドラ②東妻勇輔さんが清宮・渡辺・谷口と1回をしっかり3者凡退に抑えました。これが流れを引き寄せました、本当に投げっぷりがいいです。

*中田翔さんが右手の怪我で離脱したのもラッキーでした。

打線も7回角中勝也さんのタイムリーヒットで2塁ランナー岡大海さんの3塁を回りホームまでのランニングが速かった、そしてホームベースでのタッチをかわしてのスライディング。いやプロの走塁をみました、見事なプレーでした。
これで同点になり、9回につながりました。

9回は岡大海さんの2塁打から始まり角中さんヒットでつなぎ、レアードさん四球の後、中村奨吾さんのタイムリー、平沢大河さんの2点タイムリー3塁打で4点を追加しました。平沢さんも頑張ってます。マリーンズ久しぶりの勝利です。

2019年 8月15日(水)
ロッテ 対 日本ハム 19回戦
9対4でロッテの勝ち

先発はロッテドラ③小島和哉さんと、日ハムはドラ①ルーキー吉田輝星さんの投げ合いで始まりました。
吉田さん磨いてきたストレートで押してましたね、しかしマリーンズの韋駄天は、スピードはあっても甘いボールは見逃しません。

1回先頭打者ホームランをレフトに運ぶと、2回にも2ランと2打席連続ホームランでリードを奪いました。早くも吉田投手をマウンドから降ろしました。
*吉田さんは2軍では通用していたストレートが打ち込まれて、「変化球もないとダメ」という自身のコメントも出ました。

3回にもブランドン・レアードさんのタイムリーなどで2点を奪い7-0とマリーンズペースに持ち込みました。

先発の小島さん前回に続き6回4安打6三振1失点といいピッチングを展開しました。5回目の先発で初勝利がついたのは良かった。切れの良いストレートがコーナーに制球されていたようですね。

2019年 8月16日(木)
ロッテ 対 日本ハム 20回戦
6対0でロッテの勝ち

先発の佐々木千隼さん5回3安打3三振失点0と完璧な内容でした。
打線は2回満塁から好調荻野隊長の3点タイムリーで先制し、4回は平沢大河さんのタイムリー2塁打、6回は井上晴哉さんのタイムリーと追加点をあげて完勝です。
6回からマウンドを任されたドラ⑤中村稔弥さんもツーシーム(別名?亜細亜ボール)をあやつり3回1安打3三振失点0と完璧に抑えました。9回は復活の南昌輝さんが抑えました。

日本ハム相手の3連勝はすばらしい!!!

先発投手陣3人組の活躍+東妻勇輔さん、中村稔弥さんの活躍が光りましたね、目の前が明るくなってきました。

①調子のいいピッチャーから使う。
②吉井コーチの多少失敗しても使い続けて育てる。
③継投は回の最初から投げてもらい、その回をまかせる。

方針はこれだけではないと思いますが、こうした首脳陣の辛抱が、若き投手陣をヒーローへ育てていきます。