関寛斎(2)-北海道開拓へ-地位名誉をすて理想を信じて生きた人

司馬遼太郎は、「関寛斎はこの世の中にあっておよそ日本人に非ざるスケールをもった人間であった」と言ったそうです。 【関寛斎】1830年(天保元)東金市に生まれた蘭医。佐倉順天堂で医学を学び銚子にて開業す … 続きを読む 関寛斎(2)-北海道開拓へ-地位名誉をすて理想を信じて生きた人