右上のSEARCHをクリックすると、記事検索が簡単にできます
翼を広げ飛ぶカモメ

「ねむり」村上春樹著-感想-【ネタバレ有】彼女はなぜ眠れないのか-黒い影の意味を考えた

やはり違う角度からみることが必要だ。
この小説を読むにあたり、捉え方として必要なのは「彼女の気持ち=結婚した女性の心理」ではないでしょうか。
彼女が“ねむれなくなった理由”を考えてみました。

【仮説をたててみた】彼女は夫への愛情が薄れている。

彼女は自分で考えているよりも繊細な性格なのだと思います。
彼女が眠れない理由を探した時に、そのきっかけに結婚生活があると思いました。
気になるのは彼女の口から幸せがさほど感じられないことです。
子供への愛情は書かれていますが、夫との関係は変化している。
義務的とはいえ、日々の暮らしを反復とか簡単とかで言い切ってしまいます。それが何か間違えている。

間違えているのは、「現実のとらえ方」

視点が体から離れてしまう癖がある。

彼女自身が彼女の変化にまわりの人は気づいていないと言っていますが、理解されないというよりも、彼女の生き方が周囲との関係に「壁」をつくっているのではないかという事です。

彼女の頭の中の「箱」「部屋」「檻」「水」。四つの言葉から考えた。

存在を守っている「箱」:体(存在)

箱については最終ページに出てきます。

ねむらなくなって思ったのは、「結婚生活において現実は反復であり、たやすいこと」だという。
周りの出来事は自分の存在を揺り動かしはしない。

しかし眠らなくなって彼女の頭の中には濃密な闇がつまってくる。
それは私をどこへも連れていかない。

誰かに車を左右に揺さぶられた時には存在を揺り動かしているという。
「そして箱に閉じ込められたままどこにも行けない」という。(P87)

彼女の体はその箱に守られている。自分の存在を維持するものだ。それは簡単だという。
しかし精神はその箱の外にある。彼女はその二つを一緒にする力がない?。

【自分を閉じ込めるもの「部屋」「檻」:家庭?】

人を狭い部屋に閉じ込めて‥(P58)
つまり人はそのような傾向のに閉じ込められて‥(P63)

【地面を覆っている「水」:精神】

水については小説内に2カ所出てきます。
最初に登場したのは彼女が寝ている場面(P26-29)
彼女の足元に現れた老人。彼は水差しで彼女の足にをかけ続ける。不思議なことにどれだけかけても水差しの水はなくならなかった。そして彼女の足が腐って溶けてしまうのではないかと思った。

2番目に「水」が登場したのは終盤(P76)。
「子供の寝顔を見てるうちにみちていたが急速に引いて地面が露になるように明確になった」、そして彼女は悲しくなったという場面です。
ということはそれまでは水が地面を覆っていた、彼女の足元に水が満ちていたという事です。
(P78で彼女が何かを決心したのは間違えなさそうです。)

水が足にそそがれている・地面を覆っていることで動き出すことが出来ない。
しかし水は流れるものなのに、無くなって地面が見えると不安になる。

感想

「箱」は「体」であり「車」であると連想を広げていったときに、どうしても小説の終盤に彼女の乗った車が大きく左右に揺り動かされていることが気になって仕方ありません。物語の最後に彼女はこの世界にいなかったのではないかということです。
読んだ方が誰もが想像してしまう点ではないでしょうか。
しかし個人的にはあまりいい解釈だとは思わないので、この感想は「結婚した女性の気持ち」という視点から書きました。

彼女は肉体と意識が分離してしまう傾向がある。ねむらなくていいと思っている。
しかし覚醒とねむりは連続しているので、非常に矛盾している。
なので常に何かが違う。

【あくまで推測】
女性が結婚して家族に同化していくことで不安になっている。
自分を無くしていくことの意味と恐れを感じている。
体は安定しているが心が常に揺れ動いている。自分自身をコントロールできない。

眠れないのは、結婚した女性が体や精神を変化させていくときの「心の葛藤を描いている」のかもしれない。
「夫との関係」「子供との関係」を持ち責任は増える一方、空気のような存在になった時に、自分の生き方がどう変化していくか。
普通は家庭を守る義務であったり子供への愛情を糧にして家庭生活を繰り返していくのでしょう。
しかし繊細な神経を持っている女性だったら色々悩むはずです。
「ねむり」でそれが解決できた(日々をリセットできる)のであれば、心配はないのかもしれません。
しかし彼女は性格からか・ねむりに入ることが出来ないでいる。そして反復する人生にまで疑問を持つようになる。

彼女の性格が解決できない永遠のループを作っていないか。
彼女はそこにまだ気が付いていない。

まとめ:小説の最後、二つの黒い影のもつ意味

小説の最後、二つの黒い影が彼女の車を揺らします。
その影については二つの見方があると思いました。

①最初の解釈は、二つとも最初に『ねむれなくなった時に出てきた老人』であるという解釈です
彼はねむれないように水をかけたのと同様に‥。今度は車をゆすります。
彼女がねむれないように」車を揺れ動かします。「彼女を別の世界に誘うように。」

②そしてもう一つの別の角度から見ると、その影は違って見えます。
彼女に対して「自分の異常に気が付いて眠りに入れ」と車を揺さぶっている“もの”がいる。
覚醒とねむりは続いているものなのだと。
その影は『彼女自身の体』ではないでしょうか。健康な体が彼女の少し病んだ精神に訴えかけている。
「今なら間に合うと」

*自分は②であってほしいと思います。

③さらに‥もう少し深堀すれば、二つの影は上記の①『ねむれなくなった時に出てきた老人』と②『彼女自身の体』の二つであり、その二つの影が両脇から揺さぶっている、と見ることも出来るのです。

彼女自身の人生は大きく外れていない。
考え方を変え「ねむり」をとることで新しい人生を生きてほしいと思った。

もちろん、【普通に考えれば‥】二つの影は夫と子供・家族であるという解釈もあります。
ひとつ目は彼女に目を覚ませと言う呼ぶ声であり、二つ目は彼女に自分を取り戻してほしいという願いです。

家族は一番身近な応援団ですからね。

あくまで個人的な感想です。
*最後までお読みいただきありがとうございました。